エンバー 失われた光の物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「エンバー 失われた光の物語」に投稿された感想・評価

トム・ハンクスが製作を務め、ジェニー・デュープロのSF小説「エンバー」を映画化したファンタジー・アドベンチャー。

いやー凄い久しぶりに観たけどやっぱりよかったなー。
無難なファンタジー映画って言った所で
当たりでもなくハズレでもないって感じの作品です。
主演のシアーシャローナンがこの作品に
合っているほどいい味を出している。
作品の話しも万人受けする話しになっているので老若男女問わず誰でも観れる作品ですね。
sena

senaの感想・評価

3.3
雑で軽くて薄いとも言えるが、これは、小学生が読むファンタジー小説みたいでめちゃくちゃ普通にたのしい!シンプルな気持ちで落ち着いて観よう。
とにかくアートワークとかセットが凝っててスチームパンクな世界観も良くて、誰もが好きな隠し部屋とかも出てきてワクワクする。ただやっぱり、映画やストーリーとしては細かいポイントの説明が少なかったり情報が足りてないっぽい部分とか回収しきれてないところがあるから、原作の本を読みたいな〜と思う
静

静の感想・評価

3.0
難関無くておもろいけどたのしい
いろんなデザインがかわいかった
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.9
 危機に陥った人類は200年間持ちこたえられる地下都市エンバーをつくった。地上に出る手段を入れた箱は代々市長に受け継がれていたが、やがて途絶えてしまう。そして200年が経過して。。。

 これはファンタジーっぽいつくりだけど、設定的にはSFなのね。無理があるようにも思えるけど、この設定は嫌いじゃないなぁ。
 主役の女の子の可愛さがいい。
 しっかしあの程度の地下施設で耐えられる危機ってなんだったんでしょう?
人類存続のために造られた地下都市エンバー。都市が老朽化し、とある男女がエンバーからの脱出を試みるというファンタジー。

良くいえばテンポが良いといえるけど、全体的にあっさりし過ぎているというか。基本的に「困難にぶつかる」→「解決」の繰り返しで、幼児向けの絵本を読んでいるかのようだった。

地下都市の造形は細かくて世界観に没入できた。が、反してストーリーは大味で、細かいところを気にし出すとツッコミが止まらなくなるので、深く考えずに雰囲気を楽しむのが正解かもしれない。

それにしても、日本版のDVDのジャケットのダサさか凄いなあ。
犬

犬の感想・評価

3.0
街のスチームパンクっぽさは好きだけどなぜ生き物が巨大なのかや、なぜ地下に住むことになったのか…などの細かい事かもしれないけどその辺の設定の曖昧さにモヤモヤしてしまう作品でした。
SanaeShiba

SanaeShibaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

シアーシャローナンは本当にいつも走ってるイメージ😅笑

設定はすごい好きなやつ!
脱出の仕方とかアドベンチャー感は本当に面白いんだけど、細かいところが雑な感じ💦

食料減ってるにしてはそんなに危機感感じないから、そこまでして逃げたい?って思った☹️
なんで地上で生きられなくなったの?
市長が食べてた食料はどこから来たの?
たどり着いた地上は明るかったけど、食料は大丈夫なの?人は住んでるの?
気になるーモヤモヤするー笑
カメラワークがファンタジー感あってよかった。
あとはいまいち盛りきれなかった感じ。
スチームパンクっぽさとか冒険感のある作品。
きゅう

きゅうの感想・評価

3.5
地下都市の壮大さ!自然の光はないけどすごく細かくて綺麗だった(えんとつ町のプペル思い出した)。役割とか秘密とかそういう設定はワクワクしたけど中盤からとんとん拍子に進んでて個人的にはちょっと物足りなさがあったな…近未来生物もう少し観たかった。ビル・マーレイ!!!!
大昔に見ていたのを思い出して再び鑑賞
街の造形美(スチームパンクっぽいとこが)大好きね
他の方がレビューしている通り、なんで餓やクワガタがデカイのか、なんで地下都市に移り住むことになったのか一切説明がないのでもやもやしたまま終わってしまった…
底なんとかすれば星4いってたかも
>|