ストリート・オブ・ファイヤーの作品情報・感想・評価

「ストリート・オブ・ファイヤー」に投稿された感想・評価

カカ

カカの感想・評価

2.5
サントラは超有名だけど、映画は観ていませんでした。
今、観ると結構笑えるけど、D.レインはとても綺麗だった。
絶妙なダサさもベタベタの展開も、もうなんでもいいや〜。
わ〜楽し〜って映画でした。
YN

YNの感想・評価

3.2
残念ながらわたしには80年代文化を楽しめる素養がないみたい。

服がダセエ!曲もダセエ!わははは!みたいな感じになってしまった。
なんならウィレムデフォーもダセェ!なんだその髪型!あとその動機!

能天気で子供っぽい話だし、キャッキャとしてるうちに終わる感じで、(ダセェ!と盛り上がるのも含めて)軽く楽しむには良いかなーという感じ。
さすが「人が死なないアクション映画」!(言うほどアクションあったっけ…?)
見てる端からストーリーが抜けていくし、まあストーリーなんてあってないようなものかなぁとも。

むしろ半べそのデフォーが見られたのが珍しくてよかった。
あとトムコーディはイケメンでよかった。
むさ苦しいかと見せかけて誰一人死なない軟派な映画。
だからとどめは、そっと押すだけ。

悪人もいない。
Wデフォーですらも。こんな変な髪形している奴は、絶対いい奴。

頭とケツのライブはめちゃくちゃカッコええけど、劇中全くロックしていない絶妙のダサさ。
総じて能天気な映画。
これはタマラン…。
超王道な展開が好き。
音楽も好き。
登場人物ほとんど服装ダサいのが好き。
maya

mayaの感想・評価

3.5
伝説の映画ようやく!


80年代の雰囲気最高!髪型とかファッションも魅力的だった
主人公イケメンすぎるね?声も渋くていい〜〜

行って帰ってくる感じはマッドマックス感ある
くるみ

くるみの感想・評価

3.5
マイケル・パレがひたすらにかっこいい。コーディみたいな男が女の人をダメにするんだ……私知ってる……


音楽がいい。80年代っぽいノリノリなサウンドが堪らなく気持ちがもりあがる。エレンとコーディの関係かすごくやきもきするし、マッコイとコーディの関係にもとても痺れる。

男女の恋愛の難しさ、友情の美しさ、小気味良さがいいバランスの映画でした。
今日はウォルター・ヒルの誕生日らしいっす、77才になるそうで。
なので録画としたこれを観ることに。

よく言われるウォルター・ヒルらしからぬキラキラした画質、MTV感覚とか。
なんか言われてみればそうなんだけど、よく見るとそこまでそうでもないような気も。
スモークがかった街路や主人公マイケル・パレの硬質でニヒルな演技、そして派手さはないが魅入ってしまう骨太なアクション。ウォルター・ヒルの核はぶれずにちゃんと画面に刻印されてるんだよなぁ。
やっぱ作家性の強い監督なんだと思う。そして、職人気質とアクの強さがうまく合体して地味ながら手堅く渋いアクション映画撮れる監督て今いないよなぁとか思った。

でも、ストリート・オブ・ファイヤーなんかノリにくい、、映画の出来が悪いてことじゃなくて、これロックの寓話と謳ってるわけだけど、そのロック観が色々自分の感性と合わなすぎて笑

だってまず、ダイアン・レインの曲って言うほどロックて感じじゃないし、ゴスペラーズみたいな人達も上手いけどやはりロックかって言われるとなぁ、、笑
そして何よりデフォー演じるレイヴェンだよ。
もともとロック・ファッションて黒が基調のスタイルが多いからチンピラ系の悪役とは親和性高い。なんで普通にやればかっこいいヒールになるはずなのに、魚屋さんみたいなツナギ着てるし、リーゼントはロウの頃のデヴィッド・ボウイに見えないこともないけど、盛りすぎてビーバップハイスクール寄りになってるし、、
違和感と気恥ずかしさに襲われてモゾモゾしてくるんだよ😂

ウォルター・ヒルはロックとかほとんど興味ないないんじゃないかと思った。

でも、しかし、とは言えやっぱりストリート・オブ・ファイヤーおもしろい。昔のハードボイルドや西部劇の古典的な一匹狼が美女のために悪党を倒す構造に、レトロフューチャーなセットや衣装、カラフルなカメラワークとパンチの効いた音楽で無国籍感をかもし出し異世界の話、文字通りロックの寓話を成立させてるオンリー・ワンな感触のカルト映画なんだよ!

ロック観が多少ダサくてもいいじゃないか。
オープニングにanothertime anotherplace の文字が出る。

今ではないいつか、ここでない何処か(ちょっと強引な意訳w)の話なんだから、そこで流れるロックがおれらの思うロックと違うのも必然なんだよ!

でも、やっぱダセえな😂
#再観賞
2019/01/09 映画館🏍
魚屋さんファッションのデフォー
が忘れられない
filmout

filmoutの感想・評価

3.8
ストーリーが単純な分、濡れたアスファルトやネオン街など美術に目が行きやすくて充実感がある。
寓話っぽくノイジーなトランジションの場面転換も良い。
良き80年代。

そういえばこの映画を見てMeatloafやHeart大好きでよく聴いていたのを思い出した。
>|