ブラザー・ベアの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブラザー・ベア」に投稿された感想・評価

ほぬ

ほぬの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

小さい頃は重たくてあまり好きではなかったのだけど今見返すといい話だ〜
オーロラの表現が本当に綺麗で、手描きサイコー!の気持ちになるけど、時折入るCGがザ黎明期という感じで気になってしまう(手描き大好きマンなだけ)
コーダのママがオーロラから降りてきてコーダに頬擦りするシーンがあまりにも愛おしそうで、コーダの嬉しそうな様子もかわいくって、会話はないけれど完璧な愛情表現で泣いちゃった…🐻
話はずっしりしてるけど、エンドロールに挟まるショートショートがお口直しになるね コーダめちゃくちゃかわいい。
Fort wilderness で描いてたの知らなくて、せっかくファイヤーサイドの上映会をしてたのに翌日が早いからとパスしてしまったのをちょっと後悔している🐻
Kumo

Kumoの感想・評価

-
小学生の頃祖母と。
20年くらい前でほとんど覚えてないけど泣いた記憶ある
ゆりの

ゆりのの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

舞台はマンモスがいた頃のはるか昔、イヌイットの三兄弟の末弟キナイが主人公。長兄シトゥカ、次兄デナヒと暮らしていたが、シトゥカが弟たちを熊から守るために死んでしまい…。熊への復讐を誓い、熊を殺すことに成功するも、自身が熊の姿に変えられてしまったキナイ。子熊のコーダに出会い、熊にも命や愛する心があるこもを知っていく。


ディズニーにしては重いテーマだけど、結構おもしろいな〜って見てたらまさかの結末!?いいんかい!そんなのあり?熊のまま生きていくだって!?デナヒ、兄弟どっちも失ったようなもんだし可哀想。
個人的な考えですが、人は人としてしか生きていけないと思うのです。ディズニーの過去作、ジャングルブックでは(動物に姿を変えられるわけではないけど)ジャングルで楽しく生きていた少年が最後は呆気なく、村娘に恋してフラフラついて行き、恐らく人間として生きていくことになる。ジャングルブックはラストに突っ込んでいる感想もよくみますが、私これでいいと思っている派なんです…。
コーダはかわいそうだけど、キナイは熊含めた動物や自然の営みや愛に気づき、人間に戻る…って結末じゃダメでしたかね。
熊として生きるということは、実質人間としての今までにさわうならすることだし、なんだかモヤモヤしてしまいました。

不必要な殺生はダメですが、太古の時代、人間が熊を殺すことも逆のことも山ほどあったと思います。どちらも生きるために必死だったことでしょう。その答えとしてはちょっと綺麗事過ぎるかなー、とも思いました。


でも、テーマとしては結構好きなディズニー作品でした。評価が難しい。
ブラザーベア シリーズ1作目

ディズニー、アニメーション映画史上隠れた名作No,1!

以外にも古くて良作がディズニーにはいっぱいあります。
ディズニーランドやシーのその映画のキャラクターがいたり、劇場公開していた作品であったり、という概念で
これはディズニー映画!っていきがちですが、
ビデオ販売されていた過去作品でもこういった隠れた名作は結構あるんですよね。その中の1つです。

イヌイットの少年キナイは、死んだ兄の敵を討つためにクマを殺すが、“グレイト・スピリット(大いなる精霊)”の怒りに触れ、クマに姿を変えられてしまう。兄弟愛など本当に大切なことを学ぶまで、クマとして人生を歩むことになったキナイは、再び人間に戻るために旅をすることになる。そして、ハラハラドキドキの冒険の中、野生の仲間たちと出会う。

もっとこの映画は評価されて、大舞台に立っても良いと思う。
といっても確かにディズニー映画らしからぬ、プリンセスとかプリンスとかお城とかそういった華々しい作品ではないですけどね。
でも、失った大切な心を取り戻すというか、大人向けにはなってしまう物語だからなのかなと思います。
でも、作品だけではなく、音楽も素晴らしいです。
有名なフィルコリンズがメインソング歌っていますしね!

観てない方は是非この機会に、このレビューを見たきっかけに観てください!おすすめですよー
ねね

ねねの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

予想外にいい話!最後はまさかのクマとして生きる選択…!笑
でもその方がいいと思う。クマでいた方が優しい性格だし🥺
コーダがかわいかった!🐻❤️
irieeee

irieeeeの感想・評価

4.3

子供の頃映画館で見たぶりの鑑賞

モイナからのブラザーベア
1日で2本見たけど
やっぱりこうゆうスピリット系好きだなあ

トーテムのタトゥー憧れる
すみた

すみたの感想・評価

3.7


ちょっと昔のディズニー作品を、ラフにのんびり観ようと思って選んだ作品
動物の中ではくまが1番好きなわたし
小さい頃からくまと言えばわたし、くらいのマインドで生きてきた節があったので、今回も仲間たちを見ているような感覚でみてました(謎😂)

さて、よくある人間対動物のストーリー
自然を大切に、とか
命を大切に、とか
そんな大きすぎるテーマで語られるお話って結構いっぱいあると思うけど

この作品を小さい子にみせて
人と自然の本質的なこと、現実的なこと、作り手が伝えたいこと、って果たして伝わるかって言ったらなんか難しいような気もする

ただ、キナイがくまになってから学ぶ、初めて気づく、そのひとつひとつは
見てるこっち側にも、たしかに新しい世界を見せてくれる


キナイのトーテムに込められた"愛"の
大きさ、大切さ、尊さに
気づけたとき、キナイもひとつ人として(くまとして?)大きくなれたんじゃないかなって思ったりする


なかなかこの手のテーマを、ファミリー映画で大人が納得いくように収拾つけて結末をとじるって難しいよなぁと思います


コーダとキナイがだんだんとお互いに心開いていく、楽しいシーンはとても好きだったし、コーダが可愛すぎました




すっごく既視感あるタイトルとビジュアルだと思ってずっと頭に引っかかってたんだけど、観たあと調べて気づきました

小さい頃、よく本屋さんにあった正方形くらいのサイズの薄めの童話の本ありませんでした?軽めの絵本みたいな
あれの表紙があたまにこびりついて剥がれなかったみたい
でもね、内容は一切読んだ記憶ないの🤧😅
marcy

marcyの感想・評価

-
テーマは重く、いくらでも面白くできる内容なのに、どうしてこうなった?明らかに描写不足。終盤にかけての展開が早すぎ。
狩猟民族イヌイットの三兄弟
アラスカ州のキナイ半島にあるキナイ・フィヨルド国立公園
サーモン・ラン

導きを象徴する鷲のトーテム
知恵を象徴する狼のトーテム
愛を象徴する熊のトーテム

キナイはホアキン・フェニックス
グレイト・スピリット日本語版は天童よしみ
ごとー

ごとーの感想・評価

2.8
2022/06/10
字幕翻訳
フィルコリンズにティナターナーにって豪華すぎるません!?
人間のときは熊が恐ろしいもののように描かれ、
熊の時は人間が恐ろしいもののように描かれるのがとてもリアルで凄かったです。

熊になったときに人の言葉は喋れないのになんで聞き取れるんだ?と思わなくはないです。

愛で乗り切っちゃうのはディズニーの良いところでも悪いところでもある気がしました…
>|

あなたにおすすめの記事