ゲキ×シネ「メタルマクベス」の作品情報・感想・評価

ゲキ×シネ「メタルマクベス」2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:201分

4.0

「ゲキ×シネ「メタルマクベス」」に投稿された感想・評価

momo

momoの感想・評価

3.9
初新感線。
ランダムスター夫人の演技もそうだけど、歌声にもハマった、最高。
reni

reniの感想・評価

5.0
上條恒彦のセクシーボイスにハートを揺さぶられたわ!💞🙌✨

昔から劇団☆新感線の評判を饅頭屋さん(web知人)から伺ってて、まぁこの人が言うなら間違いないわね、と思いつつもお芝居ってド田舎住みには敷居高くてなかなか……しかし地元映画館がゲキ×シネ上映してくださって観に行きました!🙌💕

最の高!
朝ドラで松たか子の歌声聴く度に♪私の体は殺意でいっぱい♪が脳内再生されます。

原作は、高校の頃に読んだのをザックリ記憶してたので、アレンジの面白さも味わえました。
ヘヴィメタルでデフォルメされたシェークスピアの戯曲『マクベス』
新感線は好きだけどクドカン脚本作品はあんまりだなぁ。ガチャガチャしていてしんどい。右近さんがコラーゲンの泉で松たか子に変身するくだりは笑った。
ほぐか

ほぐかの感想・評価

4.0
あのマクベスは、新感線に、クドカンに料理されるとこうなってしまうのか!?!?という衝撃がすごい。
曲はヘヴィメタル調だけど、歌詞が普通(笑)

実際に見た事はないけど、なかなか魅力的な題材の舞台を展開している劇団 新感線の舞台を映像化した作品で、たまたま副業が休みの日に上映があったので観に行った!

荒廃した未来で主君を殺してまで王になろうとした男の話し。
まず僕は元になったシェークスピアの『マクベス』を知りません。
と言うかシェークスピアの作品って、メル・ギブソン主演で映画化された『ハムレット』しか知らないので、原作と比べられないけど、クドカンが自分の趣味全開でやっちゃった!って感じで、堅苦しさは全くありませんでした。
ただ、初上演がかなり古いので、チャゲ&飛鳥の音楽聞くとか今じゃ笑えないネタとかもあるし、1980年代に有名だったライブハウスの名前がバンバン出てきたり、劇中の架空のメタルバンド"メタルマクベス"が対バンするのが44マグナムだったりと、その辺りの知識があったほうがより楽しめます(笑)
基本はコメディで、ヘビメタ調の曲のミュージカルって感じでした。
3時間を超える上演時間なので途中にトイレ休憩も入るし、第1幕はコメディ全開で楽しかったです。
第2幕になってからは、罪を正当化するためにさらに罪を重ねる、って感じで重くなっちゃったけど…。
シネマ歌舞伎のように映画の尺に編集されるよりは、舞台そのままの時間で上映される今作は、よりライブ感があって良かったです!
ただし、予告と休憩含めて3時間45分と普通の映画約2本分の長さなので、気軽には見られないですが(笑)

さすがに普通の映画とは違うので、客層もいかにも演劇が好きそうなおじ様、おば様がほとんど。
鑑賞マナーが良いこと良いこと(笑)
作品にしっかり向き合う事ができました!
ton

tonの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

うーむ。ハズレなしのゲキシネだったんだけど、これはイマイチかなぁ。
『マクベス』アレンジはまあいいとして、クドカンさん色が出過ぎてアクが強いというか、好き嫌いハッキリ分かれそう。とりあえず、元ネタ『マクベス』のあらすじを頭に入れた上で鑑賞するとより楽しめるのでは。終盤にやたら連呼される「女の股から生まれた~」からの(終幕に向けてのまだかまだか)のゾクゾク感は元ネタを知る者の特権ではなかろうか。あと、松たか子さんが群を抜いて素晴らしい!森山未来氏も良かった。個々の出演者さんが素晴らしいだけに、脚本が個人的にはビミョーで勿体ない感じだった。
akiko

akikoの感想・評価

5.0
miki mouseのトレーナーにケミカルウォッシュデニムにウエストポーチという出で立ちでカレーをまぜる魔女たち(=林さん)の図。(←演劇の自由さを物語る) 。古典のマクベスにヘヴィメタと80年代の音楽シーンをからめてよくこんなシナリオ思いつくなぁ〜!感心‼︎「帝王切開」はクドカンの脚色と思ったらシェイクスピアオリジナルとは!!少しびっくり。古典も興味深いものである。3時間半全く飽きずに想像以上に楽しかった‼︎
ma

maの感想・評価

4.0
くすくすと細かく色んなとこで笑えて、最後は役者さんの凄さにドキっとして、歌も演技もすばらしかったです!尊敬!
森山未來さんは何であんなに体が身軽で柔らかいんだろう、どんだけ身体能力高いの、、すごい
北村有起哉さんに惚れました!かっこよかった!
松たか子さんはもう言わずもがな歌もすごいし表情すごいし本当にすごいお人なんだなぁと感動した
マクベスを全く知らなくてもとても楽しめました!
ねぎ

ねぎの感想・評価

3.2
長い!
それは、こんな盛り沢山でいいの⁈
という長さです。
これを何公演もやりのける役者陣が恐ろしい。
こと

ことの感想・評価

5.0
DVDにて鑑賞

常に笑い

でもその中にも鬼気迫る人間の恐ろしさが感じられる

松たか子の演技が、1人だけ群を抜いていました。コミカルな演技もお上手なんですが、なんだか人間の邪悪な部分というか、狂気があって、

とにかく凄いです。

タイトルからして王道マクベスではないのは予想出来ると思いますが、王道を期待してる人にはかなり厳しいかと思います、

何しろ、メタル、ですから

しかし、作・演出として過去と未来が絡まっていくのは面白いです!後、発想も流石という具合です笑

最後に、森山未來のダンス&歌のシーンも必見です!!
>|