ラブストーリーの作品情報・感想・評価

ラブストーリー2003年製作の映画)

클래식/THE CLASSIC

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

「ラブストーリー」に投稿された感想・評価

大学生のジヘは部屋を整理していて、父と母の手紙と日記が入った箱を見つける。

「父は私が子供の頃に亡くなり、母は現在、外国旅行中。」

ジヘは同じ大学の演劇部を取り仕切るサンミン先輩に想いを寄せるが、友人スギョンにサンミンへの代筆を頼まれ、自らの想いを隠してスギョンとしてのメールを送る。

「彼を見ていると切ない気持ちになる。」

箱の中には、母ジュヒに宛てられた封筒…裏には父テスの名前があった。だが…中から取り出した手紙には父ではないオ・ジュナという名前が記されていた。

「オ・ジュナ、代筆を頼む。」
「誰に?」
「婚約者。」

ジュヒとジュナは幽霊屋敷事件や親からの妨害事件、数々の困難を前にお互いの想いを押し殺そうとするが、より一層強く想いを募らせる事となる…。

「何かあげたいけど、これしかないわ。」

ジヘはスギョンの為にサンミンから離れようとするが、偶然により何度も顔を合わせてしまう。

「傘があるのに…雨に濡れるのは、私だけじゃないのね。」

偶然だと思っていた雨の日の思い出が、偶然ではなかったことを知ったジヘは自分の想いに正直になることを決意する。

2回目だけど、何度観てもいい話。
ふらい

ふらいの感想・評価

3.0
登場人物の言動にあまり説明を入れず、さらっとお話が進んでいくので一度観ただけでは「?」となる箇所があり、何度か観返しました。観た方の想像に委ねるようなつくりで、そういう行間を読むのが好きなので楽しかったです。あと、同じような疑問を持つ方々が意見を交換しているサイトを見つけて自分なりに納得できたのでありがたかったです。
http://cinema.pia.co.jp/com/4213/75096/

主人公はもちろん、主人公の親友のテスがすごくいい奴だった。おどけているようで根は繊細。ペンダントにいつ気づいたのか、自分の気持ちにいつ気づいたのかと考えると、ああ~...となる。そして何度かある気絶するシーンって、やっぱりアレに繋がるのかなあ。

ただ、現代パートの先輩とのエピソードは、親世代と立場がリンクしている部分で必要なのだろうとは思いつつも、(親友というかそもそも友達...か?というところが)いや全然違くない??しかもラスト超展開やな???!とか思ってしまいました。

親子のたった2世代でもこんなに時代は変わるのだな。
みき

みきの感想・評価

-
がんなき
おっぱかっこいいし韓国風できゅんきゅんだけど笑えるし泣ける
猟奇的な彼女の次の話らしい
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.8
一時期、韓国映画にはまっていた頃、好きだった作品。ザ・ラブストーリー!という感じが良い。そして、切ないもの好きにはたまらない、かなり切ないです。

1番好きな人と、ずっと一緒にいられることってかなりの奇跡なのではないだろうか、、、。

時代が変わって、良くも悪くも、随分私たちは自由になったなぁと思います。
もりし

もりしの感想・評価

3.5
古い映画でも面白いものは面白い。
優しくて素敵な気持ちになれる映画。

やっぱりソン・イェジンは可愛い過ぎ。
チョ・スンウさんは、先に自閉症の映画
で見てて、とても上手だったから少し
違和感あったけど、素敵な役柄だった。
アイドルに凄く似てる子いる。
haru

haruの感想・評価

4.5
みんなが憧れる先輩に思いを寄せるジへは、ある時母の日記と過去の手紙を読んで、自分の両親の初恋について知ることになります。
過去のラブ・ストーリー(母)と現代のラブストーリー(娘)が絶妙に絡み合って展開する、素敵な純愛映画でした。

母の恋愛は、いろんなしがらみに制限された、許されがたい恋。携帯も無いその時代、ほんの小さな偶然が奇跡のような運命にさえ感じられ、また時にはその偶然が絶望的な悲劇にも繋がってしまいます。二人が愛し合うだけでは結ばれることは難しかった時代の厳しさが、観ていて本当に胸に刺さります。
この映画のラストは、そんな時代に全力で想いあった二人の心が起こした奇跡なのではないかと、個人的には勝手に解釈しています。

娘の憧れるサンミン先輩のキザっぷりが鼻につく以外は、とっても素敵なラブ・ストーリーでした。

そして切なすぎる両親の恋模様を、自分の両親に当てはめて考えるのだけはやめた方がいいと思いました。
ユキ

ユキの感想・評価

4.0
ジュナが兵役に行ってしまうシーン
切なくて切なくてワンワン泣いた。

兵役から帰ってきて
目が見えないことを隠して
ジュヒに会うシーン。
そこもワンワン泣いた

結論 すごい泣いた
ソン・イェジンの清純さが、より一層ストーリーの切なさと重なった。蛍が、飛んでいる場面が素敵だった。

このレビューはネタバレを含みます

切なすぎ。。。。。

ラストの目が見えないのに嘘をつき、結婚してないのに結婚してると嘘をつく。。。
優しい嘘。。。
nana

nanaの感想・評価

4.3
過去と現在、母と娘のラブストーリー。
もう序盤から切ないのは分かりきってたけど、あー切ない。みんな笑顔が切ない涙が切ない。良かった。好き。OSTがこれまた良くって観終わった後曲聴いただけで涙出てきた…これからも聴き続ける。

雨のシーンはこれがあの有名なやつか!!ってテンション上がったなぁ笑

高校生の姿のソン・イェジンが可愛らしくて愛らしくって♡観ずじまいだった”私の頭の中の消しゴム”も観たくなった。
>|