ピグマリオンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ピグマリオン」に投稿された感想・評価

ropi

ropiの感想・評価

4.3
言語教授ヒギンズが粗野で言葉の汚い花売り娘を貴婦人に仕立て上げる物語。超ドSなヒギンズはいわば漫画「高校デビュー」(懐かしすぎる)の小宮山みたいな役割、モテコーチです。ヒギンズが”女は仲良くするとすぐ嫉妬し面倒になる”というのは要は面倒は見るが絶対に俺を好きになるんじゃねぇぞってことだな、小宮山的に言うと。ふむ。
そしてこちらの作品。「マイフェアレディ」の元ネタです。そちらはなぜかあまりはまらなかった印象があるのだけど、この作品はとても好きだった!一言では言えぬ、何もかもが。ただ、「マイフェアレディ」を観たのがかなり前なので印象が変わってる可能性は大いにあるけれど。簡単にアイラブユー!とはならない方が自然で良い。この場合。う〜んそれにしてもラストの台詞が良かった〜。
ys

ysの感想・評価

4.0
大好きなマイフェアレディ🎬のオリジナルを初鑑賞。
ピグマリオンはギリシャ神話の王。
自分で彫った彫像の女性ガラテアに恋する。
苦悩で衰弱するピグマリオンを見かねた女神アフロディテが、ガラテアに命を吹き込んだ。
ガラテアの映画、最近観たな〜。
アンドリューNDR114🎬の女性ロボットだ。
バーナードショーが戯曲にアレンジしたのが本作。
毒舌言語学者ヘンリーヒギンズが、
汚いどん底人間(腐ったキャベツ)イライザドゥーリトルを貴婦人に教育するお話。
レスリーハワードが主演と共同監督。
編集はあのデヴィッドリーン。
音楽はアルテュールオネゲル。
ミュージカルじゃないけど、音楽が楽しい。
ストーリーはマイフェアレディと同じだけど
競馬が無い。
ラストが最高です。
これもマイフェアレディも、
レスリーハワードとオードリーだったら、
更に完璧なような…
オードリーのイライザがまた観たくなる。

🍫チョコレートの映画ランキング🍫
5.0 マイフェアレディ、
4.0 ピグマリオン、フォレストガンプ、
  チョコレートドーナツ、
3.5 メアリー&マックス、アリータ バトルエンジェル、
ひろ

ひろの感想・評価

2.9
もう1回オードリーのマイフェアレディを見たくなった。

レスリーハワード…監督業までやってたとは!
じぇー

じぇーの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マイフェアレディ、原作込みで考えると、やっぱりラストに納得いかない。

白黒映画のの面白さはある。
Andy

Andyの感想・評価

3.3
👁‍🗨こんな人に観てほしい!

👤ツンデレな人
👤理屈っぽい人
👤『セッション(2014)』が好きな人
👤『英国王のスピーチ』が好きな人
👤内面を評価してほしい人

3.5〜3.9…誰かと一緒ならまた観たい
3.0〜3.4…一度観たら十分★
2.5〜2.9…正直つまらなかった

【感想】
教授のキャラが濃くて面白かったです。
しー

しーの感想・評価

3.3
ラストだいぶ雑だなと思ったけど、全体的には悪くない。

ずっと、素直なりな〜という気持ちで見てた。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.8
プリティ・ウーマン
マイ・フェア・レディ
の元祖大元。

如何にこの戯曲が
優れているかは
後の数々のリメイク、
オマージュが証明
しています…

「ピグマリオン」

ロンドンの街角。訛りの強いスラングで花を売るイライザは喋るだけで出身地を当ててしまう言語学者ヒギンズ教授と出会う。彼女はヒギンズの家に押しかけ、美しい英語を習いたいと申し出る。教授はピカリング大佐と共に彼女を上流階級にも通用する様な淑女に仕立てる実験を始める…。

言わずと知れたオードリー・ヘップバーン主演のミュージカル映画マイ・フェア・レディのリメイク元です。こちらは純粋なロマンティック・コメディとして作られた戯曲通りの形です。

ミュージカルかつカラーそして豪奢にした部分を差し引けば、内容や台詞含めてほぼ同じ、この戯曲が如何に優れていたかわかりますよね。

設定として正しい英語がイマイチ分からない私達にも十分な位、変化していくイライザの発声、そして姿。また特訓シーンの言葉の激しさ。スペインの雨は主に平野に降る等の発音練習用の早口言葉とああ、これこれとわかる内容。やはり楽しい作品です。

イライザ役のウェンディー・ヒラーは確かに巧い。美しさも角度や撮り方で後のイングリッド・バーグマンを思わせますが…やはりオードリー・ヘップバーンの輝きには…(笑) もちろんカラーや豪華な演出もあるのですが、その輝きには敵わない…。

またラストの台詞の掛け合いがやや激しくて…。そうなるとわかっていてもちょっと違和感がありますね。また戦前の作品ですから、英国の上流階級と下層民の関係も遥かに隔たりがある気もします。故にやや曖昧さが残るんですよね…。

ヒギンズ教授は大人であるレックス・ハリソンのイメージが強かったんですが、若きレスリー・ハワードも甲乙付けがたい。流石風と共に去りぬのアシュレーを演じた芸達者で監督も兼ねるだけあります。ボンボン的な子供っぽさを併せ持った点も違和感がありません。イライザと釣り合ってますし。

90分台と短い作品ですが、その良さが濃縮されている感もあり(脇役の皆さんの魅力は後作に譲るものの、2人に焦点があっていて)纏ってますね。

この作品の要素は数々のオマージュを生み出し、今もミュージカルで上演される人気作品です。レスリー・ハワードを見たら何となくトム・ヒドルストンに似ています。彼とリリー・ジェームスあたりでリメイクしないかな…。
Soh

Sohの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原作も神話もマイフェアレディも知らずに見た。あのラストはちょっと日和ってない?
自分で作った“作品”に恋をする男、に毒舌の要素が入ってる。あと社会階級も
発音の違いむつかしいねー

「婦人と花売りの違いは振る舞い方ではないのです。扱われ方なのです。」

風呂嫌がりすぎわろた。この時代でもあんなもんか
はな

はなの感想・評価

-
めちゃくちゃいいんだけどラストが…
ラスト、現実的には色々考えてダメだと思うけど、映画だから思考停止をして、結果的にいいと思ってしまった。そこで希望を持つから現実でもダメなんだと思う。
マイフェアレディより全然好き
主演二人もとても好きだし、こっちの方がはまってる気がする
萌乃花

萌乃花の感想・評価

3.8
バーナードショーちゃん

発音矯正の話!The rain in Spain stays mainly in the plain!
口の中にビー玉3つ入れて喋ろうとするの見たら、自分何もしてへんけどめっちゃ吐きそうになった...

最初イラエザほんまに何言ってるのか分からんすぎた階級によって発音の差が歴然

最後ハッピーエンドなんやろうけど、どういうこと?💦とはなった

マイフェアレディも見よーっと
>|