きみに読む物語の作品情報・感想・評価・動画配信

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

Moe

Moeの感想・評価

4.7
一人で鑑賞。

これあらすじ一言で言えないなぁ、、、

開始早々号泣し、そこから涙が途切れることなく鑑賞しました。
なんか誰かに死ぬほど愛されて死ぬほど愛すような人生っていいなーって。
だんだん読まれている物語の意味がわかっていったり、状況がわかっていけばいくほど、涙が止まらなくて感動しっぱなし。

ほんとにいい作品に出逢えた気がします。
割と序盤から泣いた
自分は今若いけど
この若い時間ってずっとは続かないんだなって、思った
いつかこの時間が懐かしくなるのかと思うと不思議な気持ち
人生って儚い
m

mの感想・評価

-
良かった

このレビューはネタバレを含みます

・観覧車に飛び乗り、道路に大の字で寝る→アリーを振り回し恋に落とす、ノアのナチュラルにすごいモテ力→アリーを一途に愛しているからこその行動力

・アリーとノアの若く熱い恋→ケンカをしてもすぐ仲直りし、激しく愛し合う→こういう関係に憧れが

・切ない未亡人マーサ→脇役ながら、とても印象に残る登場人物→どうか彼女には幸せになってほしい

・アリーとノア、二人のベッドシーン→一回目は初めてだからこそのパニックと失敗を描く→二度目では年月が経ったことによる燃え上がる恋が描かれた→どちらも別々の良さ、美しさがある

・手紙を見て、決心するアリー→その後のシーンでは思わず涙が→一度バッドエンドと思わせて、そこからの逆転を描くシナリオがすばらしい

・なぞの老女と語り手のエピソード→わかりやすいオチとは言え、記憶が戻るシーンでは再び涙が→だからこそ、その後の錯乱するシーンが辛い

・このままこの映画はバッドエンドで終わってしまうのか?→そこから先の展開はまさかの……→バッドエンドからの逆転劇を2回描く、本当に見事なシナリオ

・二重構造になったラブストーリー→どちらのエピソードも最高の出来だった→本気の恋を一度でもしたことのある人なら、刺さることまちがいなしの傑作映画!
chi

chiの感想・評価

3.3
ただ単純なラブロマンスではなかった
be

beの感想・評価

5.0
クライマックスで思わず涙。。
my

myの感想・評価

5.0
本当に本当に愛に包まれた最高の映画
nita

nitaの感想・評価

3.0
お互いの愛情に包まれて終わるラストシーンが良かったです。普通の人の一生ですが伝記を読み終えたような満足感があります。アリーがとっても魅力的で一目惚れするのも納得です。ノアの友達のフィン、登場した瞬間「濱田岳さんに似てる」と思ってしまい出てくるたびにちょっと面白かったです。
こにょ

こにょの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

失恋した時に借りたシリーズ。ある意味記憶喪失の彼女を独り占めしている。ちょっと、怖い。
>|