KANO 1931海の向こうの甲子園の作品情報・感想・評価・動画配信

「KANO 1931海の向こうの甲子園」に投稿された感想・評価

小次郎

小次郎の感想・評価

4.1
実話に基づいた作品。

台湾の嘉義農林学校と甲子園。
時代は台湾統治時代、偶然にも

烏山頭ダム完成の八田與一と同時期

野球でこれほど台湾人も日本人も
大興奮し、厳しいけど当時の教育の素晴らしさが垣間見れました。

台湾旅行(昔の良き日本の足跡巡る)を計画してみようかな。
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.7
どの役者さんも演技が自然で良かった。
そして野球のシーン、臨場感があって観ていても力が入った。
甲子園の決勝戦は感動!
空

空の感想・評価

3.1
台湾の美しい景色をふんだんに満喫できる

日本統治下の台湾、嘉義農林が甲子園に来るまでの話

基隆に船が着きそのすぐ横から汽車が出ているの、いつか見てきた基隆の景色が一瞬映り、変わらない美しさがあるんやろなと胸が熱くなる

野球自体には興味はないがあの時代祖父母や母が台湾に住んでいたこともあり当時の台湾がどんなんだったかを知れることが嬉しい
そして興味なくても純粋に野球でもなんでも夢中になる少年らを見るのはワクワクする

視点は甲子園で嘉義農林と闘った札幌商業の投手なんやな

織り込まれていく嘉義に水路を引いて農業を発展させた日本人もいい。日本語を話す日本人のはずの役の子もぎこちない日本語で笑えるが、当時の台湾には蕃人(台湾原住民の部族総称?)、華人、日本人がいたということや、蕃人は足が速く華人は打撃が強く日本人は守備が優れている混合チームになるというの興味深かった。

この映画自体、台湾映画なんやな。でも非常に日本に敬意を示していてなんかやはり台湾への敬意が増す。若干冗長な気がする部分もあるが込めたかった思いがあるんやろな。統治下にしか行けなかった甲子園への想いや様々な状況を。

いやぁ美しい〜
さる

さるの感想・評価

4.6
若い頃はなにもが新鮮で夢中になれる、心への影響も大きい

台湾製作なのか、日本かと思った。日本統治時代の歴史に詳しくないけど、日本美化されすぎでは…?

3時間は長い
日本統治時代の台湾

台湾の高校が甲子園を目指し
本当に出場してしまった話です
日本人、台湾人、漢人などで
構成された野球チームが
人々の心を動かしていく
といった内容です

ドラマ自体は悪くなく
とてもいい話なんですが
3時間の映画ではなかったですね

CGが20年くらい古く見え
そのおかげでバレバレのため
使うならちゃんと騙して欲しいなと…
CGになるたび気持ちが覚めてしまいます

ただ熱のある映画ではあり
非常にもったいない映画でした

やっぱり金も必要なのかと…
あと、大沢たかおは
いるのか…

https://www.youtube.com/user/0314zipzip
yanagiiii

yanagiiiiの感想・評価

3.3
映像のクオリティ、効果音のクオリティ、場面の見せ方、それぞれのレベルが低い!
まあ、低い!
古いドラマを見ている様な感じ。
野球のシーンはわりとしっかり目に描く。

ただ、熱意は伝わった。
3時間はやりすぎ!
inenoha

inenohaの感想・評価

4.0
植民地期台湾スポ根高校野球もの.前々から勧められていたところ,いつのまにかアマプラに入っていたので鑑賞.ちょっと長過ぎる(3時間)が,素晴らしく爽やかな青春群像劇.植民地時代の差別の描写がぬるいのだが,これをあまりキツくすると別物の映画になってしまうゆえ,仕方ない.
まっく

まっくの感想・評価

4.2
仲間と夢中になって何かを目指し、そこに応援が加わったら最高の時間だと思う。
台湾の新日感が伝わってきた。
甲子園に行きたくなった。
つる見

つる見の感想・評価

4.5
実話なんだけど、熱い、野球っていいですね、台湾とは今後も友好な関係を続けて頂きたいものです
台湾人俳優の流暢中国語とカタコト日本語の使い分けも、聞き取りずらいけど、当時の日本語教育と異民族の交流感が物凄く伝わってきて良かった、これぞまさにワンチームです
あと、みんなフォーム綺麗だから見てられる
すみれ

すみれの感想・評価

3.9
戦前の台湾の街並みや服装、人種を超えた絆、青年たちがわちゃわちゃしてる姿、全部がたまらん。

KANO視点の甲子園だけじゃなく、日本チーム視点で甲子園のKANOを映してたのが良かった。

こっちの視点の方がリアルだから。

純度100%の青春野球映画。
>|