ストリート・オブ・ファイヤーの作品情報・感想・評価

「ストリート・オブ・ファイヤー」に投稿された感想・評価

さち

さちの感想・評価

4.0
ダイアンは美貌を保っているのがよくわかったけどマイケル・パレがこんなにイケメンだったなんてびっくりした。
ウィレム・デフォーの魚屋ルック最高だしやっぱ唯一無二だな〜。
takandro

takandroの感想・評価

4.3
まず地面(道路)からライブ会場に向けて行くまでのショット。これ!からのライブの盛り上がり!最高!暗闇からウィリアムデフォーの顔が出てきた時には満面の笑み!
2人がキスする所に向かってクローズしていくとこ。これが顔面アップ!
ラストのライブもめちゃくちゃいいよ…決闘シーン撮影頑張ってたらしいけど、あまり盛り上がらなかったか…
熱狂的なファンの存在する映画なので非常に言いにくいが、結局「ダサい」というところに行き着いてしまう。

マイケル・パレもエイミー・マディガンもやはり本作の役柄がベストだと思うし、ウィレム・デフォーの悪役も決して悪くない。リック・モラニスも懐かしい。でもやっぱり「ダサい」。

そもそも不良映画というものがカッコいいと言う前提自体に否定的な偏見を持っていることは自認しているが、それでも同じウォルター・ヒルの「ウォリアーズ」は結構面白かった記憶がある。

やはりこの映画に関しては冒頭ダイアン・レイン演じるヒロインの歌を特に他のシーンのバックにするわけでもなくフルコーラスにした時点でダメだった気がする。
ストリートギャングと流れ者の一匹狼との戦いを描く。

80年代の音楽満載。
ロカビリーからポップスまで様々な音楽が魅力的。

個人的にはやっぱりライクーダーのスライドギターがイイ!

映画というよりもミュージカルの様な一本。
主役はジョン・トラボルタでもハマるかも?!
最高!視覚の幸福に溢れてる。

路面が常に濡れてて最高、ネオンの色味最高、大雨最高、車の光り方最高。

物語は大したものじゃないけど、光の操り方が凄すぎる。ライブシーンの光と闇のコントラストがエグい。どうやったらこんなに上手く撮れるの?

大雨で抱き合って、カット変わってベッドイン。ずぶ濡れ。現実の時間や理屈を越える。これが映画です。

80年代最高のビデオクリップ映画でもあるな。スクールウォーズ、と思ったらヤヌスの鏡らしい。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.8
ダサい、古臭い、でもカッコいい。キャラクターと顔が一致している。悪いヤツは笑い方までワル。音楽もストーリーもテンポがよく、カットも素早くいい。ギラギラした光、ダサい服、古い言い回しの訳、そういう部分も楽しめる。邦画の『狂い咲きサンダーロード』はこれの親戚っぽい。
な

なの感想・評価

4.0
80年代の公開当時に、僕がこの映画観たら「いやだなぁ、ギラギラだなぁ、嫌いだなぁ」と思ったはず。でも、30年の熟成を経て、イイ味する作品に。

めちゃくちゃ燃えた!
余震で睡眠不足なのか、楽しみにしていた映画だったのに、ウトウトしてしまった…。
水溜りに映る派手なネオン。ライブ会場に集まる若者たち。街を流すパトカー。始まり方も良かったし、ダイアン・レインが、幼さの残る細い体で激しく歌うのもよかった。ヤヌスの鏡懐かし!
ポスター(裏に解説)をもらった。デザインかっこいいな。
悪役のウィレムデフォーって様になりますよね。。。かっこよすぎる。

成功者だと自負し金があるから偉いと思い込む勘違い男のマネージャー腹立ちます。結局自分の力で何もしてませんww

マイケルパレとウィレムデフォーの善悪の対比どっちも甲乙つけれないほどかっこよくて魅力がある。
久しぶりに、ってか34年ぶり(!)に劇場鑑賞。
公開当時からストーリーも古くさいし、なんだかガチャガチャした映画だったけど、実はけっこう好きだった。平成最後のいま観ると、日活映画みたいなベタな展開もなかなかチャーミングに感じられる(韓国映画のおかげかも。マイケル・パレの役は、チョン・ウソンとか韓国の細マッチョ俳優がやるとピッタリ)。これどうなんだ? って感じだった微妙にダサい衣装(マイケル・パレの肌着+サスペンダーとか、ウィレム・デフォーの黒革の裸オーバーオールとか、ダイアン・レインの赤いスパッツとか)も、ひと回りして悪くなくなった。
そして何よりライヴシーン。「Nowhere Fast」と「Tonight Is What It Means To Be Young(邦題は「今夜は青春」ですよ!)」をちゃんとフルコーラスで聴かせるのが最高だった。たたみかけるようにどんどん展開していくメロディーが、80年代っぽいんだよね。入口でサントラ売ってったから買っちゃった。10曲入りで、先の2曲が1曲目と6曲目に入っているのがLP時代を感じさせる。「B面の1曲目」というポジションがあったんだよね~(しみじみ)。
>|