E.T. 20周年アニバーサリー特別版の作品情報・感想・評価

「E.T. 20周年アニバーサリー特別版」に投稿された感想・評価

みかん

みかんの感想・評価

4.0
異星人と少年の心温まる友情を描いた、感動の名作SFファンタジー。

子供の頃テレビのロードショーで何回も観たけど、コレはアニバーサリー版ということで、当時技術的に表現が難しかったE.T.の細かな表情や仕草などCGで修正したり、サウンドもよりスケールアップしたりしてよりリアルに楽しめるようになってました。
(あえてオリジナルのレトロな感じも懐かしくて、それはそれでアリかもしれませんがw)

大人になってしっかり最初からストーリー観て、すっかり童心に返ってワクワクドキドキさせられました!
自転車のシーンは本当に爽快で気持ちよかったです!
観た次の日はママチャリ漕ぐ気分が全然違ってワクワクしちゃいますw

そして感動のエンディング。さすがの傑作でした。


地球の植物調査のため、アメリカの地方都市の郊外の山に降り立った宇宙船。
異星人たちが調査を開始するも、宇宙船着陸を感知した機関の人間たちに見つかりそうになり、すぐ宇宙船に避難して脱出。

しかし、1人だけ取り残されてしまった異星人がいた。
彼は無事仲間に連絡を取って宇宙船で迎えに来てもらい、故郷の星へ帰れるのだろうか。
1人の地球人の少年との出会いが、奇跡を起こす、、!


捨て犬や捨て猫を拾って親に隠れて世話しちゃうって経験、幼少時代多くの人がしてるかと思いますが、これはそのエイリアンバージョン。

E.T.はモフモフもしてないし、初めて見た時は子供心に怖いと思ってしまったんですが、だんだん見慣れてくると愛着出てきて愛おしくなってくるから不思議なものです。

お兄ちゃんや妹、お母さんに学校の友達。
大人に隠れて子供たちだけの秘密の冒険。

笑いと涙とスリルに奇跡!

大人になって忘れかけてた、子供の頃の世界に対する新鮮な感動や純粋な気持ち、また自分の子供の頃の家族の思い出、小学校の友達と遊んだ記憶などが呼び覚まされてきて、心が陽だまりのようにあったまる感じのSFでした。

I'll... be... right... here!
C

Cの感想・評価

3.6
今更の。良い話だったけど、E.T.が意識無くなってく所らへんから何だか気持ちが引いていってしまった。幼いドリューバリモア可愛かったけど、生い立ち読んだら悲しい気持ちに
通常盤と大差ないです。
見比べるのも楽しいかもしれないです。
yuuki

yuukiの感想・評価

4.2
バリモア好きすぎて出演作品全部観そう

小さい頃、E.T観て妹と声真似したり、チョコレート大量に食べたり、、、懐かし、、、笑笑
多分人生で千と千尋の神隠しの次に何回も見ている作品です。
宇宙人が出てくるのに戦争にならない優しい世界観が好きです。
今となってはなぜあんなにブームになったのか、不思議な感覚の映画。「ET、お家に帰りたい(電話したい)…」だったかのセリフ、妙に覚えてるがSFの名作とまでは思えない。それに自転車で飛んでゆくシーンはありえない。

辛口で失礼しました。
 世界で一番有名なあの宇宙人を知らない人はいないだろう。気持ち悪さとかわいさのスレスレを行く、あの奇抜なルックス。奇妙なしゃべり声。有名すぎるから今は誰もなんとも思わないだろうが、この映画は限りなくユニークで独創性に満ちあふれている。
 これも言わずもがなだが、映画全体を包み込むあの雰囲気がたまらない。いかにも80年代的な会話もどこか懐かしさを感じさせるし、一つ一つの小道具も見ていて飽きない。
 そしてスピルバーグは子供の描き方が本当に上手だ。もちろんこれは彼のおかげだけでなく、子役たち自身の力でもある。エリオット役のヘンリー・トーマスやドリュー・バリモアは子供らしい自然な純粋さで見せてくれる。さらにトーマスの方は少しずつ大人へと近づいていく、子供の緩やかな心の動きを巧みに表現した。だが私が今回注目したのはエリオットの兄、マイケルだ。下の2人と違い、“純粋な子供”とは言いがたい彼は初めはエリオットを馬鹿にしまくる。ここでただのいじめっ子に終わらせないのが、スピルバーグ流だ。ほとんど“大人”だった彼がE.T.との出会いを通して少しずつ子供の心を取り戻していく。印象的なのはE.T.が死にかけるシーン。1人子供部屋に座り込む彼の姿はそれらをすべて象徴している。
 「子供の心を忘れない大人」を描いたのは「未知との遭遇」であった。スピルバーグ自身が当然大人であるから心情的な表現はこちらの方が繊細に描けていると思う。しかし、ありとあらゆる「子供の心」をここまで凝縮して見事に描いた映画はこの映画以外に見たことが無い。誰もが感動するSF映画の金字塔だ。
(13年1月17日 BS 4点)
nomadon

nomadonの感想・評価

4.5
この時代の映画は本当に最高。何回観てもE.T.が弱ってしまうシーンで必ず泣いてしまう。吹き替えも良いし字幕で観ても良い!E.T. phone home!
さこ

さこの感想・評価

4.4
なんとなく知ってるつもりだったけど今回はじめてちゃんと観てみたら、ちょっと泣いた
おい大人!やめろ!!!E.T.に触るな!!!!!ってめちゃくちゃ思った
こういう話すき
30年くらい前の映画にしてはE.T.の動き滑らか気味では?て思ったらなんとまあ公開20年記念スペシャルエディションでした、元々のやつも観てみたくなった
MALPASO

MALPASOの感想・評価

5.0
どのバージョンだろうと傑作!映画史に残る名作。子供の頃憧れたアメリカの家庭を見た。

自転車が飛ぶシーンの編集、音楽のタイミングの素晴らしさ。いつ見ても涙が出る。
>|