イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

【SPL/狼よ静かに死ね】【かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート】【導火線 FLASH POINT】の監督ウィルソン・イップ×主演ドニー・イェンのゴールデンコンビでおくる、詠春拳の宗師でありブルース・リーの師匠であるイップ・マンの人生を描く伝記カンフーアクション第三弾!

ブルース・リーに憧れていたドニー・イェンがブルース・リーを弟子にする夢のような前作のラストシーンを越える、ブルース・リーの名言「Be water my friend(友よ、水になれ)」のきっかけをドニー・イェンが作るという過剰サービスなオープニングで掴みはOK!
【少林サッカー】でブルース・リーっぽいゴールキーパー役でお馴染みのチャン・クォックワンが演じるブルース・リーもたまりません!

みどころは、ドニー・イェンが魅せる流麗な詠春拳!
エレベーターの中では妻ウィンシン(リン・ホン)を守りながら戦い、エレベーターの外では3階から1階にエレベーターが開くまでに勝負を決め、妻をエレガントにエスコートする詠春拳VSムエタイ(サラット・カアンウィライ)も、現役時代を思わせるピーカブースタイルで凄まじいパワーとスピードのコンビネーションとフットワークを披露する元WBC・WBA・IBF世界ヘビー級チャンピオンを相手にやたらと低い構えを披露して猪木アリ状態を再現する詠春拳VSボクシング(マイク・タイソン)も素晴らしいのですが、【HERO】ではドニー・イェンのスタントを担当していたマックス・チャンが、ドニー・イェンのライバルとして拳を交えるクライマックスの詠春拳VS詠春拳はダンチでレベチ!
アクション監督がサモ・ハンからユエン・ウーピンに代わったせいなのか、ひとつひとつのカットが長めで、二人が魅せる棍術も刀術も拳術も演舞のような美しさ!
更に、視覚を捨て聴覚を頼りにドニー・イェンがマックス・チャンに放つブルース・リーを思わせるワンインチパンチとドニー・イェンがマックス・チャンに語る強さの本質!
これはまさにドニー・イェンからマックス・チャンへの闘魂伝承だったのです!
妻の事より武術の事を優先していたドニー・イェンが、武術の事より妻の事を優先してマックス・チャンとの対決をすっぽかす伏線もお見事!

マックス・チャンの主演のスピンオフが公開されし時、マックス・チャンの時代がはじまる!
マックス・チャンのキャラを立てるためにサラッとボコられる武打星のロー・マンとユー・カンも忘れないであげて下さい!
「イップ・マン 継承」

安定の面白さでした。
1作目は対日本軍のドラマ、2作目は対英国で、3作目は対欧米に支配された同国の人ということで、1作目にあったバイオレンスな格闘は控えめになったものの、美味なカンフーを堪能できました。

クライマックスかと思っていた、中盤のドニー・イェン対マイク・タイソンもめちゃくちゃおもしろかった。左右に揺れながら迫ってくる感じ、本当に猛獣のようでめちゃくちゃ恐ろしかったです。

奥さんとのドラマもよくて、ほっこり笑顔のドニー・イェンを観れるこのシリーズはすごい貴重だなーと思いました。

クライマックスの正統派争いの槍からの刀剣からの拳でのバトルもドラマチックで、アクションもすごい観やすくてよかったです。

全体的にはあっさりな印象で、もっとハードなアクションも見たかったのですが、バイオレンス苦手な人はカンフー映画入門としてすごくいいんじゃないかと思います。
taka

takaの感想・評価

4.0
吹替版だとドニー・イェンの声が大塚芳忠なので面白さが2.5倍になります。
至高の2作目に比べると劣るものの、それでも安定の面白さ。
中盤の妻を守りながらのエレベーター功夫バトルが熱い。今作は愛の物語だった。
このシリーズは、全ての物事を武術が強いか弱いかで決める週刊少年ジャンプ的な潔さがあり、そこがとても魅力的でもある。
川井さんのおなじみのテーマ曲に、ドニー・イェンが木人椿打ってるだけで胸を打つ「葉問」シリーズ3作目。今回は奥さんとの夫婦愛に主軸を置いた構成。相変わらず悪役がちょっと芝居大きめで間抜けなのが香港映画らしくて好き。町を牛耳る外国人役にマイク・タイソンが特別出演。芝居できないのはしょうがないとして、顔の入墨はなんとかして欲しかった。建前上実話ベースの作品にキワモノ入って萎える。誰がどういうつもりでキャスティングしたんだ?集客につながるの?見せ場のはずのイップ・マンとの戦いも勝ち負けはっきりさせず気持ち悪い。前作の勧善懲悪感が良かったんだが…。ともあれ今作でもイップ・マン無双は十分堪能できて満足。息子たちを救いに行く造船所での戦いが圧巻。敵のチンピラ大軍相手に孤軍奮闘、縦横無尽、八面六臂の大活躍。今回は全編通してハシゴ、階段、エレベーターとアクションに高さが加わって上を下への大騒ぎ。あの大人数との対戦で、誰が何やってるか分かるように編集してあって見事。クライマックスの「詠春拳」同門対決も棒やら剣やら道具使いも増えて、飽きさせないようアクション進化させてて感心。有事以外のイップ・マンはいつも武館で一人お茶飲んで呑気なもんだが、いつ弟子に指導とかしてんのか?どうゆう収入源なのか気になるところ。他の師匠は傘張りしてたり生活苦も描かれてんのに。今後もシリーズは続いて欲しいが、今作で登場したあのチャラいブルース・リーが関わってくるのかな?ちょっとやだな。
人としてかなり徳が高くて
おまけに強い。
全作通して、なかなか波瀾万丈な人生だったにも関わらず擦れずに真っ直ぐ生きる姿はお手本のような人物像でした。
夫婦生活はちょっと不器用なイップマンだけど、奥さんの献身的な支えと理解があり、今作ではイップ師匠が妻を一生懸命支えています。
前2作は中国人としての誇り みたいな感じで描かれていたけど
家族愛的なものが1つのテーマになっていたような気がします。
2作目で産まれた赤ちゃんが全く登場しなかったけど、実際に7人子供がいて3人は亡くなっていたらしい。

ジャッキー、ブルースリー、ジェットリーとも違うドニーイェンアクション。
しっかり堪能できました。
いつ見ても連打撃かっけぇ…
奥さんがただ綺麗な人からシリーズを経て所帯染みたのがとてもいい、、
そしてやはり素手で戦うのかっこいい。
宇宙最強のドニー・イェンの超絶カンフーアクションが存分に観られるということ自体が無上の快楽。ストーリーがメチャクチャでもそんなのカンケーねえ。
アクションの凄さはいうまでもないので割愛。でも、上から撮るアクションってあんまりみたことない気がする?から面白かった。
タイ人格闘家との戦いは家族を人の良さ(悪く言えば八方美人)からどこか遠い世界にいるイップマンに対して、複雑な気持ちを抱いている奥さんの感情を汲みつつ、イップマンが自分を守る姿に奥さんが感動するというか、思いに気づくというか、そういう部分がちょっと感動的。
マイクタイソンも家族の為に悪事というか、悪いやつだけど家族おもいだし、父子家庭で貧乏なマックスチャンも父親として苦しい思いをさせないように、かつ尊敬できる父を目指して息子のために頑張っている。イップマンは家族映画なのだ。
空手、ボクシング、ときて今回は詠春拳対詠春拳だったわけだが、次はどこなんでしょうね、そこら辺も考慮してシリーズ化していかなければいけないというのは大変だ。
ブルースリーは誇張しすぎで笑ってしまう。いずれ本格的にストーリーに絡んで来ることを期待。
P

Pの感想・評価

3.5
昔ながらの古いストーリー。
たいした感動もないが、
カンフーを観たい人はどうぞ。
世界を動かすのは金持ちや権力者でなく心あるものだ。子供の為を考えろ我々の行動を子供たちが見てる。我々は子供たちの手本となるべきだ。行動は全て今だけでなく未来に通じる。”イップマン”

男が男に惚れる、大きな愛で包んでくれるイップ師匠。

エレベーターと階段のシーンはカッコ良すぎ、好きだ、大好きだ!

男の子にはイップマンシリーズは是非見てもらいたい😀
>|