セイブ・ザ・ワールドの作品情報・感想・評価

「セイブ・ザ・ワールド」に投稿された感想・評価

scotch

scotchの感想・評価

3.4
DVD200円ゲットシリーズ。これまたリメイクらしい。オリジナル未見。

シリアスなアクションから始まった…と思ったら、なんとコメディか、しかもB級色プンプン。なんで出ているM・ダグラス(笑)
随所に笑える箇所あり。相棒も悪党も変すぎ。しかし大爆笑とまではいかないかな。
誰もがどこかで聞いた曲が流れ楽しい気分になれます。
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.3
くだらないな〜とか笑えないわ〜などと思いながら結局ラストまで見てしまう何かがある作品。「膝が痛い」と見せかけての麻酔銃発射シーンは良かった。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.9
むかしの映画のリメイク版。映画館では日本未公開。まあ、出来が出来だから。主演マイケル・ダグラスっていっても、もうぱっとしないしねぇ。
黒羊

黒羊の感想・評価

3.2
「セイブザワールド」

皆さまお久しぶりです。黒羊です。
最近はバタバタしてあまり映画を観れていませんでした。イイネやコメントもサボりまくってますが、この底辺おっさんに免じて許してやっておくんなまし…しくしくしく

はい!アレで喉頭癌になってもめげない我らのマイケルダグラスが主演の、2003年制作のスパイアクション(?)コメディでごさいます。

2時間ドラマ以上の品質、でも映画としてはがっつりではなくサラッと観れる類のもの。フォロワーの脇肉…ぃゃりょーこさんに勧められて観ましたが、ええ抜け具合の一作ですね。
脇肉さんはペーニャが出ていた「チップス」とか、2時間ドラマ風味のアクションコメディ好きよねー?

深い事は全く考えなくていい映画なので単純に楽しめました!やっぱマイケルダグラスかっこええなぁ〜(´ω`)

ゲスト(?)に、That's the wayでお馴染み、白人ディスコソウルバンド「KC&sunshine band」がGet down tonightを披露しますよー!

いつライオネル・リチ男が出てきてもおかしくないノリで最高でした!

2003年の映画なのに、やっぱコメディものは古く感じやすいねぇ。

ま、おっさんにはそこがまたええんやけどね(´ω`)
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
aブルックスの足先生の特殊技能がもっと見たかった。dスーシェが弾けすぎ!所々に挿入されるサントラが、ズルい位、上手くハマりすぎ。
アキバのBOOK・OFFでたまたま見つけた良作アクション・コメディ!
500円( ´∀`)

面白かった~!!!

1979年公開、刑事コロンボで有名なピーター・フォーク主演の『あきれたあきれた大作戦』リメイク作品だそう。

駄目親父2人が奮闘するバディムービーに、適度なアクションとコメディを追加♪
キャストも豪華でオススメです(//∇//)



普段はサラリーマン、実はCIA秘密捜査官のスティーブ(マイケル・ダグラス)。

なかなか会えない1人息子マーク(ライアン・レイノルズ)が、ついに結婚することになった。
お相手は、偏屈な医者ジェリーの娘メリッサ。

しかし、いつものように任務が立て込み、両家の食事会もめちゃくちゃに。
さらに色々あって、スティーブはジェリーを巻き込んで任務へ向かう。

2人の父親は、悪党から世界を救いつつ、無事に結婚式を迎えることは出来るのか??



台詞の掛け合いが楽しい良作(* ̄∇ ̄)ノ
なんで今まで知らなかったんだろう!
脚本が最高に良い☆
これは、オリジナルも観てみたいなぁ~

マイケル・ダグラスも渋カッコ良いのですが、ジェリー役アルバート・ブルックスが素晴らしい!
偏屈で几帳面な足の医者(笑)
仕草とか表情が、普通のおっさんなのに面白いのです。
ペーニャ的な俳優さんなのかも♪

そしてジャケに載ってなくてびっくりのライアン・レイノルズw
スティーブの相棒役には、ドラマ「メンタリスト」のリズボンが!
そして怪しいワル役には「名探偵ポワロ」のデヴィッド・スーシェ。

全員とても良い味出してました~

BGMもポール・マッカートニーやエルビス等、聴いたことある音楽がわんさか♪

これだけモリモリなのに98分できちんと終わるし、何もかもが良質です!
是非ご覧あれ(〃∇〃)
愛斗

愛斗の感想・評価

3.5
ゆるっと見れるアクションコメディ。おじさん二人が可愛い。おじさん二人の息子と娘も可愛い。もうみんな可愛い。
EDの曲もいい
tomo

tomoの感想・評価

3.9
ナイス👍中年オヤジ2人(笑)
マイケルダグラスとアルバートブルックスのコンビが最高に笑えるw
脇役にもライアンレイノルズや、メンタリストのリズボン役のロビンタニーと👍ですw
IユRA

IユRAの感想・評価

4.1
ジャケ借りした。
B級アクション映画と思ったら、まさかのコメディアクション映画やってめっちゃ笑った。

ジャケ写の通り右のおっさんさんが嬉しそうに左のおっさんをいじるいじる。

右のおっさんがCIA秘密捜査官、左のおっさんが足の専門医でそれぞれの息子と娘が結婚することになる。右のおっさんのワールドワイドな仕事に左のおっさんが巻き込まれていき、無事息子娘の結婚式ができるのか?!て話。

左のおっさんのリアクションがめっちゃいい。
右のひゃっはー!みたいな笑い声たまらん。

そして、ウェストポーチのいじりがすごい。

テンポもよかったし、ユーモアセンスもよし。
何より素晴らしいのがテーマソングがポールマッカートニーという点。私が知らないだけなんだろうけど、ポールの歌声から始まりポールの歌声で終わる映画ははじめてだわ!

本当は「ドリヴン」か「逃亡者」を借りたかったんだけど、なぜか両方とも借りられていて、おいおい、90年代にタイムスリップしちまったのかよ?ここのTSUTAYAは?!という、モヤモヤを吹き飛ばしてくれる良作だったよ。

若かりしライアンくんの上がり気味の眉毛も見れたし、うん。楽しかった。
いわゆる楽にゆる〜く見れる映画(^^)でも意外と笑えたし、家族コメディはほんわかします!以上!な感じ(笑)
>|