機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜の作品情報・感想・評価

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」に投稿された感想・評価

遂に戦争に突入!シャアはララァと運命的な出逢い。アムロはまだ「親父にもぶたれたことないのに!」な少年。フラウ ボウはまだお父さんとお母さんの元で生活してるね...。うーん、辛いなぁ。そして出て来ました!RX-78型、コードネーム:ガンダム!!ジオンは旧ザクよりも古いザクが無双状態。黒い三連星は後のジェットストリームアタックの原型を完成させてましたね。宇宙世紀がTVシリーズに近付いてきただけに様々なお馴染みの人、物などが出てきましたね。次作も楽しみです!
コジラ

コジラの感想・評価

3.5
戦争に突入する緊張感があります。1stガンダム直前の様子が描かれていますが、モビルスーツの開発競争やジオンの侵攻状況など、当時の背景が再認識できます。
neko

nekoの感想・評価

3.0
ORIGIN最後まで観ます。
わたしとしては、今回もおもしろくないわけじゃないけど「嵐の前」感なのかな。
初のMS戦とガンダム誕生の瞬間
ララァとの出会いミノフスキー博士の亡命、グラナダの陥落など
重要な要素が鮮明に
シャアとセイラ。こんな話だったとは知らなかった。こんな前から知り合いだったのかという感覚。こじつけではないよね・・・。

このレビューはネタバレを含みます

 モビルスーツが登場した時のワクワク感が蘇り、またガンプラを作りたい衝動に駆られました。

 子供の頃は、ただただモビルスーツ同士の戦いを見たかったけど、大人になってからは、この先のシリーズに続く人間ドラマは、見応えありますね!

 シャアとララァの出会いが、印象的。
いじゃ

いじゃの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

シャアとララァ、アムロとフラウという、1年戦争でもカップル(厳密には違うけど)として描かれた2組が戦争の中でまずどのようにその運命が翻弄されたのかが描かれていました。

ララァとシャアの出会い!
テレビシリーズの頃から大好きな2人なので、シャアに焦がれるララァがすごく可愛かった〜〜!
テレビシリーズはアムロ目線なので、ララァは神秘的な女性の印象ですが、シャア側から見ると神秘的な女の子なんだなぁと感じる。
辛い状況から手を引いてくれたシャアって、ララァにとって絶対に大切な存在だよ。

そして一方で、アムロの身の周りを気遣うフラウが健気でかわいい。
少しお節介でもう放っといたら?と思うけど、ここでフラウが完全に見捨ててたらテレビシリーズのアムロはいなかったよなぁ。
フラウだって戦時中というギリギリの状態なのに一人ぼっちのアムロを気遣って手を焼いているのが、フラウだなぁと思った。
だからこそ、アムロのあまりの率れない態度にブチ切れて泣くのも、この子も普通の女の子なんだな、と安心した。

一応歴史的にはテム・レイがガンダムと名付けた重要なシーンで作品は閉じます。
しかし私はこの2組のやりとりがとても印象に残った。
焦がれて尽くして、というところはララァもフラウも一緒だけど、導かれたいララァと守りたいフラウなんだなぁと思いました。
とてもよかった。

あと一番好きなカイさんもちょっと出てきたのが第4章。
あれ?宇宙世紀史上初のモビルスーツ同士の戦闘は、ファーストの最初、あの有名なガンダムがザクをぶった切る所じゃないの?モビルスーツ戦入れちゃって良いの?
なんでこうもヒロインはヒステリックなんだ、、、
フラウちょっとうざいぞ、、、笑
KOICHIRO

KOICHIROの感想・評価

4.0
映画 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜』鑑賞。

懐かしい友達と久しぶりに再会した感じ(笑)
>|