ソドムの市の作品情報・感想・評価

「ソドムの市」に投稿された感想・評価

MBac

MBacの感想・評価

5.0

映画作家として妥協をする事は決してない、パゾリーニ渾身の作品。この映画には関しては、余計な事を言う必要がないので、荻昌弘氏の今作に対するコメントを引用してレビューを終えたいと思う。
「私たちは怒りながらも「見たくなくても見なければいけない」場合をこの人生と社会に幾つか所有している。人間がライオンに食われる図は見る必要はない。しかし、ひとりの映像作家がナチ=ファシズムの故地で垂れてみせた糞は、どんなに不快で不潔でも最後まで凝視する必要がある。何故ならこの不快な糞こそパゾリーニの言う「ナチ=ファシズムが犯したヒューマニティへの犯罪」の証拠記録であり、同時に1人の男の、死まで賭けた悪徳の極限の芸術表現だからである。」。
3438

3438の感想・評価

-
大学生の時に観た
犬みたいになるシーンが忘れらんない
これは役者と製作陣がすごいわ
途中で逃げ出し、殺されて正解❕
ピアノを弾いていたおばさん、最後は罪の意識なの?ちょっと悲しかった。
語り部のシーンは(内容はともかく)芸術的で好き。
「ムカデ人間」見た時も思ったけど、よくこの映画に出演しようと思ったよね。色んな意味で尊敬する😝
sakura

sakuraの感想・評価

3.0
過去に観た映画。
高校生の時に図書館で観た。
裸の人達とスカトロ。
とにかく気持ちが悪かったけど、また観てみよ。
52

52の感想・評価

-
マルキ・ド・サド『ソドムの百二十日』を読んでいたので覚悟して観たけど、糞尿地獄篇でまぶたをそっ閉じした。デカいスクリーンで観たのきつかった。バタイユも読めない甘ちゃんが観るにはただの変態映画になってしまうな。犬に見立てた女に釘入りのパン食わせるところはちょっと良かった。
zk

zkの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

地獄を覗き込んだような芸術(カルト?)映画。
ヒトはどこまで人間性を失わずにいられるのか
山田

山田の感想・評価

4.0
八月の鯨(バー)でこの映画のカクテルを頼むと泥みたいな見た目と味の酒が出てくるらしい
kaoru

kaoruの感想・評価

3.0
また時間がたってから見たい映画。
好みが分かれると思います。

人間はこんなにも残酷になれるのか。
グロ、スカトロが苦手な人は耐えられないかも。。

有名な話ですが
撮影後キャストが精神を病み、監督がなにものかに殺されたとか。。
フカヲ

フカヲの感想・評価

4.6
パゾリーニ監督が殴り殺された/この映画に出演してた若者に、という真偽はともかくその方が歴史としては興味深いでしょ。

このレビューはネタバレを含みます

大統領、公爵、殿下、大司祭4人の権力者達は
以前から目をつけていた美少年、美少女狩りを開始。
投票により選ばれた男女9人ずつ快楽の奴隷とし人里離れた館へ運ぶが…




        ♥ --------------------- ♥



        ネタバレになるので
↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓




レンタル鑑賞
4人の権力者に選ばれた18人の若者達
人権もなく家畜同然で扱われる彼等は
異性と交わる事や宗教的な行為をすると処刑という
4人が定めた掟のもと性奴隷として生きてゆくことに、、
社会風刺ともとれる
性の名のもと狭い世界で生み出される恐怖政治。
ストーリーはものすごく好みでしたが途中リタイヤ。
最後まで観たかったんだけどな、、無理だった。
>|