サマー・ストックの作品情報・感想・評価

「サマー・ストック」に投稿された感想・評価

はあー、楽しかった。ジュディとジーン・ケリーが出演しているから、どうなるかは分かるけど、その過程が丁寧に描かれている。2人でクラシックなダンスを踊ってからタップを踏みだしたり、ジュディが歌ってるのをジーン・ケリーが聞いてたりして、すごくロマンチックでときめく。
ラストのオチもちゃんと伏線を張ってあるからいい。
今作はジュディのMGMの最後の作品になったそうだけど、ジュディの可憐さ、好感度の高さは相変わらずで、キレる場面では笑った。

「ミュージカル映画特集III」@シネマヴェーラ渋谷
終盤の農夫役の役者が二人で踊るシーンが古いディズニーアニメーションみたいに見えた。相互に影響あったのかしら。
トラクターがある時代とは思えない、19世紀かと思うような古い価値観
みぽち

みぽちの感想・評価

3.9
ジュディガーランド×ジーンケリー
ジーンケリーの迫力あるタップダンス😍👏アステアの軽快で繊細なステップとはまた違うよさがあって素敵💃🕺
このコンビの作品もっと観たかった!
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.9
ジェーン(ジュディ・ガーランド)は経営困難になりかけの農場を1人できりもりしていた。そこに妹のアビゲイルが都会の劇団一座を引き連れてやってくる。納屋を劇場にすると言い出すのだが…。

設定が面白い!笑 ジュディ・ガーランドは農作業の格好も似合っててかわいい。

そしてジュディ・ガーランドとジーン・ケリーのダンスシーンはやっぱり圧巻!

ジーン・ケリーの新聞紙を使ったタップダンスが凄すぎる!ずっと観てられる。目をつぶって音だけ聞いていても楽しめるダンスだった。

歌も耳につくものが多くて、特にやっぱり"Get happy"が好き!

展開はこの時代のミュージカル映画、って感じだけど設定の独自性とパフォーマンスの素晴らしさがよかった。
あんま覚えてないけど傑作だった気がする。Get Happyは名曲。
saasa

saasaの感想・評価

4.0
ジーン・ケリーの新聞紙と床のきしみを使ったダンスが好き!

ジュディ・ガーランドの歌とジーン・ケリーのステップがさすが!てかんじでした(^^).*

面白いしドキドキするし…
どのナンバーも素敵でした.。゚

そしてジュディ・ガーランド最後の作品…
体型が変わってしまって残念だけど
体調悪い中よく撮影できたなーて思いました(><)
mmm

mmmの感想・評価

4.0
開始早々「If You Feel Like Singing,Sing」でジュディ・ガーランドの歌唱力の高さを改めて実感。
買ったばかりのトラクターに乗りながら歌う「Happy Harvest」の幸福度も高い。このトラクターが後に破壊されると思うと切ない。

ジーン・ケリーのタップダンスの見せ所「Dig-Dig-Dig Dig For Your Dinner」。他の劇団員の手拍子とコーラスがさらに曲を盛り上げてくれる。

パーティー会場でケリー&ガーランドが踊る「The Portland Fancy」も良い。ここで2人の仲がグッと深まる。
そして「All For You」。白と黒を基調とした画面が映える。曲もこれが1番すき。

『ジーグフェルド・フォリーズ』の「A Great Lady Has An Interview」を見て思ったが、ジュディ・ガーランドは男性に囲まれる画がとてもハマる。「Get Happy」のクールなレビューではそれが顕著に表れていた。これこそスタアの風格。
ジュディの体調が悪い頃に撮影された作品。最後のget happyのイントロはマイケルジャクソンのVMA 時dangerousのイントロで使われてるんですよね!確か。
音楽もいいし個人的にはジュディが出演してる映画で割と好きな作品。機会あればまた観たいよ
20170830
Get Happy目当てで。ジュディ不調の曰くもありつつ、安定のクオリティ。
mingo

mingoの感想・評価

3.9
アステアとロジャースのコンビも良いけど、ジーンケリーとジュディガーランドのペアも良い。母性ハンパない。フォーミーアンドマイギャルのスレンダーも良いけど、これくらいの体型の方が男性的に良い。もうほんと「良い」しか言ってないんだけど、舞台セットも衣装も良い。音楽もやっぱりめちゃくそ良い。
>|