ドラえもん のび太とアニマル惑星の作品情報・感想・評価

ドラえもん のび太とアニマル惑星1990年製作の映画)

上映日:1990年03月10日

製作国:

上映時間:100分

3.6

「ドラえもん のび太とアニマル惑星」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.7
劇場版第11弾!!

今回の作品は
どちらかといえば
教訓の意味合いが大きい感じだったな。
「のび太ぁー」のセリフがほぼを占める
お母さんが、めちゃめちゃ
喋ってた。
しかも、地球環境について。
今気をつけないと
いずれ地球もそうなっちゃうよ。

1990年代、これを観て育った世代が
各社会で活躍し始めてるはずなんだが
教訓は生かされたのだろうか?
(自分も含めて)

ニムゲの総長が
実はあんな若者だったのは
悲しいよね。
あんな若者でも
悪いことやらなくちゃいけない
環境だったんだと思う。
最後、きれいな空気を吸うシーンは
いろいろ考えさせられるシーンでは
あるね。
でも、むやみやたらに
他の人を攻撃していいわけじゃない。
toolbox

toolboxの感想・評価

3.5
のび太が冒頭から不思議な世界に迷い込み、興味を惹かれる。今作は話がまとまっていて面白かった。環境問題や侵略戦争なども子供に伝えるために、ふんわりと描いている。

異空間、異次元などの冒険はやはり観ていて楽しい。
友蔵

友蔵の感想・評価

3.6
猫耳ドラえもんかわいい^ ^

ミニドラ好きだったな〜
確か毎回短編で観れたような。
まさき

まさきの感想・評価

3.6
あんまり見た記憶がなかった、、、
チッポくんとのび太の友情に涙。
久しぶりに童心に帰って
ドラえもん映画ブームが
来ている

大山のぶよさんの
ドラえもん世代として
大好きな作品

環境問題を風刺していたり
当時子供ながら、ニムゲに
恐怖していた記憶がある

何度見ても面白い作品
なんか、本当はジャイアンも優しいからだとか、映画だとジャイアンも優しいんだよとか言うやん?
でもこれではバッチリ嫌味っぽいこと言って笑ってるジャイスネのシーンがあって、
やっぱりそう言われても私は好きになれないなぁと思った。
多分、ドラえもんをそもそもそんなに見ようと思わなかった理由がわかったかも。
明らかに嫌がるようなことをする描写があるのに固定メンバーだからかなぁと。

でもこれは明らかに別行動なのもあって、面白いと今のとこ見てて初めて思えたドラえもん映画。

ま、大人になってわかることというか、
大人になりきれてなくて「いやでも本当は優しい」を私が受け入れられないだけかもしれない。

そして、動物のかぶりもののようになってるみんなかわいいなぁ。
ネコミミドラえもん、うさぎのしずかちゃんは耳が大きいだけあって聞こえる音がある。

あ、ジャイアンはしずか呼び捨てだと知った。
chianti06

chianti06の感想・評価

4.0
ドラえもん映画お馴染み友情はもちろんのこと、
環境問題へ深く踏み込んだ良作。
1990年に製作されたものだが、今みても、この映画から多くのことを学び、自分の生活を顧みることができる。
子供の頃から何度見返したことか…。
公開当時見に行った。ドキドキハラハラでとても面白かった記憶がある。のび太が不思議な世界へ入り込んでしまうところから物語が始まり、幼い私は食い入るように見ていた。ドラえもんの映画のなかでもトップ3に入るほど好きな映画。見に行った際おまけのおもちゃが貰えたのも思い出深い。

東宝シネマにて
さ

さの感想・評価

3.0
チッポと熱い友情だったのに
お別れが思ったよりあっさりしてた

このレビューはネタバレを含みます

人生で一番見た映画。
ドラえもんの映画は、不気味な雰囲気が好き。

本作はF先生が「メッセージ性が強すぎた」とおっしゃっていたらしい。確かにニムゲの正体や動物たちの文明の話は、比喩としてわかりやすい展開なのだが、説教くさかったり、無理な話運びで冷めたりはしない。

ニムゲの星に行くシーンの強引さや星の船の正体など、おやおや?というシーンは多いがそれを抜きしても面白い!

「ニムゲは人間だった」という展開は、外から来た敵と戦うという作品と一線を画している。

ニムゲへの勝利とは、私たち自身がニムゲにならないことなのだと、ラストシーンが教えてくれる。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品