スパイ・ライク・アスの作品情報・感想・評価

「スパイ・ライク・アス」に投稿された感想・評価

KK7

KK7の感想・評価

1.5
ゴールディホーンの「ワイルドキャッツ」と同時上映で観た。
それだけ覚えている。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.5
俺は助けてくれ!
友達は殺しても構わない!

オイ、今なんて言った。

パキスタン語で挨拶した(笑)

こんな感じのゆる〜い笑いが
続く80sスパイコメディ!

「スパイ・ライク・アス」

ブルース・ブラザースのジョン・ランディス監督作品です。サタデーナイトライブから飛び出したダン・エイクロイド&チェビー・チェイスを主演にしたバディ・スパイコメディ(^^) 

冷戦時、対ソ連にあたり、スパイ組織GLG20は捨て駒チームを使った囮作戦を展開する。その捨て駒に選ばれたのは国務省の落ちこぼれエメット(チェビー)と国防省の地下で燻るメカに強いオースチン(ダン)。二人は突貫工事で訓練を施され、パキスタンへ投下されるが…。

最近トランプ大統領が宇宙軍設立なんて馬鹿げた声明をだしましたが、80年代のレーガン大統領も負けてない。スターウォーズ計画と称してソ連の核ミサイルを反射衛星砲で撃ち落とすなんて言う計画をぶち上げておりました。この作品では、それをおちょくった内容も描かれてます(笑) まぁ無理だわな、確かに(笑)※全くヤマトの冥王星にあったガミラスの反射衛星砲と同じなんです…。

ゴーストバスターズを見て当時ダン・エイクロイドに興味があって劇場で見たかな(^^) まぁこの時代らしい、ドタバタコメディです。まず選抜試験から真顔でカンニングするわ、暴れまくるチェビー(笑)。この方真顔で馬鹿を延々としまくる。

二人の訓練シーンはスラップスティック調で馬鹿げてて楽し過ぎ。いきなり忍者も出てきますし。007でもお馴染みの耐G訓練の二人の顔芸も見事。この辺りはドリフのノリかな(笑)ギャグやコメディの基本形ですね(^^)

ダンは比較的まともな役なので、ツッコミに回ってます。ただ馬に乗って相棒を助けに来るシーン等はかなりカッコいいです(吹き替え臭いけど)。

二人は物凄い数のムジャハディン(アフガンのレジスタンス)に追われたりまぁドタバタアクションを魅せてくれますんで飽きずに楽しめますよ〜(^^)

後、女優さんが抜群に美人さんなんです。チェビーの相手役のドナ・ディクソンとロシアの兵隊さん。金髪でセクシーなこの2人が色を添えてくれます(笑)

まぁゆる〜い笑いを楽しめる作品です。ジョン・ランディスとダン・エイクロイドのコンビは80sコメディではブルースブラザースを始め名コンビですので、お暇なときに是非(^^)
ワン

ワンの感想・評価

3.0
落ちこぼれスパイのエメット(チェヴィー・チェイス)とオースティン(ダン・エイクロイド)はソ連の核ミサイルを奪取するという重要な任務に選ばれる。だが、じつは優秀な本命スパイの囮だった。そんなこととは知らない二人は大喜びで任務に就くが…


あまり面白くなかった。二人が優秀なスパイじゃないのは分かるんですが優秀なスパイとの対比が描かれていないので思っていたより優秀では?と感じてしまいました。それでも前半は面白かった。
1985年製作ジョン・ランディス監督によるスパイ・コメディ♪

チェビー・チェイスとダン・エイクロイドの適当バディが楽しかった~

何人もの監督がカメオ出演してるのも見所、らしい。。。
いや、だって監督の顔とか知らないもの(笑)!

サム・ライミやジョエル・コーエン、その他諸々出てるみたいですよ( ´∀`)



ソ連内に巨大ミサイルを発見したアメリカ。
優秀なスパイ2人と、おとりスパイ2人を派遣することに。

おとりに選ばれたのは、外交官だがアホ過ぎるエメット(チェビー・チェイス)と、メカと暗号が得意なオースチン(ダン・エイクロイド)。

2人は超短い特殊部隊訓練を終え、パキスタンに飛ばされる。
そこで適当に放置されるのだが、なんと成り行きでソ連のミサイル置き場に辿り着いてしまい……



分かりやすいドタバタ満載♪

まず筆記試験を受けるシーンがカンニングの嵐w
チェビー・チェイスってほぼ初見なのですが、凄く面白かった!
真面目な顔してボケられる人(笑)

ダン・エイクロイドは、今回は真面目キャラですね。
とっさに出る台詞と、たまに顔がおかしいw

そして酷い訓練の数々☆
突然忍者に囲まれたと思いきや、超スピードで色々やって放り出されます(笑)

で、パキスタン。
いきなりソ連のスパイに襲われ、国連の医師に間違われ、盲腸手術をするハメになり…

と、ノンストップであちこち走り抜ける作品でした♪

大爆笑!というコメディではありませんが、クスクス楽しめる良作(//∇//)
honobon

honobonの感想・評価

3.2
これぞ80'sのスラップスティック・コメディ。
SNLでおなじみのチェビー・チェイスにダン・エイクロイド。そのドタバタ度合いといい、やりにげに近いテンポの良さといい笑いのジャブ連打。

そしてこれだけで済まないのがこの作品。Filmarksのキャスト欄に出ていない俳優以外のカメオ出演者がすごい。
ブルース・ブラザーズで音楽関係のカメオ出演が凄かったジョン・ランディスが、今作では映画関係のカメオ出演してもらったらこうなった。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.4
サタデーナイトライブコンビ、ダン・エイクロイド、チェビー・チェイスが共演した、80sアメリカンコメディ!

米ソ冷戦時代、落ちこぼれスパイコンビが極秘任務に携わる物語。

最近のアメリカンコメディは、何かと下ネタかドギツイ笑いが、多いのが特徴だけど、こちらはドリフを思わせるベタベタな、家族で楽しめる懐かしのテイスト。
2人のおとぼけっぷりはもはや芸術的。
ここにビル・マーレイが加われば、もはや収拾不能になったと思う。笑

インチキ医師に扮して、少数民族の要人を手術するシーンとか、久しぶりに映画を見て、声を出して笑ってしまった。
何となくカトちゃんケンちゃんごきげんテレビっぽかったり。
いいおじさんが何やってんだ!というツッコミは無粋!

昔は今作もゴールデン枠で放送されたんですよね。いい時代だった...。
米ソ冷戦のシリアスな描写もあったり、コメディの枠だけじゃ収まらない。
まあ、決して出来のいい映画では無いけど、何とも愛くるしい作品。
琉太

琉太の感想・評価

4.1
サタデーナイトライブ組はアメリカンコメディの王道ですね
落ちこぼれスパイが囮のはずだったのが大活躍というコテコテなB級コメディ
yum

yumの感想・評価

3.5
女優さんがすごく可愛い。ダンエイクロイドが仕事ができて頼もしい。テンポの良いコメディ。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

1.0
2009/1/11鑑賞(鑑賞メーターより転載)
ダン・エイクロイドとチェビー・チェイスの名コンビの才能を浪費するかのようなグダグダな展開とくだらない笑いばかりなのだが何だか憎めない、なぜか通算3回も観てしまった馬鹿映画。ミサイルを反対に撃ち返す方法なんかはいつもマジかよ!と思いつつ笑ってしまう。(今回事前に調べて気付いていた)カメオ出演の面々もなかなか豪華で凄い。話題になった外国のコメディではいつもほとんど笑えたためしがないが、この映画はダメっぷりも含めて憎めない。いや、かといって誰かに薦められる内容では決してないが...
>|