セルビアン・フィルムのネタバレレビュー・内容・結末

「セルビアン・フィルム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

めちゃくちゃ探して頑張って見つけて観た映画。残虐非道のハッピーセット
最高オブ最高
最後の最後、自殺後のカメラ回しが笑えた。結局私もあいつらの撮りたいポルノを求めていたということか…
昔取り寄せて地獄だったな‥‥‥。
少しの主人公の理性がなかったらもっと胸糞。ラストもかなりの胸糞。1度しか見てないのに気持ち悪くて絶望感しかない
海外版(セルビア語、英語字幕)を恋人の解説のもと鑑賞。
同趣味の恋人オススメ作品だけあって個人的にはとても好きな作品。
カルト映画やスプラッター映画が好きな人には素直にオススメできるが普通の人にはオススメし難い。
所謂一般的には胸糞映画に該当するだろう。
元売れっ子AV男優が復帰作を撮らないかと持ち掛けられ、それに応じるが内容が凄惨で…という内容。
女子供が酷い目に遭う、レイプされながら殺される、等の表現がある為注意。
出てくる女が全員エロくて良い。
主人公のミロシュがポルノ男優で、一生楽が出来る仕事があるとのことで、新しいポルノ撮影に挑む所から始まります。
ただ、監督が撮っている作品が新生児ポルノなど怪しいものばかりで、思わず目を逸らすミロシュ。
なんですが、覚せい剤浸けにされて、しながら首を切り落としたりする。
しまいには連れ去られた妻と子供としてしまい、罪の意識で自殺してしまうというお話でした。歯を抜かれて窒息死させられた女優がいましたな。
新生児のアレは倫理的にアウト。
もちろん息子へのアレも…( ・᷄ㅂ・᷅ )

グロゴア好きの私ですが…
ちょっと楽しめない内容でした。
ゴア・ムービーというジャンルをよく知らないで視聴。
ネット上で胸糞映画としてよく名前が挙がっていたので。
なるほどこういう種類の胸糞か…。

エロもグロも全体的にエンタメ色強めに仕上がっているので
心を抉られるという感じはなく、ある意味サクサク見られるというか
単にエログロいっぱいだったなーって感じ(笑)。
セックスシーンがもはや全くエロく見えないという不思議。

新生児を犯す描写は普段の私なら拒絶反応を起こすところだが
もはやコントに見えてくるノリだったので一周回って気にならなかった。
作風って大事だな…笑。

胸糞の種類が私の好みとは違うのでもう一度見ようとは思わないけど
エンタメとしてよくできていたし、知らないジャンルが知れて勉強にはなった。
R20、どんなものかと気になっていたので視聴。新生児にアレするシーンとか自分の息子で息子をアレするシーンとか、とにかく気持ち悪くなるシーンが多い。「グロよりもアレのせいでR20だったのか」と気づいたときには後悔しかなかった。
オチは結構な胸糞、というか映画自体が胸糞。頭から見た記憶を消し去りたいと初めて思った映画だった。
見たすぎてDVD買いました
なかなか1万円以下の商品が見つからず悩んでたけど運良く5000円で売ってるのを見つけ即購入
まあ中古で5000円の時点で安くはないけど、それでも買えてよかったと思う内容
あんまりこういうの言わん方が良いかもやけど、こういうの求めてたって感じ!
新生児レ〇プとかやばすぎて、あらあ!となった
あとは息子とのセックス
んんん最悪すぎて最高
ラスト家族心中からのそこも含めて撮影というので、おおお!!となった
最後の最後まで胸糞悪いというか貫ききってくれて最高でした
見てよかった〜

ゴア表現は満足だしストーリーもそれなりにちゃんとしてるけど…新生児ポルノはマジで狂ってる
>|

あなたにおすすめの記事