D-TOXの作品情報・感想・評価

「D-TOX」に投稿された感想・評価

ストーリー★3
吹替え度★2.4
リアリティ度★2.1
連続殺人鬼パニック度★3.7
総合度★3

ユニバーサル映画。

シルベスタスタローンの吹替えが、大塚明夫さんw♪
ガッカリでした😮‍💨

しかしながら慣れれば少しは我慢して観れます。
内容はいろいろな方がレビューされてるので、割愛させて頂きますw♪

個人的感想としては、それなりに観れると思いましたが、スタローンじゃなくても?と、ちょっと違う感じもする映画でした★
めぐ

めぐの感想・評価

3.0
過去に鑑賞。

閉ざされた空間で起きる連続殺人事件。
この設定が大好きなのでこの手の作品は内容どうこうより雰囲気が個人的には重要。
ロバートパトリックが出てるのもポイント高しです。

スタローンの弱い部分も観れる貴重な?作品かなぁと。さくさく観れるスリラーものでしたね。

このレビューはネタバレを含みます

精神を病んだスタローン刑事。
雪に閉ざされ隔絶された警官専用のデトックス施設へ。10人くらいいる中で起きる事件…

「物体X」的な犯人は誰?の設定は面白いんだけど、途中から名前がでても顔が思い浮かばず…
これは自分の問題だけど、それにしてもちょっと雑な印象。全員警官らしさも薄い。

いちばん残念なのは犯人の正体。
「で、君は誰?」

まぁ、しょうがないっちゃあしょうがないけど。何とか工夫して欲しかった。
S510

S510の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

処刑人(代替案が思い付かなくて絶望した)のお兄ちゃんが出演しているので観たのだけれど、全く記憶にない…見直すまで評価なし。
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.5
シルベスター・スタローン主演のサスペンス・スリラーです。今回スタローンは警官を標的にした連続殺人鬼に同僚と恋人を惨殺されるFBI捜査官役で、トラウマから酒浸りの廃人状態となった彼を救う為同僚が警察官専用の療養施設「D-TOX」に連れていき入所させますが、そこで次々と入所者が謎の死を遂げていくという、スライ版「そして誰もいなくなった」か、はたまた「かまいたちの夜」のような物語です。
まず出演者の豪華さに驚かされますね。主人公を心配する気のいい同僚役にチャールズ・S・ダットン、施設の管理者に「ブレイド」のクリス・クリストファーソン、管理人にトム・ベレンジャー、更にスティーヴン・ラングやショーン・パトリック・フラナリー、ジェフリー・ライト等の個性派俳優そろえてモブキャラの様に使い捨てにしたりします。ラングさんは最初出てきた時髭ないし若いしで分からなかった。中でも最初から攻撃的でイキリ散らし、終盤殺人鬼に追い込まれて泣きべそかくSWATのノアを流石の演技力でロバート・パトリックが好演してます。本当いい表情(特に終盤)見せてくれます。
最初から結構テンポが良くてダレ場がないのはいいんですが、登場人物が多いうえに個性派俳優使ってる割にはキャラの書き込みや掘り下げる前にバンバン殺されていったりするので、終盤誰が誰か解り辛かったり、「この人いるのかな?」って役回りの人が出てたりしましたね。自殺に見せかけた最初の殺人が起きて発作で倒れた人とかマジで終盤まで倒れたままであの人本当に必要だったのかな?この手の映画では生き残り多いですが、終盤犯人が分ってスライの指示で生き残りが警戒に当たる中スライと女医と犯人の追いかけっこが始まって他の生き残り殺されることもなければスポットライト当たる事もなくそのまま物語が終了したのは勿体なかったです。もうちょっと活かせなかったのか。
吹雪で閉ざされた施設での誰が犯人かの疑心暗鬼のドラマは「遊星からの物体X」彷彿させますし、換気ダクト使って自由に動き回る犯人は「エイリアン」彷彿させますね。
「ラストサマー」のジム・ギレスピー監督だけにサスペンスも盛り上げ方は中々上手かったです。ちょっとスラッシャーっぽい所もあって。ゴア描写はあんまりないけど、最初のドリルで目を抉られた犠牲者は結構グロい。
評価が低い理由としてやっぱりスライ主演なのに筋肉アクション封印されてるのがあるでしょうね。アクションほぼないですし、何時もと違って酒浸りで病んでるスライは新鮮ではありますが、多くのファンはいつもの筋肉アクション見たかっただろうしね。最後の戦いも苦戦してますし。本人は「こういうのもできるんだぞ」っての見せたかったんでしょうが。
犯人はボイスチェンジャー使ってても最初の電話の声の感じからすぐわかりましたね。大体親切だったり協力的な奴が怪しいよな。正体現してからはそこまで凄腕な感じも不気味さもなかったな。
最後に犯人を二回殺す所はスカッとして悪くなかった。
スタローン主演という事でアクションメインで鑑賞するとがっかりすると思いますが、サスペンス・スリラーとしては悪くない作品だと思います。
犬

犬の感想・評価

3.1
ICU

隔絶された雪深い施設を舞台に、警官ばかりを狙う猟奇殺人犯と恋人を殺された刑事の死闘を描くポリスアクション

先々を行く

いろんな人
誰が犯人か

疑心暗鬼になっていく


グロあり

施設
猛吹雪がスゴいです
おけい

おけいの感想・評価

3.3
カッコいいはずのスタローンがメンタルやられまくってあまりカッコよく見えないというマニアックな珍品ですが、Filmarksの評価程、面白くないわけではない。

FBI捜査官であるマロイ(スタローン)は警察官ばかりを狙う猟奇殺人事件の担当でありながら、その殺人鬼に昔の同僚や恋人まで無惨に殺されてしまう所からストーリーが動きだします。玄関ドアの覗き穴からドリルで目を潰し死体を飾りつけするという悪趣味は最高にサイコパスでどんな犯人か想像を掻き立てる演出は良いと思う。

しかしこんな殺され方をしたせいか、いつも強靭なイメージのスタローンもメンタルやられまくりで酒浸り、ついには手首を切って自殺未遂までしてしまうのである。同僚の勧めでD-TOXという精神を病んだ警察官専用の施設に入所することに。そこでまた一人一人殺されていき…という話。

私の記憶が正しければ、彼の自慢の筋肉も残念ながら一度も披露されませんでした。

やはり、評価低いのもそこなのかな?筋肉あってこそのスタローンなのかな?いやいや、そんなことはない。筋肉見せつけなくたって、こんなサスペンスもやれるんだぜってとこを見せたかったんだと思う。

そういう意味では、題材は悪くないのにスタローンという逸材を生かしきれなかったことを残念に思います。

私は脇役がなかなかバラエティに飛んでて楽しめるポイントの一つでした。『処刑人』のショーンパトリックフラナリー、『ターミネーター2』のT-1000役ロバートパトリック、『バスキア』のジェフリーライト、そしてトムベレンジャー。

脇役としてはなかなか濃いメンツよね。
スタローンの作品は結構観てる方だと思っていたけど、この映画の存在は知らなかった。

いつもだったらスタローンがいればなんとかなるだろうと思うけど、今回は心に傷がある、どこか不安定な姿で、普段と違うスタローンが観られた。

それがつまんないという訳じゃなくて、応援したくなるし、最後はきっちりハードに悪役を倒してたから結構満足度は高かった。

でもその悪役だけど、ボイスチェンジャーを使っているとはいえ、話し方や声の響きとかで誰が犯人かわかってしまうところが少し残念。
yuta

yutaの感想・評価

3.0
シルベスター・スタローンさん主演のアクション・スリラー作品。

FBI捜査官のジェイク・マロイ(シルヴェスター・スタローンさん)は、警官ばかりを狙う連続猟奇殺人犯を追っていた。そんな中、その殺人犯に彼の古い同僚、そして彼の恋人まで惨たらしい方法で殺害されてしまう。
それからマロイは心を病み、酒に溺れる生活を送っていたが、それを見るに見かねた上司のヘンドリックス(チャールズ・S・ダットンさん)の勧めで警官専門のリハビリ施設「D-TOX」に入院することを決断する。

その「D-TOX」は雪深い山奥にあり、患者の警官たちはバッジ、武器を没収され、閉ざされた空間で精神的にリフレッシュすることを目的とする施設で、マロイを含め患者は9人滞在していた。
ところが、そこで患者の1人が自殺しているのが発見され、それを皮切りに患者の不審な死が続く。マロイは以前追っていた連続猟奇殺人犯がこの「D-TOX」に潜伏し殺人をしているのではないかと確信し・・・。

映画の前半は、FBI捜査官マロイが何故精神を病んでしまったかの話しで、後半は「D-TOX」で起こる事件の話という2部構成になっています。
この連続猟奇殺人犯の犯行が残虐で、現場に残された遺体は思わず目を覆いたくなりました。こういうの苦手な人にはキツいです。
後半は、「D-TOX」にいる誰が犯人なのかハラハラドキドキの展開で、最後の最後まで手に汗握る展開でした。

緊張感が続く展開の中で、チャールズ・S・ダットンさん演ずるヘンドリックスさんのシーンがちょっとだけ心和む感じで良かったです。
あと、『プラトーン』などに出演されているトム・ベレンジャーさんも出演されています。
連続警察官殺害事件を追い、自らも心に深い傷を負ってしまったFBI捜査官。

同僚の勧めで入所したのは、雪と氷に包まれた警察官専門の入院施設。
同じく問題を抱えた仲間たちと共に過ごし回復を目指す…はずだった。

次々と自殺していく患者たち、吹雪により断絶する通信網。
陸の孤島と化した閉鎖空間で深まる疑心暗鬼の中、一体何が起きているのか?

ちょいちょい挟む髭警官の冬のバカンス(笑)

不気味で不穏で一応サスペンスの形にはなっているのだが…なんだろう、何か物足りない。
繋がりはちゃんとしてるのだけど、背景がもう少し欲しいかな。
あと、場面の切り替えと進行が早いので感情移入はしずらいかと。

途中までは、選択式のホラーゲームみたいで雰囲気は嫌いじゃなかった。

それにしても、施設管理ザルすぎるけどね(笑)

あなたにおすすめの記事