サブリナの作品情報・感想・評価

「サブリナ」に投稿された感想・評価

また観たい!

サブリナのファッションが終始可愛い。
私は、オードリーは演技が上手いとは思わない。でもこういう女優さんは(特に当時では)珍しいしとても個性的な女優さんで素敵だなって思う!
銀幕短評 (#155)

「サブリナ」
1995年、アメリカ、ドイツ。 2時間7分。

総合評価 72点。

オードリー・ヘップバーン主演の名作「麗しのサブリナ」(1954年、#54、89点)の、41年を経たリメイク。

シドニー・ポラック監督、ジョン・ウィリアムズ音楽。主演、サブリナ役にジュリア・オーモンド(知らんけど綺麗だなあ)、ライナス役にハリソン・フォードと豪華な布陣。

とてもいい。会話が いちいちおしゃれである。みな安定の演技、演出、カメラで、心に染み入る。とくにサブリナがパリ生活を経て、どんどん垢抜けていく様子が可憐である。

サブリナは、子供の頃からずっと、直情型のデイビッドに惹かれてきたが、理知のひと ライナスにも徐々にこころを開いていく。ライナス(ハリソン・フォード)は、自分の意思の自由に思いを至らさず、敷かれたレールを生きてきたが、サブリナと知り合って 自分を見つめ直す。

はて、サブリナパンツをはいてるかどうか? まったく気づかなかったな。
Naz

Nazの感想・評価

3.7
大人の恋の物語。

なんだか、心に染みてくるような、古き時代の良い映画を観終わったような余韻に浸れました。

エンディングに流れる「ムーンライト」も素敵な曲で、幸せな気持ちになりました。
Risa

Risaの感想・評価

3.8
キュンキュンです💕王道ラブロマンス!
ライナス(ハリソンフォード)の息遣いがリアルでドキドキした😳
オードリーヘプバーンの「麗しのサブリナ」も観たい。
アン

アンの感想・評価

3.8
これを観て、ハリソン・フォードに惚れました。
スーツ姿が最高にセクシー!
これはあの「サブリナ」のリメイクというよりも!ハリソン・フォードのPVですね…
はわわわ…
ライナスの固い表情の中に、ほんのり恋心や戸惑いがみられるのは、

流石だなーハリソンフォード!
リメイクなので キャストの役設定を比較してしまって劣るように感じるけど
演技面ではとてもよかったと思う。

さて、、【麗しのサブリナ】観るか♪笑
hitomi

hitomiの感想・評価

2.5
リメイク版だと知らずに鑑賞。
前半は楽しかったけど、後半はテンポが落ちてなかなか進まず、はっきりしない登場人物たちにイライラ。早く終わらないかなあと思いながら観てしまいました。

サブリナは自我がしっかりしているように見えるけれど、それを形作ったのはあくまでも他人ばかりな気がしてしまう。人間なんてそんなものかもしれないけれど、彼女がどうしたいのかがほとんど描かれておらずモヤモヤしました。女性が仕事で活躍する姿はパリや秘書ばかりだし、どれもいわゆる「女性らしい」仕事ばかり。サブリナは「なぜか」仕事をしなくてもロングアイランドで生活ができているようだし、パリでも困ったことがなかったように描かれている。
海外で生活したことのある人なら特に分かると思うけれど、たいして言葉も分からない国で暮らすのほんとうに大変。あんな夢物語みたいなもんじゃない。毎日がサバイバルだし辛いことがたっっくさんある。
見知らぬ土地でただ生活するだけでも大変なのに、その部分は全く描かれず、まるで彼女がそれを感じていないみたい。そこに一番腹が立つ。

結局なにが言いたいのか、メッセージ性も感じられなくって残念。ただ、音楽と街並みは素敵だった。
ぜひオードリーヘップバーンの方も観たい。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.6
どうしてもオードリーのオリジナルと比較してしまい、なぜボーイッシュなこの女優で、なぜあんまり色気のないハリソンフォードでわざわざこの作品をリメイクしたのか解せない。
juri

juriの感想・評価

-
サブリナの話し方が心地よかった。
でもやっぱりオードリーヘップバーンのサブリナがどうしても可愛い。
hina

hinaの感想・評価

2.5
オードリーのサブリナに勝るものはないので、リメイク自体間違ってる…と言いたいが個人的に結構面白いと思う場面が多々あり。サブリナをVOGUEのモデルにしたりしたらもっと面白かったんじゃないかなー。