上流社会の作品情報・感想・評価・動画配信

「上流社会」に投稿された感想・評価

pier

pierの感想・評価

4.1
グレース・ケリーの最後の出演作なのが勿体無い。
本人役のルイ・アームストロングが、最初と最後にきっちり締めてくれる。
百合

百合の感想・評価

2.8
グレース・ケリーをここまで美しく撮れないなんて!とヒッチコック映画派の私が叫びたい。あとカラーのコントラストが美しくない。
ストーリーが同じ「フィラデルフィア物語」をお勧めします。
犬

犬の感想・評価

3.5
プライド

2度目の結婚をしようとしていた富豪の娘トレイシー
そんな彼女の周りで起こる恋模様を描くミュージカルコメディ

ルイ・アームストロングの歌から始まる

豪華スター共演

いろんな歌があります

カラーで華やか
コミカルでした

金持ちの生活

会話

それぞれの関係
ゴタゴタがどうなるか

グレイス・ケリーの水着姿も良かったです
サッチモの音色にクロスビーが乗っかってたのが途中から逆になってたのがウケる。原作が生理的に無理な上にミュージカルまでぶっこまれて瀕死。

引退ってことで映画撮ってもらえるとか、ロバート・レッドフォードレベルじゃないすか。
粉雪

粉雪の感想・評価

3.5
このミュージカル映画の見所は…

光り輝かんばかりのグレースケリーの美しさ✨
クロスビーとシナトラと、ルイアームストロングの歌と音楽と🎶

ストーリーはなんてことなくても、それだけでずっと見ていられるから不思議。

あと、特典映像のセレステホルムのインタビュー。
モナコ大公と結婚が決まっていたグレース最後の映画。現場に婚約指輪を持ってきた話。
大公との食事会で、失礼なトークをした映画関係者に凍りついた事。

シナトラは撮り終えると「さぁ、次に行こう!」
クロスビーは常に「もう一度、いいかな?」
2人の性格の違いのせいで撮影は難航したとか。

元になった「フィラデルフィア物語」も見たくなった。
じょな

じょなの感想・評価

3.5
ビング・クロスビー、グレース・ケリー、フランク・シナトラ、ルイ・アームストロングというエゲツない面子で当時は大ヒットし、作中曲もミリオンセラーになるなどした作品なのにもかかわらず、現在となっては埋もれた名作となってしまった本作。

ただなんと言ってもこれはグレース・ケリーの可愛さ爆発映画です。グレース・ケリーのセクシー衣装も見れてぼカァ満足です。おちゃらけた演技も新鮮で素晴らしい。

ビング・クロスビーはある意味イメージ通りだったけど、シナトラはこんな演技するやなー演技力ちょー高いなーって思って観てました。

結局、上流社会で何を表現したかったのか?真実の愛?とかよく分かってませんが、とにかくみんな楽しそうで何よりです。色々ご馳走様でした。
Mariina

Mariinaの感想・評価

4.0
なんじゃそりゃ!笑 って感じのストーリーやけど、この映画はグレースケリーの(女優引退前最後の)美しさと、音楽を堪能する作品。

ビング・クロスビー、フランク・シナトラ、ルイ・アームストロング(本人役)の歌のシーンと演奏シーンは全部鳥肌もの。
umihayato

umihayatoの感想・評価

5.0
ルイ・アームストロングバンドをバックに歌うビング・クロスビー。
ここは天国なのか。
酔っ払ったグレースケリーもかわいすぎるだろ。。

上流階級や庶民に関係なく
所有欲やメンツのために、人付き合いや結婚をすることは何よりも間違っていると思います。
真実の愛をみんなが見つけられることを。
Makiko

Makikoの感想・評価

3.9
グレース・ケリー目当て。

上質な娯楽!
軽いタッチの作品ではあるけれども、あらゆるキャラクターが魅力的に描かれていて無駄を感じさせない。サッチモのバンドもいい味になってる。

キャリア絶頂のグレース・ケリーを、これでもかというほど美しく撮ってくれて…ありがとうございます…!!彼女の代名詞「クール・ビューティー」は影を潜め、本作では勝気で酒癖の悪いお嬢様という役どころ。こちらの方が自然体っぽい。
風刺なところは当時の社会を知らないと難しいところがあるれけど、アームストロングさんのオープニングも楽しく、全編上質。グレイス ケリーが360度完璧で、何しても美しくて瑞々しくて女神だった。ひえー
>|