セルビアン・フィルムの作品情報・感想・評価

「セルビアン・フィルム」に投稿された感想・評価

まなか

まなかの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

昔取り寄せて地獄だったな‥‥‥。
少しの主人公の理性がなかったらもっと胸糞。ラストもかなりの胸糞。1度しか見てないのに気持ち悪くて絶望感しかない
ずっとぽすれんでレンタル合戦をすること早3ヶ月ほど。ようやく借りてやったぞコンチクショーめ!!(執念)

切なくてあの絶望的な締めの一言がなければなんなら泣いてたのでやっぱどこかおかしいんだと思います。また旦那さんと見返そうと思ってたり劇場でやるなら観に行きたい。ただモザイクなし勧められたけど今のところいける勇気が自分ないっす!笑

きっと主人公がラリって記憶がぶっ飛んでいたとしても「これはやってはいけないことだ」って一応反抗、抵抗してる理性があったことが救いで観れた大きな要因だと思います。あの彼ですら向こう側の人で喜んでウハウハしてたらマジで胸くそすぎてムリだったと思います。あとキャッチコピーの通り「俺の身に、一体何があったのかーーー。」って答え合わせがすごく楽しくて前のめりでのめり込んじゃいましたね。「うおーうおーうわー最悪」って。

あまりにも恐怖心のハードルが上がってたからサラサラサラッとレビュー読んで心の準備をしてたのが功を奏したのか、はたまた見ないほうがよかったのかはじめて正解がわからない作品でもあったかも。

でもあの新生児のところはレビュー読んでなかったら時たまとんでもないほどの理解力のなさを発揮するアホなので「なにしてるんだろう?」ってなってたかもしれないと思うと読んでおいてよかったのかなとか、いや知らないほうがよかったのかなとか、一回時をリセットしたかったですね。

あとすんなりと"映画"として観れた理由のひとつに主人公の男性が『セックス・クラブ』のときの髪の毛マッシュっぽく伸ばしちゃうと前髪薄いのがバレちゃうサム・ロックウェルに似てたからだと思う。

あと怒ったときに目をひん剥いた顔がかなりフィクションで「マジか笑」ってつい笑ってしまったというか…かったそうな栄養の詰まった(っていうのかな?身の詰まったような)歯もいい意味でウソみたいでなんかおかしくて逃避させてくれたのかも笑

あとねぇしてる最中のこの手の顔を見ると昔、そういう大人の戯れで発射寸前に恋人がほっぺを膨らまして顔?目?がこうなった瞬間を間近でギャン!!と見てしまい「キモ!ムリ!!」ってなって振ったなってことを思い出しますねぇ、あ、もちろん本人には伝えてませんが、若気の至りでしたねぇ(遠い目)
⚫︎物語⚫︎
元ポルノ男優スターが契約した仕事は超ヤバすぎるAV撮影だった

⚫︎関心⚫︎
新生児を○○したり、死体を○○したり中々いってる作品でした。
ラストの展開もゾッとするし、オチもドン引きだけど良かったです。

⚫︎映像⚫︎
エログロさは良かったです。
まさと

まさとの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

海外版(セルビア語、英語字幕)を友人の解説のもと鑑賞。
同趣味の友人オススメ作品だけあり個人的にはとても好きな作品。
カルト映画やスプラッター映画が好きな人には素直にオススメできるが普通の人にはオススメし難い。
所謂一般的には胸糞映画に該当するだろう。
元売れっ子AV男優が復帰作を撮らないかと持ち掛けられ、それに応じるが内容が凄惨で…という内容。
女子供が酷い目に遭う、レイプされながら殺される、等の表現がある為注意。
出てくる女が全員エロくて良い。
実際、映像自体は慣れてる人にしてみれば大したことない。

しかしやってる内容については倫理的にものすごい内容。
ネクロ

ネクロの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公のミロシュがポルノ男優で、一生楽が出来る仕事があるとのことで、新しいポルノ撮影に挑む所から始まります。
ただ、監督が撮っている作品が新生児ポルノなど怪しいものばかりで、思わず目を逸らすミロシュ。
なんですが、覚せい剤浸けにされて、しながら首を切り落としたりする。
しまいには連れ去られた妻と子供としてしまい、罪の意識で自殺してしまうというお話でした。歯を抜かれて窒息死させられた女優がいましたな。
ムノウ

ムノウの感想・評価

3.3
輸入盤の無修正版BDを見つけたので購入
エログロ好きが行き着く映画とか言われてたから期待しすぎた……
買うほどの内容では無かった
耐性がある人が見るとエログロはそれほどでもないんだけどこの映画のやばさはとにかく倫理観がバグってる
新生児ファ○クと近親相姦は最悪
でも一応そんな我々の好奇心を満たすために作られた映画だと思うし真面目に作られてると感じたのでそこは好感もてる
女性器から赤ちゃんがこんにちわするシーンをモロに映してるのがこの映画で一番ギョッとした
作り物でもモザイク無しだとなかなかの衝撃

主人公の性欲が爆発しまくって気絶した後の空白の時間、なにがあったかを思い出していくというミステリー要素はよかった
思ったより脚本はしっかりしてる
彼がポルノ男優だから自分の息子♂を人質?にできるんだな、その発想はなかったから面白かった
あとマイクの気持ち悪さがいいね
お前結構美味しいとこ持ってくやん

いや本当この作品に子供たちを出演させた親が一番こわい
nezumikunn

nezumikunnの感想・評価

3.0
ポルノ映画を題材てる、ゴア描写そのものはそこまでもハードではない、変態っぽくて低モラルな作品であるのは間違えないが引くよう描写や主人公をとことん追い詰めるが、渋谷のTSUTAYAでいつも誰かしら借りられてるが
求めてるものとは少し違うかもマーダーズとか人肉饅頭の方が面白かったかも、、批判されるのはごもっともだが、あんまり面白くはない。
ぴょん

ぴょんの感想・評価

2.5
やったらあかん事全部盛りしたような映画

途中から結末が読めてしまったので、まぁ普通かなーと…

グロい怖いと評判ですが、私はあんまり😅
似たようなのだと、アリアスター監督のヘレディタリーのがグサッと来ました

でも、殺しの撮り方は拘りを感じた!
絵画に血飛沫飛ぶとことか、美しいと思う❤️
Musashi

Musashiの感想・評価

3.0
エクスプロイテーション映画を極めたかのような作品。こんな内容の映画に子供も出演させた子役の親、さすがにまずいよ。
>|

あなたにおすすめの記事