機動戦士ガンダム F91の作品情報・感想・評価・動画配信

「機動戦士ガンダム F91」に投稿された感想・評価

ラストの宇宙空間に漂うセシリーを見つけ出す所よかった。登場人物多くて全然覚えれんくて混乱した。アニメ化する予定だったらしい。見たかった。人殺してもすぐ立ち直るシーブック。曲はまじ好き。
いきなり宇宙海賊に襲われて、仲間や家族がやられ、住んでいたコロニーは敵の本拠地になり、気になるあの子は敵のお姫様だったって言う中で、家族を捨てた母親が作ったガンダムそっくりの小型モビルスーツに乗る事になった主人公の話。作った会社が違うから、ガンダムと言うのは勝手に名乗ってるだけでガンダムじゃ無いって言う。

映画サイズに収めている分かなりテンポがいいし、そのせいで苦難に対してヘラる時間を与えてもらえないから、主人公がメンタルやら能力やら歴代で言ってもトップクラス。さっき敵兵を殺して落ち込んでいても、秒で立ち直ります。

今までに少なかった空中戦なども見どころですが、味方敵共に新兵器が沢山で見ていて飽きないと思います。あとガンダムシリーズで人間ドラマが重すぎると感じる人にも、コンパクトな作りの分丁度良く感じるかもしれません。逆襲のシャアやら閃光のハサウェイなど他のガンダム映画様に、事前知識が無くても見れるのも良いですね。

当時劇場公開された時には、小学生にも受けが良かったくらいには見易いし、出来が良いと思います。
bluetokyo

bluetokyoの感想・評価

3.0
登場人物がムダに多く、その説明だけで時間を潰しているような気がする。
そういうわけで、ストーリーは、しばしば、だれてしまうが、そうなる寸前に、戦闘シーンが始まるようになっているらしい。
見る者を飽きさせまいとしてはいるようだ。

コロニー、フロンティアIVでは学園祭、コンテストみたいなことをやっている。
そこに、突然、クロスボーン・バンガードのモビルスーツ部隊が襲い掛かる。
迎撃する連邦軍モビルスーツとの激しい戦闘。
主人公のシーブックとセシリーは、ほかの学生とともにシェルターへ避難しようとする。
クロスボーン・バンガードのモビルスーツが現れる。セシリーを迎えに来たのだった。セシリーは、実は、ロナ家、マイッツァー・ロナの孫娘なのだ。
一方、シーブックらは、コロニー・フロンティアIに脱出していた。
シーブックは、スペースアークにあったモビルスーツ・ガンダムF91に試しに乗ってみると動かせるのであった。お前はニュータイプか、という感じである。
しかも、クロスボーン・バンガードのモビルスーツを撃退してしまった。
クロスボーン・バンガードがフロンティアIVを占拠したのであろうか、シーブックが潜入し、セシリーと会うのだが、セシリーは自分はロナ家のものだから、ということで、諦めたりする。
再び、クロスボーン・バンガードが攻めてくる。バグという手裏剣みたいな形をした無人虐殺マシーンも登場する。セシリーも加わってる。
迎え撃つ連邦軍。シーブックのガンダムF91も加わっている。
途中、セシリーの搭乗するモビルスーツ、ビギナ・ギナと遭遇し、セシリーを連れ帰る。
セシリーの父親が鉄仮面、カロッゾなのだが、こいつがモビルアーマー・ラフレシアで、勝手に攻撃してくる。
シーブックのガンダムF91とセシリーのモビルスーツで戦い、カロッゾを倒す。終わりである。

なぜ、セシリーは、ころころと敵になったり、味方になったりするのか、まあ、美人のヒロインだからだろうけど。
ガンダムもそうだが、幼児が出てくるのはなぜなのだろう。トトロに出てくるサツキとメイのような感じではなく、まさに、大人目線での幼児なのである。これでかなり臨場感が薄れ、幼稚な雰囲気になってしまう。幼児を出すと受けるからという方針なのだろうか。
曲が最高に良い。なかなかカラオケで唄える人いないんだよなあ世代的に。F91はスパロボでも最後まで使いがち。
yuki

yukiの感想・評価

3.8
MSデザインや、キャラの魅力(シーブックの男らしさ、セシリーの綺麗さ、鉄仮面など)があり、
尺があればもっといい作品になったと思える作品でした。
しかし、2時間にしては駆け足だけどストーリーはまとまっていて、面白かったです。
ツッコミどころたくさんだけど、見てみてほしい。
宇宙世紀ってずっと同じことやってんなぁ。。。
みゃー

みゃーの感想・評価

3.4
シーブックが1番まともなニュータイプな気がする
F91のデザインが良すぎる
良くも悪くも小綺麗に収まっていて、でも最後の戦闘と、ラストシーンで森口博子の曲がかかったらオールOK!ってなる
宇宙世紀の主人公でもシーブックは相当まともだと思うけど、逆にまともすぎる気も
宇宙世紀年代順にネトフリで観れるものは完走。
けっきょく全部同じことが起きてるという衝撃と何も変わらない世界( ̄▽ ̄;)

今回は強烈なキャラが出てくるという訳ではなく、戦争の被害者の描写がとても多かった印象。
王道は保ちつつ違う角度から表現するということか?( ̄▽ ̄;)
けっこう面白くは感じましたけど、小競り合い感が凄かった( ̄▽ ̄;)
矢嶋

矢嶋の感想・評価

4.0
久しぶりに見てみたが、相変わらず何をやっているのかよく分からない。他メディアにて色々補完している今だからこそある程度理解はしているが、本作だけを見て内容を理解するには明らかに説明が不足している。ロナ家のこと、シーブックとセシリーの関係、アンナマリーの想い…等々。まあ、過去作との繋がりが希薄な作品を富野監督が映画で作るとこうなるのも必然な気もするが。

その割に楽しく見てしまうのは、単純にメカニックの魅力。F91やCVのMSは今見ても色あせないデザイン。スピード感ある空中戦やビームシールドやサーベル、V.S.B.Rを使ったアクションはかっこいい。

そして、相変わらず大人達はクズばかりでレズリーを除いた各家庭の親も糞なら連邦軍やレジスタンスも糞。にも関わらず、シーブックとセシリーはニュータイプとして理想と言える域にまで達しているように思える。二人の共感やなすべきことを即断できる直感、ラストシーンの再会…シャアが目指しつつも諦めていた「人類全体をニュータイプにする」という思想をシーブックはあっさり肯定している(彼が若いゆえの無邪気さもあるかもしれないが)。
これがあるために、民間人の凄惨な被害やバグというおぞましい兵器がありながらも、実は結構前向きな作品であるように思うのだ。

しかし、ザビーネやドレルはおろか、マイッツァーまで生き残っていてちっとも事態が収まっていないのもすごい。ゆえに、関連作品での補完が多いのだろうが。
Ling

Lingの感想・評価

4.0
作画◎
シーブックがニュータイプすぎ
OP,EDがいい曲だった
"我のフラッグに続け!"
かっこよかった
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品