クロウ/飛翔伝説の作品情報・感想・評価

「クロウ/飛翔伝説」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.7
苦痛

悪魔の夜、残虐な殺人事件が相次ぐ
エリックも4人の無法者に婚約者のシェリーとともに殺されてしまう
その一年後、エリックはカラスの力で蘇り、彼ら4人を探し始める

墓場から蘇った不死身のヒーローの哀しみに満ちた復讐を通して、愛の不滅をうたうダークファンタジー

主演のブルース・リーの長男ブランドン・リーが、撮影中の発砲事故により28歳で死亡し本作が遺作となった

ダークでした〜
そして、なかなか面白い

また1人、また1人と、、

ロックな感じだけど、スゴくいい奴だった
メッセージ性もあり

ブランドン・リーがカッコいい!
アクションはまあまあ
銃撃シーンは良かった

警察のキャラ好き

CGあります
全体的につくりは雑だけど、逆にそこがいい
殺されて甦り、不死身の身体を手にした男の復讐劇。
かなりエグい殺され方してるので、その復讐の仕方も過激です。物語的には必要かもしれないけど、最後の最後まで圧倒的な復讐が見たかった。
めあり

めありの感想・評価

3.5
よくあるB級映画かと思ったが、全然違って、主人公の表情がとてもよかった。
もっと彼の作品を観てみたかったが、非常に残念。
ブルース リーの息子、ブランドンリーの遺作。画面がずっと暗くて観にくいww

けど元ネタがアメコミってことで、一貫した正義と悪の戦いで内容は分かりやすく面白かった!
ブランドンリー扮するエリックの白塗り顔や、エリックの友達の少女の無垢な可愛らしさ、えげつない殺しのシーンあり、すんごい暗いストーリーってゆうごちゃ混ぜやけど妙に一体感な感じでスイスイ観れた。エリックの悲しげな声とラストに泣ける😭
この映画ではずっと白塗りメイクやけど、ブランドンリーカッコいいなぁ!オーラあるある!!お父さんのブルースリーも大好きやけど息子もステキ!
2人とも撮影中に不慮の事故で死ぬっていうなんかもういろいろやばい親子
てつ

てつの感想・評価

3.0
ブルースリーの長男、ブランドンリーの遺作として有名。
今作の撮影中に、誤って弾頭が付いた銃弾が発射され、ブランドンの腹部に命中。
28歳での惜しまれる死となった。

幸せに暮らしていたエリック(ブランドンリー)とシェリー
ハロウィンの夜の別名、”悪魔の夜”に強盗に襲われ、二人とも絶命してしまう。
残酷な死を遂げた者には、カラスの力により蘇るとされ、エリックは蘇り、リベンジに向かう・・・

撮影中に死を遂げたブランドンが役柄もどことなく悲しげで、その後の活躍を期待されてたと思うと、本当に残念。
映画自体もリベンジムービーとなっていて、渋さの光る作品となってます。
ハロウィンの前日“デビルズナイト”と呼ばれる日にミュージシャンのエリック(ブランドン・リー)と恋人のシェリー(ソフィア・シャイナス)は街を牛耳るダラー(マイケル・ウィンコット)一味に惨殺されてしまう。
1年後。
墓場から甦り不死身となったエリックは復讐を開始する・・・。

久しぶりに鑑賞しました。
ブルース・リーの一人息子ブランドンの遺作です。
今作の銃撃戦の撮影中に実弾が入ってて亡くなったんですよねぇ。
まるでお父さんの『死亡遊戯』がリアルになったみたいで当時衝撃を受けました。

遺作なのにほとんど素顔が無いのは残念ですけどね。
ジョーカーみたいなメイクのダークヒーローなんでね(笑)
でもお父さん譲りの身体能力を駆使したアクションはめちゃくちゃかっこいい!
ホント、生きてたらどれだけ凄い役者になっていたかと思うと残念でなりません。
あおい

あおいの感想・評価

2.8
全てを失った時、不死の翼が覚醒する…

ブルース・リーの息子ブラントン・リーの遺作として名高いアメコミ映画。

◎ストーリー
10月30日「悪魔の夜」あるカップルが暴漢に襲われ、無惨にも殺害される。恋人シェリーと共に死んだエリックだったが、その復讐の心と不死の象徴カラスの魂とが呼応し、最恐の戦士として蘇る…

ブラントン・リーが撮影中に、なぜか実弾が入ってしまっていた拳銃により死亡するという事故が起きた今作。父子ともども夭折するという数奇な家系である。本当に事故だったかどうかは明らかになっていない。

本作はダークなアメコミが原作であり、アレックス・プロヤスが監督を務めたこともあってかなり暗くて雰囲気がいい。主人公のエリックのメイクがジョーカーを彷彿とさせ、コウモリと同じくカラスという黒い生き物がキーとなっている点も「バットマン」のような雰囲気を漂わせている。

能力は不死身であることだけで、もっぱら銃撃戦メインやけど、初期アメコミ映画として作り込まれているように感じた。

バックグラウンドを知っていると、より考えさせる作品となっています。これは続編とかは敢えて観ない方が部類の映画ですかね。
初鑑賞。

ブランドン・リーを確かめたくて・・・

面影はあるのかなσ(^_^;)?

とにかく顔がわからん!
もっと素顔を!

それ以上に回想のレイプシーンをこと細かく鮮明に見せて頂きたい!( ̄ヘ ̄メ)

B級ホラーのようにね( ̄▽ ̄)ゞ
haru

haruの感想・評価

3.0
ブルース・リーは全然わかんないんですけど、息子さんはかっこいーな!バンドマンって筋肉あるんだ?

明日は楽しいハロウィン!彼女ともーすぐ結婚!と、ウキウキなエリックは、帰宅するとチンピラに襲われ、帰らぬ人に。彼女も亡くなり、無念!!ということで、1年後、あのときのチンピラに復讐しにエリックが墓から蘇る。

ストーリーはたまにトイレ行っても余裕でついていけるやつなんですけど、「エリック参上!」のロゴがかっこよくて、おもしろかったです。この撮影中にブランドン・リーが亡くなったということで有名な本作ですが、途中からCGなの?全くわからず。
ブルース・リーのようなアクションが観れるのかと少し期待しましたが、撃たれてもオッケーな設定のため、アクロバティックな動きはあまりありませんでした。
キャラクターとしては、バットマン系の暗さがあって好きです。
当時はこのダークヒーローに興奮したものですが、今 改めて観ると物足りなさ満点なのは昨今の乱立する豪華なアメコミヒーローのせいでしょう。ちょっと可哀想過ぎるヒーローではあるが、誕生した境遇から考えると割と性格はおちゃめだったり。元がバンドマンだからでしょうか?これはやはり撮影中に亡くなったブランドン・リーに想いを馳せながら鑑賞するスタイルがしっくりくるでしょうね。シリーズ化もイケてたし、ブランドン、スター街道に乗るとこだったのにね…。
2017.12.14.
スカパー ムービープラス
>|