未知との遭遇 特別編の作品情報・感想・評価

「未知との遭遇 特別編」に投稿された感想・評価

アタマがおかしいと思われてもいい、ハゲジジイになっても宇宙に夢を託して生きてゆく
まな

まなの感想・評価

4.1
宇宙人との交信はジャズインプロビゼーション
ユニバース
UFOがとても綺麗であとメロディアスなのが素敵でした

主人公のように選ばれてしまったらもうあんな感じになるのかなぁ、笑
家庭を捨ててまで会いたくないけど宇宙人に会いたい

なんだか可愛らしい宇宙人であった
友達なりたい

公開当時を考えるときっと度肝抜かれるほどの映像表現だったんだろうな!
今見てもうゎぁーーーと声が漏れるほどだ!

タイトル宜しく未知との遭遇する話なんですけども綺麗だったなぁ

ボブサップの登場音楽未知との遭遇のものだと思ったらかからなかった、、、

ということはあの楽曲はなんのものなのだ

それが謎、それだけ遭遇できず

あとは堪能できました♪
🌟「未知との遭遇」(オリジナル版):1978年3月24日に新宿プラザで。
🌟「未知との遭遇」(特別編):1981年2月12日に新宿・名画座ミラノで。
🌟「未知との遭遇~ファイナル・カット版」は、だいぶ間があいて2014年4月19日、鑑賞。→オリジナル版と特別編のミックス版だった。

結局、3バージョン目も観てしまった。。。長い付き合いの映画である。

久しぶりに観たので、冒頭の「砂塵の風景」などは「こんなオープニングだっけ…」という感じだったが、だんだんと思い出してきた。
インドでの五音階の歌、ワイオミングの緯度&経度、デビルズタワー。。。
なんか懐かしい風景である。

途中、リチャード・ドレイファスが異常者に見えたりするが、宇宙船との「音の会話」などを見ると「やっぱり楽しいな~」と思う作品。

他バージョンとの違いは、特別編で追加された「宇宙船内部の場面」が本バージョンでは削除されたり、特別編で削除された「植木投げ込み場面」などの復活、などだろうか。

結局、「オリジナル版」+「特別編」=「ファイナル・カット版」というミックス版であった。
そん

そんの感想・評価

4.2
とぅーとぅーとぅーとぅーとぅー
メロディ。
ファイナルカット版を鑑賞。
最後の交渉シーンがよかった。
ファイナルカット版が フィルマークスにないやん泣 ファイナルカット見たのにー

超スピルバーグ的映画

光の使い方がうますぎ
55

55の感想・評価

3.8
なんてレビューすればいいのかわからない。
開いた口が塞がらない。
キョウ

キョウの感想・評価

4.1
近年のSF映画にも多大な影響を与えていると言われる今作ですが、この度初めて見ました。


地球外生命の存在を目の当たりにして、
ドタバタと慌てる地球人。
その時以来頭から離れないビジョンを、
追い続ける地球人。

パニックや謎解きの要素で
序盤は楽しめました。


そして、いよいよ "未知" と邂逅するクライマックス。
すごく良かったです。

目が離せなくなって、食い入るように見てしまいました。
「次はどうなるんだろう。」というドキドキはもちろんあるのですが、息を飲む緊迫感と言うよりは、キラキラした神秘的な感じがして、そこが良いなと思いました。

先の文で、あえて「地球人」と書きましたが、
主人公ロイをはじめ、人物描写もしっかりされているため決して無機質な印象や、説明的になるといったことはなく、
家族或いは子供と向き合う様子を通して物語が進むので
見やすかったです。

今の映画に影響を与えていることも納得の良作でした。
げんき

げんきの感想・評価

3.3
当時の技術としては、この特撮はすごかったんだろうな。


昔見た印象と違いすぎて
山作るとこは記憶ではポップだったけど、ちょっと怖かったわ
>|