クリープショー2/怨霊の作品情報・感想・評価

「クリープショー2/怨霊」に投稿された感想・評価

監督がジョージ・A・ロメロからマイケル・ゴーニックに替わり、話数も全3話になりましたがその分1つ1つのストーリーが面白くなってました💕前作より好きかも(´˘`*)
第2話「殺人いかだ」は傑作で子供の頃に観ていたら絶対にトラウマになるだろうなぁ…個人的には第1話「木彫りのインディアン人形」が好きです!第3話「殺人ヒッチハイカー」はオーバーキルすぎて笑いましたねwww
うに丼

うに丼の感想・評価

3.0
前作に比べるとスケールダウンは否めないが、これも面白いキング原作Xロメロ脚本のホラーオムニバス。

個人的には第三話のヒッチハイカーのゾンビがしつこくて笑えた。

どれもキングが考えそうなシチュエーション&モンスター&オチで、お子様向けの観やすい作りなので、ホラー初心者にもオススメ。
shino

shinoの感想・評価

2.5
小さい時に見たけど、今だに印象に残ってるぐらい怖かった。
3つのエピソードの中の、筏の上で黒いスライムみたいな怪物に襲われて、1人ずつ貼り付き湖に落とされて、消化されてく。
最後も、その時期の映画では見ない終わり方で未だに憶えてるくらいだから、怖い印象が焼き付いてたんだろうな。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「クリープショー2」
3つの物語とアニメーションが進行役になり進むオムニバスホラーでその中でも2話目の「筏」は大傑作で湖に遊びに来た若者達が筏の周りに突如出現した得体の知れない殺人液体物に襲われる話は何度も観たくなるアメリカ古典的な作風でオチもかなりヤバく長編にしても良い程最高!
クリープショー1のラストがトラウマになるほど気持ち悪かったのでこちらもウキウキにて大好きなオムニバスホラーを劇場で鑑賞。
池の話は怖すぎて一生忘れない作品となりました。ありがとうクリープショー!

…あれは一体何だったんだろう…。
ソミス

ソミスの感想・評価

3.2
子供の頃のトラウマです。
いとこの家で見せられた…

2話目のイカダの話が怖くて、あの色の池を見るとゾッとします。

今は平気で見れますが、ホント怖かったんですよ…
tofu

tofuの感想・評価

3.5
3話のオムニバス。

復讐モノ、未知の生物モノ、ゾンビ?モノ。

個人的には2つめの「殺人イカダ」←こんなタイトルだった気がする。
特殊メイクもなかなか良く、小さい頃の私はトラウマを残すことになった。
特に2話のヒロイン?の悶絶演技や絶叫が恐ろしい。

冒頭やエンドロール前に挿入されるアニメパートが良いスパイスになっていてセンスを感じる。

こちらのレビューに書いてしまうが
「1」は全5話で、まずまず楽しめるが
「3」に関しては御粗末な出来。ストーリーも特殊メイクも雑で陳腐。
いわゆる"記録"の映画です。

思い出しレビュー。
昔、金曜ロードショーで、
クリープショー2が放送されたのですが、
その時に、ダイジェスト版の
皆様のトラウマシーンである、
クリープショー第5話が、お茶の間に流れました。
私は指の間から、しっかり観てしまいました。
それ以来、異様にGが苦手になった。

さて、クリープショー2の方は、
そんなインパクトある映像の後だったので、
記憶が薄れてしまいました。

なので、記録。
ノッチ

ノッチの感想・評価

3.5
「老夫婦の店を襲い殺した若者達に復讐する木彫りのインディアン像」、「筏の浮かぶ湖に出現した正体不明の人喰い液体生物」、「ハイカーをひき逃げした女性ドライバーに付きまとうゾンビ」の3つのエピソードから成るオムニバス・ホラー。

『クリープショー』の続編。

海外版、『世にも奇妙な物語』ですね。

B級らしさが出てて、プラス安っぽさが出てて、それがさらに不気味さを加えてるっていう感じ。

単純に前作と比較すると、コンセプトの捉え方に違和感がありますが、通常のオムニバス・ホラーとして鑑賞すれば、物語それぞれの出来はけっこういいです。

オチも小気味良く利いている事に加えて、一気に通して観るには程よい長さだと思います。

物凄くソフトタッチなホラーで全然怖さは期待できませんが、大魔神と化したインディアン像に強盗が復讐されるエピソードや、ひき逃げ犯を被害者の怨念が追い詰める話など、全体的に勧善懲悪と言いますか、チビッコ向けの戒め的な内容でとても好感が持てました。

サブタイトルに「怨霊」とついてるが、真の意味での「怨霊」は第3話だけだったり・・・・・・

ちなみに、今作も原作者であるスティーヴン・キングが3話に出演しています。
maki

makiの感想・評価

3.5
小さなときみて
トラウマ(笑)

最近再度みた(笑)
なんかすごかった!

こわ面白い!
>|