野郎どもと女たちの作品情報・感想・評価

野郎どもと女たち1955年製作の映画)

GUYS AND DOLLS

製作国:

上映時間:150分

ジャンル:

3.5

「野郎どもと女たち」に投稿された感想・評価

AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.5
ドン…!
苗字が同じままだと女は咳が止まらないってかんわいー
ニューヨークで胴元を行うギャンブラーのネイサンは、賭場を開こうとするものの、警察の取り締まりが強化される中で安価で賭場を提供してくれるところなどなく、金策に手を焼いていた。旧知の名賭博師スカイを見かけたネイサンは、プレイボーイの彼を言葉巧みに誘導し、ある女性を引っ掛けられるかどうかの賭けを唆す。提案に乗ったスカイを待っていたのは、鉄壁のガードが緩まない救世軍の女軍曹サラであった。

実際のブロードウェイ・ミュージカルの映画化なので、ミュージカルシーンはよく出来てる。セットも舞台らしいチープでポップな作り、舞台はニューヨークのチンピラどもなんでダンスナンバーは〖ウエスト・サイド物語〗のようで魅力的。

話自体はとくに捻りがなく、ブロードウェイミュージカルらしいハッピーでかわいいラブコメなんですが、なんと言ってもマーロン・ブランドですね!
ミュージカルといえばのフランク・シナトラ、彼の歌を差し置いてマーロン・ブランドの存在感。かっこいい。彼のこういう役ってとても珍しい、可愛い。

ミュージカルだからかこの時代だからなのか、だいたいキャストはみんなどうしても舞台演技になってしまうんですが、ブランドのさらりとした自然体の演技が見事です。彼だけ何か憑依しているみたいだけど、ほかの人の演技と比べても浮いてこない。ほんとに絶妙に見事な演技をする方です。
囁いているときのセリフのハスキーな声色、しなやかでさりげないしぐさのひとつひとつすら目が離せなくなってしまう。

あ、ただ単に私が好きだからですね。

アデロイド役をマリリン・モンローが熱望したらしいが、確かに似合うけどヴィヴィアン・バレインの美しくもコミカルなキャラクターがとてもあっていた。
レビューの踊り子たちの衣装が当時のわりにけっこうエロい。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.4
あのマーロン・ブランドがミュージカルに出てる作品。

彼は声が特徴的でそこが魅力的だと思うので、歌声にも痺れた…。

冗長で退屈することもあったが、最初のブロードウェイの華やかな演出や、下水道でのダンスパフォーマンスなど楽しくて好きなシーンもあった。

ストーリーとしてはそんなに面白くないけれど、ミュージカル映画なのでパフォーマンスが良いから🆗。

歌が結構がっつり会話調が多いのも特徴的かも。

正直、歌がそこまで心に残らなかった…。あくまでも個人的見解だが。
stalkaway

stalkawayの感想・評価

3.0
古き良きミュージカル映画。コメディミュージカルとはこうあるべき、という見本のような作品。
とりあえず、クラップやろうぜ!
きょん

きょんの感想・評価

3.0
ミュージカル映画は苦手だけれど、マーロン・ブランド目当てで鑑賞。
歌って踊っておまけにスーツ姿がとっても素敵だったのでそれだけで十分。
マーロンブランド作品はまだ数本しか見ていないけれど、こんな役は珍しいのではないだろか。
まどか

まどかの感想・評価

3.5
MGMの王道て感じ。

セットのニューヨークだとわかってても、行く人来る人みんな踊りながら通り過ぎてくのは観てて楽しい。
踊りだけで表現してるシーンがいくつかあって、それがとっても良かった。多分これは舞台で観た方が楽しい。
アメリカではブロードウェイ版、映画版共にとっても知名度の高いミュージカルなんだそう。キャストはシナトラ様と、まさかのマーロン・ブランド!!

舞台はニューヨーク。賭博師のネイサンは、賭博を開く場所が設けられず困り果てていた。そこにベガスで大勝ちした別の賭博師スカイが戻ってくる。賭博場用の千ドルを巡って、2人は賭けをすることになり...。

150ぷん。なっ、長い...。賭博師スカイと救世軍の娘サラの恋、ネイサンとショーガールのアデレイドの恋を中心にしたお気楽なミュージカルなんですが、思ったよりもストーリー部分が長くて、歌うシーンと同じくらいのボリュームに感じました。
でも冒頭ニューヨークでの人々のハチャメチャな日常を描いたオープニングに始まり、特筆すべきナンバーが数多くあり楽しめました。ブロードウェイで人気が出るのもうなずける、派手な楽曲が多くて良かった!!
ネコの格好をしてアデレイドが踊る'Pet Me Poppa'、賭博師たちが罪を告白するシーンで歌われる'Sit Down You're Rocking the Boat'、マーロン・ブランドが歌う'Luck Be a Lady'が特に印象的でした。セットもディズニーランドのトゥーンタウンみたいにポップで、衣装も原色を使った豊かな色彩。レトロなミュージカルが好きな人は絶対好きな作品だと思います。

肝心なマーロン・ブランドはというと、今まで観た彼の作品の中ではダントツにカッコよかった!ダブルのスーツを着こなして、軽快に歌って踊る彼を観られる日が来るとは思いもよらなかったなぁ。シナトラとブランド、理由は会えて伏せますが、2人とも誰よりも賭博師役が板についている感じがしました(笑)。
ジーン・シモンズもシェイクスピア劇など堅い映画のイメージが強かったので、こんなミュージカルに出ていたとは驚き。

中だるみも少しあったけど、豪華絢爛で楽しい一本でした!
full

fullの感想・評価

-
画面小さいけど、その分字幕で映像が隠されなかったからよかったです。
マーロンブランドさん歌ってます!想像していたよりお上手でした!
YutoOnji

YutoOnjiの感想・評価

5.0
クレジットを見た時なぜか背筋に悪寒が走ってなぜかと思ったらヒロインの女優の名前がジーン・シモンズだった…

そのジーン・シモンズが可愛い。酔っ払って歌うところが特に。コウモリは食べない。
マーロン・ブランドは自伝でさんざん言ってた割に歌が上手くて安心。
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.3
N.Y.のふたりのギャンブラーが、颯爽と登場。
演ずるのがマーロン・ブランド&フランク・シナトラという豪華な顔合わせ。
ブランドはご存知、後にゴッドファーザーになる程だし、シナトラは私生活でマフィアともキナ臭い噂の合った大物だから、両名の醸し出す”ホンモノ感”がハンパない。貫禄も洒脱っぷりも文句なし。
同じく裏家業の詐欺師コンビを描いた『スティング』がダマし騙されのハラハラを味わう快作だったのに比べ、ミュージカル仕立てのコチラはもっとのんびりとした感触。
ラウンジにゆったりと腰をおろし、賭けに興ずる人々やステージでの華麗なショーを眺めている…といった趣き。
自分は、”カジノ法”が成立すると大規模なカジノが出来ると噂されている横浜に住んでいて、ギャンブルには反対なんだけど、こんな成熟したエンターテイメントが生まれるのなら、ちょっとは許せるかな…ってだまされそうになる位の魅力はある作品だった。それでもやっぱり反対だけど(笑)。
>|