花の子ルンルン こんにちは桜の国の作品情報・感想・評価

「花の子ルンルン こんにちは桜の国」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.0
東映魔女っ子シリーズである「花の子ルンルン」の、劇場版第2弾です。Amazonプライム・ビデオにあったので何気無く観始めたら、14分しか無いので速攻で観終わりました(笑)。

東京に住む友人に会う為、東京へと向かったルンルン。満開の桜を楽しみにしていたルンルンであったが…同じ頃、東京の桜の名所である九段の桜が一瞬で散ってしまうという事件が発生。犯人がトゲニシアであると見抜いたルンルンは、他の桜の名所を守る為、奮闘する!…という内容です。

東京に向かう飛行機に乗っているルンルン。ずっとフランスにいるルンルンがどうやって東京の子と知り合ったのか、そして飛行機の切符代は何処から工面したのか。そんな事はどうでも良いんです(じゃあ、言うなよ)。着陸体制の飛行機で、シートベルトも付けないルンルンもどうかと思うけど、その隣にお供の犬と猫がいるのはもっとどうかと思うぞ!添乗員さん、スルーかよ!

トゲニシアは自分より美しい桜が許せなくて、ガスを噴射して桜を散らす作戦を部下に命じるんですけどね。木、一本一本にガスを噴射って、何て気の遠くなる作業なんだ!そしてそんな作業している彼女らを、誰も見ていない(原因不明とテレビで報じていた)。節穴か、近所の花見客の目は!東京では、近所の人に無関心って言うけど、本当なんだなぁ…。

次の悪業を阻止する為、京都へ向かうルンルンとお供の犬と猫…と、ルンルンの友達の女の子と、その弟。いやいや、友達姉弟、何しに行った?暇なの?

そして京都で行われるルンルンとトゲニシアの対決!その方法は?まーさーかの口喧嘩だぁぁぁ!魔法、関係ねぇ(笑)!

去って行くルンルンを見送る姉弟に、何処からか湧いて出た水島裕…じゃない、セルジュ。「ルンルンに変わって」と、セルジュ渡された球根は、グラジオラス。花言葉は…『警告』。うーん。私だったら、もうルンルンには二度と連絡しないなぁ…(笑)。

ぶっちゃけ、オープニングソングしか覚えて無かったんですけどねー。「いつかは貴方の住む町へ、行くかも知れません♪」って歌なんですよね。ん?電話かな?「私、ルンルン。もうすぐ駅に着くよ?」え、また電話?「私、ルンルン。今、貴方の家の前…」「私、ルンルン。今、貴方の後ろにいるの…」うわぁ!この歌詞、ホラーやん!!!!
とまこ

とまこの感想・評価

3.5
ルルルンルンルン ルルルンルンルン♪
精神的ショックを与え敵を退治するルンルン🌼
"グラジオラス・・・警告"
意外と深いルンルン🎵
まこー

まこーの感想・評価

5.0
超絶。14分に詰め込みすぎ。敵の倒し方ひでーし。TVフォーマットのまんまだから、構成的に映画ではないな。

このレビューはネタバレを含みます

日本は公害が進んで環境が悪くなっているけどみんな緑が好きだから失われた緑を取り戻そうと頑張っているよ。その心があれば大丈夫♪
ということを言っていた。

日本の桜の名所を数カ所教えてくれます。

明るい感情が昂ることを「ルンルン」と擬態語で表現しますが、このアニメが元ネタだそうです。いささか信じられませんが、言語というのはそうして生まれていくのですね。
djikuzak

djikuzakの感想・評価

2.5
"るんるん"
この擬態語の元となったアニメ。
なにやら思想の強さに当てられているような表現が多い。
オススメにあったので見てみたらアニメの劇場版らしく、ドラえもんの人物関係を知らないまま劇場版を見てしまったようなことに。「ルンルン」という言葉はここから来たらしい…なんと…。悪の倒し方もテーマの公害問題もかわいい絵柄や歌と違ってシリアスで怖い。
meow

meowの感想・評価

2.0
ルンルンが東京に来たお話。桜がトゲニシアによって枯らされる。

ルンルンが普通に新幹線に乗って追いかけていてちょっと面白かった。

舞妓さん可愛い。
トゲニシアは実はおば様なのね。
yuan

yuanの感想・評価

2.5
ごく普通のアニメの特別編。魔法少女シリーズの1つ。
花の子ルンルンを知らなかったけれど調べたら大筋のストーリーはつかめた。
ルンルンって言葉はこのアニメが語源で流行したらしい。(ほんと?)

トゲニシアの自分の美への執着がすごい。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

“るんるん”という擬音はこのアニメが語源らしい。ヒットアニメの力はすごいな。“キャンディ・キャンディ”の後継番組で、おもちゃメーカーとタイアップするアニメ作品のひとつ。
ブローアップ版ではなく劇場オリジナル盤。ありそうでないヨーロッパのどこかを舞台にするルリタニアン・ロマンスなのになんと来日…しかも服装チェンジの魔法で舞妓さんに変身!
ヨーロピアンファンタジーの世界観でやっていたアニメキャラクターが、まさか上野公園や京都嵐山で桜を堪能するとは…

“花粉風邪”…って花粉症のことですかね。桜でもなんでも発症するとは可哀想に。

セルジュの球根はグラジオラス。グラジオラスの花言葉は“警告”とのこと。「自然を大切にしてね」というルンルンのメッセージがこの花言葉に繋げられてました。
ドラえもんといい、80〜90年代は公害や環境問題、地上げなどの社会問題がよくアニメに取り上げられるようになる。説明台詞が多いと説教くさくなって鼻白むが、アニメ害悪論への対応策なんだろうか…と同情してみる。
白ポスト運動とかいう気違い染みたPTAはドラえもんでさえ「教育に悪い」と叩いたというからな…
まぁ環境問題について親しみやすいアニメキャラが伝えてくれるのは悪い事じゃないし、いいんだけどね。
トゲニシアが身体醜形障害だった ファンタジーかと思いきや意外と現実的な行動をするので話が大きく膨らまない印象
>|