アナライズ・ミーの作品情報・感想・評価

「アナライズ・ミー」に投稿された感想・評価

inamon

inamonの感想・評価

3.6
たまたま飛行機の中で観た。デニーロとビリークリスタルが最高。話は普通だねどね。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
平凡な常識人(ビリー・クリスタル)が変人(ロバート・デニーロ)に振り回されるという、コメディの王道設定。見事な安定感です。

マフィアのボスとしての風格と凄みを漂わせながら、ときに情けなく、子どもっぽい。これはやはりデニーロでないと演じられない役どころ。懐刀のジェリーも実にいい味を出していました。ところどころで「ゴッドファーザー」のパロディ(オマージュ)があるところもいいな。

このレビューはネタバレを含みます

マフィアのボスと精神分析医の絡みが痛快に進んで行くコメディ。

ポールの病気は果たして良くなるのか。

ロバート・デ・ニーロが情けないボス役を熱演。

昔観て感想が無いのが残念なので、改めて観直します。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
ロバート・デ・ニーロといえばまずはマフィア役だが、同時に「キング・オブ・コメディ」のコメディアン・パプキンも堂に入ったものだった。今作はその両要素が楽しめる。精神分析医役のビリー・クリスタルや、彼の腹心マフィアを演じるジョー・ヴィテレリとの掛け合いも最高。かなり面白くて何度も声に出して笑ってしまった。
サメが出ると聞き鑑賞しました。
パニック障害に罹ったマフィアのボスと、偶然出会った精神科医の奇妙な関係を描いたお話。
いつのまにかマフィアのポールの主治医となってしまったベン。そのせいでFBIには目をつけられ、ポールの手下にも命を狙われることに。ベンはFBIに捜査の協力を求められますが、精神科医として真摯にポールに向き合う決意をします。医者としての使命感に満ちたベンはホントにいい奴ですね…。なんだかこの映画のせいでロバート・デ・ニーロはしかめっ面で号泣するイメージがついちゃった気がします。精神分析学をとことん馬鹿にする姿勢も笑えます。
サメは水族館に登場。なかなかポールの呼び出しに応じないベンが手下にサメの水槽にエサとして投げ入れられてしまいます。
Zuma

Zumaの感想・評価

3.3
面白い🤣

デニーロのまた新たな面が垣間見えました✨
ビリー・クリスタルもまたいい感じが出てますね。
デニーロがより好きになる映画でした🎬
kogacola

kogacolaの感想・評価

4.0
デニーロが非常にチャーミング。
ゴッドファーザーへのオマージュはファンとしては最高のシーン。
部下達はどこか抜けていて強面ながら、笑いを誘う行動が目立つ。
観やすくて素敵な作品。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.8
理屈抜きに面白い。ロバートデニーロの新境地の映画。ビリークリスタルも実に好演。
これは4回目くらいか。

デ・ニーロとビリー・クリスタル、そして『フレンズ』のフィービーのイメージが強いリサ・クドローと名優揃いで、安心感のある映画。

当然ながら「ゴッドファーザー」のほか「アンタッチャブル」などひととおりのマフィアものへのオマージュもある。

なお、ストーリーはおとなしめであり、むしろおまけと思った方がいい。

用心棒のジェリー役のジョー・ヴィテレリがかなり味があってよい。
kiki

kikiの感想・評価

4.0
こういうキャラが大好き!
癖になるわずうっと見てられる。

教会での知らない男とのハグ、めちゃ面白かった。
軽めのコメディ悪ふざけが過ぎないところが好き!
>|