親愛なるきみへの作品情報・感想・評価・動画配信

「親愛なるきみへ」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

4.3
君に読む物語に次ぐ良い話だったなあ

誰かを想って書いた手紙が、その人にとってどれほど価値があるものなのか、
家族とか時間の流れとか、全部分かっているはずなのに、ぎゅーってなりました。

あとアマンダ大好きなんだなって再認識しました笑
はる

はるの感想・評価

4.1
ドキドキと切なさと。
過去の恋愛を思い出しちゃう映画でした。
紬生

紬生の感想・評価

2.8
2020.3.27 Netflix

サヴァナとジョンが出会ってからの2週間のシーンはドキドキが止まらないです。
戦地にいるジョンと手紙をやり取りするシーンはきみに読む物語と似ていると感じました。
個人的にはジョンとお父さんとの家族愛に1番感動しました。
チャニングテイタム、アマンダサイフリッド、イケメンと美女に見惚れる映画。ロマンチックで、遠距離の葛藤、キュンキュンすること間違いなし。

俺がどこにいようが、何をしようが、この月は君が見ている月と同じサイズってことを俺は知っているよ
Cassie

Cassieの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

休暇中の軍人と大学生の女の子がビーチで出会い恋に落ちる。お互いの家族に関することや仕事などの困難な状況に乗り越えていく姿が描かれている。ジョンが良い人すぎて感動したがサヴァナの行動にはイライラしてしまった。タイトルの『親愛なるきみへ』というのはジョンのパパへ向けたメッセージであってほしいと思った。サヴァナのように恋愛を優先してほしい気持ちは分かるが彼の仕事にはあまり首をツッコまない方が良いだろう。テロが起きているのに除隊できないよね。「戦地は大変でこっちは楽じゃないのよ」と言っているシーンかなりムカついたな。ジョンは命がけで国を守ってくれてるんだぞ。文通は素敵だが急に結婚の報告は驚くよね。何か相手を思う気持ちがないよな。別に結婚までしなくても良いじゃないか。そんなジョンがとても可哀想で、だけど無償の愛を送っている姿、親父さんとの関係がこの作品の見所なんじゃないかな。
DJりん

DJりんの感想・評価

3.5
いい感じの予想外が多い作品。
この作品を見て一番に思ったのがもしその人のことが好きで一番大切だと思うなら何があっても側にいたいという気持ちを行動に移すことが何より大事なんだなということだった。
確かに凄い大切に思ってて側にいたいと思っていてもその時の状況によってはそれをするのが難しいということも起こりうると思う。
でもだとしても何があったとしても本当に離れないと死んでしまうレベルのことがない限りは離れちゃだめだと強く思った。
核心をついたことを言っちゃえばこの世界には替がきかない人間なんて存在しない。
今どんなにチヤホヤされている芸能人やスポーツ選手、アイドルなんかでもちょっと時間が経つだけでまた新しい人材に取り替えられる。
そうして人々の記憶から簡単に消え新しい者とすり替わってしまう。
しかしたった一つの場合でだけ例外がある。
それはその存在が自分の家族だったり恋人であったりした場合だ。
自分にとって安心できたり弱い部分を見せれる人達というのが家族だったり恋人だったりするので私にとっても家族と恋人だけは替がきかない。
だからこそ私はこーいった自分のことを替がきかない大切なただ1人と思ってくれる人達の為の自分であり続けようと改めて思った。
さき

さきの感想・評価

4.8
出会ってからジョンが戦場に戻るまでの2週間がステキすぎる!!!すごく濃くてキラキラしてた。あんなに密度の濃い時間を過ごしてみたい〜〜
お父さんとの親子愛も良い。会話は少なかったけど、コインのような親子共通の思い出がある関係ってステキだなって思う。
それにしても、ジョンがいい男だった!!!
大和

大和の感想・評価

4.0
前回の「君がくれた物語」を観た影響で
ニコラス・スパークさん原作を一通り観てみようと、視聴しました。

美男美女のピュアな恋愛の本作は
どこか、切なくも美しいストーリー展開になっている。
誰かのせいでとかでは無く
お互いがお互いに必要してるが故
気持ちの方向が行き違う。
手紙だけが交差する遠距離恋愛
信用し合っていても
気持ちを持続させるのは難しい
結末はどうであれ
出逢った2週間が素敵!!

サヴァンナ役の
アマンダ・セイフライドさん
映画「ln Time」のヒロインだったとは
見た目の印象が違いすぎて驚いた。
家族への感謝、言葉の大切さ、正義、使命、時間、お金、原動力、が自分の中に残ったキーワード。
特にコインにまつわる主人公と父親との物語に羨ましさがあった、自分の父親との記憶を思い返した。リスペクトの気持ちを持ちたいと思った。
mayu

mayuの感想・評価

3.2
"きみに読む物語" が好きでハードルを上げすぎてた部分もありますが、、

すぐに会おうねって合言葉と願いがなんとも切ない

むずかしいタイプの恋愛でした
>|