バットマン リターンズの作品情報・感想・評価・動画配信

バットマン リターンズ1992年製作の映画)

Batman Returns

上映日:1992年07月11日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.6

「バットマン リターンズ」に投稿された感想・評価

前作よりダークな感じにクリスマスが合わさって、ディムバートンの世界観がさらに光ってる。
ペンギンもバットマンもキャットウーマンも切ない。冒頭よペンギンの群れに流れ着くシーンは、子供の頃見てめっちゃインパクトあった。
シュレックの最期がすごい。笑
ペンギンって知らなかったけどなかなか面白いキャラクターだった。バットマンはホントにヴィランが魅力的だなあ‥。ペンギンは生いたちを考えると少しかわいそうだね。ペンギンの手下は元サーカス団員達ってことでいいのかな!?。あとエキストラのペンギン達が可愛かった(笑)。キャットウーマンも前作のジョーカーとは違う意味で頭のネジがぶっ飛んでた。このバットマンは女性関係はあんまり上手くいかないみたいだね😅。まあそこが人間臭くて割と好きなんだけどね。次の3作目から監督も演者も変わると聞いているので少し不安。できればこの続きが見たいな〜。わずかな差で前作の方が好きかな。
子供の頃これ見て不気味だったな

敵はサイコパスペンギン野郎
filmloader

filmloaderの感想・評価

3.4
ミシェルファイファーにこれキッカケで惚れた

今やおバーちゃんやけど、今でも憧れの女性

この映画は正直、ギリギリな感じ。
バットマン役が臭いし、変に人間っぽ過ぎてピント来ない
でも、悪役達がなかなか魅力的


特にキャットウーマン(ミシェルファイファー)


色んな所に社会に対する反骨的な意図があるけど、、、
どーでも良い。


ミシェルファイファーの美しさに勝る見所は無い!!


ミシェルファイファー大好きや!


って思いました〜
ShoIkoma

ShoIkomaの感想・評価

3.8


 約20年ぶりの再観。僕の映画原体験はこの作品かもしれない。それくらい覚えていた。

 敬愛するティム・バートンらしさが詰まった作品だ。僕がティムを好きになったのは『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『シザーハンズ』を観てからだと思っていたが、この作品でお気に入りだったシーン全てが“ティム節”全開なものだったと気付かされた。グロテスクで、人をバカにし切った演出、でもそのどこかに気品がある。気高さを知っているからこそ、それを「下らない」を言える。ただ教養がないものがエリートを僻むのとは訳が違う。

 ジョゼ・モウリーニョみたいな顔の悪役の小物感がたまらない。こういうキャラも、息子大好きという点もポイントだ。実力者だけど大物になりきれないキャラの構築、描写のうまさはさすがティムだ。

 グロさ、怖さも、欧米の御伽噺などがベースにあるようで、ティム自身が子供の頃感じた感情が下敷きになっていることが伝わってくる。幼い頃から凡人とは違った解像度で世界を観察していたんだろう。

 セリーナ・カイルが変身前に感じていた孤独や苦悩は、現代でさえ多くの女性が共感するだろう。同時に、ブルースが抱える複雑な思いも、この当時の男性がただ単に仕事、金、セックスにしか興味がなかったわけではないことを感じさせる。解像度に加え、観察者としての「画角の広さ」もティムは持ち合わせている。

 ニュースによれば、近々マイケル・キートンがこの作品で演じて以来のバットマン=ブルース・ウェイン役を再演するかもしれないらしい。DCの作品群も複雑化しているけど、思い入れがあるこの世界線のバットマンがどんな運命を辿ったのか。見届けたい。
ぶん

ぶんの感想・評価

-
キャットウーマンが当時の僕にはエロすぎて、興奮したのを覚えてる
しー

しーの感想・評価

2.9
1作目がとても良かったぶん、残念さが際立つ。
ティムバートン映画ではずれがあるほうが
珍しく感じる。
2020.4.26
これはミシェル・ファイファーのセクシーボディスーツとダニー・デヴィートの魚丸飲みをみるための映画。
たろ

たろの感想・評価

3.5
前作に比べてかなりティムバートン感がある
物語としては崩壊してると思うがそれを楽しむ映画なんだろう
なんとなくセカイ系っぽい映画

美術は超最高
特にアヒルに乗ってるペンギン達(動物)がすごく好き
ペンギン軍団もよい

ペンギンがもうちょい魅力的だったらなー
どうしてもジョーカーと比べてしまう
キャットウーマンとバットマンはアホっぽくてよい
バットマン中心じゃないので昔はなんかよくわかんなかったけど、様々な批評や解説、ノーラン版以降や翻訳コミックスを見てバットマンという作品の基本的な性質などをある程度理解してから改めて見たので凄く良いなと思った。
>|