プリティ・プリンセスの作品情報・感想・評価・動画配信

プリティ・プリンセス2001年製作の映画)

The Princess Diaries

上映日:2002年01月26日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「プリティ・プリンセス」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

最高に楽しい映画でした!!

こんなに美しい人はいるんでしょうか!
ドレス着てる人たちよりもスウェット着ているアンハサウェイが何百倍も輝いてしまうなんて、うっとりしちゃいました。

「自分の価値は他人ではなく、自分で決めるもの」
「陰にいた私を見てくれてた」

自分から変わることを決意した彼女が周りからの視線を弾き飛ばし変わった姿は外面だけでなく内面まで美しかった。変わる前から密かに自分のことを見ていてくれた、認めてくれていた彼は最高すぎる!

キスしたら足が跳ねるって表現素敵…
ディズニーだからこその幸せな表現とかストーリーに癒されました。

(例のアドリブシーンも圧巻でした!!)
やっと見れた!!!テンポよく楽しめた!アンハサウェイって、なんでこんな可愛いのかなって毎回思っちゃうぐらい見るたびに可愛いって思うんだよな〜。おばあちゃんと孫の関係もほっこりしちゃうのが良かったな☺️
地味で冴えない15歳の女の子が実はプリンセスだった…!

特に意外性や驚きはなかったけど、アンハサウェイが好きなら普通に楽しめる。
Risako

Risakoの感想・評価

4.9
ジュリーアンドリュースとアンハサウェイって時点で最強なのに。素敵。
Courage is not absence of fear, but rather the judgement that something else is more important than fear.
まゆ

まゆの感想・評価

3.8
アンハサウェイの可愛いさに見惚れて幸せな気分で鑑賞できました💕
chika

chikaの感想・評価

5.0
人ってここまで変われるんだ。
と、感動しました。

メイクと髪を少しいじっただけで
一気にプリティ・プリンセスに!

外見に自信を持つことによって、
徐々に内面も美しくなっていく。

しかし、
普通の生活か、王女としての生活か
ミアは悩みながらも成長していく。

良いシンデラストーリーになってます。

私もこんな風に綺麗になれたらな…。
と、永遠の憧れです。

Disney作品ならではの展開や、
役どころも詰まっているので、
もしこれがDisney作品じゃなければ、
「🤷‍♀️」←こうだったかもしれない。笑

Disney × プリンセス系は、
悪役がいたり、動物と介する場面だったり
何かと女々しい部分があったりするけど、
この作品はディズニー作品は
ディズニー作品でも、ちょっと斜め上を行った作品。

Dame Julie Andrewsさんが、
女王役をやると全てに置いて説得力がある。笑

けど、最後のブレーキレバーをサーベルとして渡すところは面白い。笑

そして、制作にはWhitney Houstonさんも
関わっているという点で、
音楽にはWhitneyらしい音楽と雰囲気で
Whitneyの世界観も感じれました。
Sarinko

Sarinkoの感想・評価

4.4
大好きな映画の一作❣️
この映画を見てアンハサウェイに出会えた
K

Kの感想・評価

4.0
外見だけでなく内面まで純粋で美しいミアがすごく魅力的。
キックボードやお家、小物が全部かわいい。
キスシーンが本当に綺麗でときめいてしまう。
自分のままでいいと少し勇気をもらえる作品。
まい

まいの感想・評価

3.8
髪型とかメイクだけでこんなに変わるんか!
足が跳ねるのいいな〜
ハッピー&キュートなシンデレラストーリー!
アンハサウェイにしかできない役!
さえないウェイも変身したウェイもどちらも素敵で目の保養でした
>|