巨人の星の作品情報・感想・評価・動画配信

「巨人の星」に投稿された感想・評価

なかなか、彼女できない❗️星飛雄馬

隠れたイケオジ❗一徹父ちゃん

実は、性格悪い❗️明子姉ちゃん

そんな明子にホの字❗伴宙太

前髪切れよ❗️花形満

打ってくんしゃい❗豊作あんちゃん

ほぼ、ボボブラジル❗野球ロボット オズマ

オーロラ三人娘❗橘ルミ

山奥の看護婦❗日高美奈

竜巻グループの女番長❗
お京

お京をゆする暴力団❗
西岡組

オリンピックランナー❗
速水譲次

スケッチブックの牧場君

まるごとダンディー❗️
川上監督

ほぼ、ヤクザ❗️
黒メガネの中尾二軍監督

青雲高校野球部一同

長屋の皆さん

み~んな、まとめて
さあ、行くぞ~🎵

🎵🎵🎵🎵🎵🎵🎵🎵🎵
おもい~こんだら
試練の道を~🎵
ゆくが~男の~🎵
ド根性~🎵

2題目👍

おもい~よ、アナコンダ
記念の写真~🎵
撮るが~早よ撮れ~🎵
五十肩~🎵
Akio

Akioの感想・評価

3.5
配信版のサムネイルのタイトルは「巨人の星 血ぞめの決勝戦」で
あるが、劇中のタイトルは公開当時の「巨人の星」のまま。

この映画は甲子園大会へ出発する迄の話で、甲子園大会での「血ぞめ
の決勝戦」は劇場版第2作の「巨人の星 行け行け飛馬」で描かれて
います。

本作は東宝チャンピオンまつりが始まる前の「緯度0大作戦」の同時
上映として公開されました。劇場版4作が次第に上映時間が短くなっ
て行く中で、この第1作は90分で最長。それでも気にならずに楽しく
観賞することができました。
まこー

まこーの感想・評価

5.0
超面白かった。テンポがとにかく良いし、タイトルバックは痺れる。雑な総集編ではない。
配給会社ロゴ→原爆の流れ。『仁義なき戦い』より早い。同年の『組織暴力 兄弟盃』もこんなだったような記憶。
備忘録用。1話だけ見返す。
実写の戦争シーンとの合成あり。
1話は非常によくできている。初見だと置いてけぼりになるだろうが、テンションの高さに理由あり。あんがい社会や歴史を反映している。歌も味わい深い。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.4
巨人の星総集編4部作の1作目。内容は1話から勝利のVサインまで。
絵が荒いし、野球描写は確かにめちゃくちゃ。

でも編集が上手いんだよね。だから1本の映画として単純に見やすい。

星一徹が終戦で(!?)帰ってきても、巨人の野球選手として復帰出来ず。失望した一徹だが息子の飛雄馬の才能に賭ける…所から始まるオープニング。
時代設定が終戦で一徹が帰還兵だってのも今考えると驚きなのだが、テンポが良いのでタイトルロールが出るとオオってなる。

養成ギブスで鍛えられる子供時代の飛雄馬。少年野球で花形をアウトに取り勝利。バッターが打球で捕手を痛めつける技に対して、逆立ちしてスパイクで跳ね飛ばす返し技が炸裂だ。これ野球か?さすが梶原一騎。

飛雄馬は野球の進学校に入学。学費を貯蓄していた一徹への「日本一の日雇い人夫」の賛辞が今では放送禁止用語とは…。
学校で幅を利かすPTAの息子で柔道の猛者・伴宙太とイザコザの上、バッテリー結成へ。星家のあばら屋で伴が飛雄馬を投げ飛ばすシーン、笑ったなぁ。窓ガラスぶち破るんだぜ。それも友情の証なんだわ。凄い世界。

一徹が学校のコーチとなり、校内のチーム対抗戦で飛雄馬と戦う。
飛雄馬の奢りを叩きのめす一徹。
基本的に巨人の星のフォーマットは、飛雄馬が天狗になり挫折と特訓で乗り越えるというもの。これが既に出来上がってるとわかる。

アニメーションとしては大ざっぱだが、作品自体のパワーは凄い。

あなたにおすすめの記事