機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星2018年製作の映画)

上映日:2018年05月05日

製作国:

上映時間:85分

あらすじ

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“…

宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。 その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」に投稿された感想・評価

マゼランとサラミスかっこよすぎ。「悪いが初戦で全滅だ」とかくそイキってる時のティアンム提督もかっこよすぎ。

シャアザクの武器とかep1の冒頭のとは全く繋がってないけど

主題歌もいい。とりあえず完結おめ
絵が綺麗になっているのがやっぱりいいですね、ヒューマンドラマ的なところがもう少し欲しかったです…
期待し過ぎたかも。

目新しいシーンは
レビル脱出ぐらい

ルウム戦でのシャアのカットが
少ないのでは‥安彦先生。
あれじゃ誕生黒い三連星だよ

実弾だと戦艦はなかなか落ちない
もんだね。ガンダムのビームライルの凄さがよくわかります。
takupyon01

takupyon01の感想・評価

2.0
映画として盛り上がり欠けるなぁ。こんなんで良いの?30数年前に読んだガンダムセンチュリーの衝撃を超える事はとうとう叶いませんでしたな。
SatoshiOta

SatoshiOtaの感想・評価

3.2
少し盛り上がりに欠けたかな。。
SWのローグワンみたいなの欲しかったしやはりキャラ設定が馴染めず。。MSは最高にかっこよかった!
おち

おちの感想・評価

3.5
前作のルウム会戦からの失速感が否めずついに終わりを迎えてしまいました。

シャアの活躍をあと3倍は見たかったなぁ…笑

でも、シリーズを通じて1年戦争へ続く一区切りはちゃんと出来ていたと思います。
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

4.0
伝説の始まりを感じさせるエンディング。これでORIGINシリーズ完結はもったいない。ORIGINクオリティの1年戦争を是非観たい。
いよいよオリジンのシリーズもこれで最終回。今年はガンダム40周年。今年は楽しみすぎる。
誠治

誠治の感想・評価

3.0
サイド7の子供達が、既に逞し過ぎ。
この後、ORIGINの一話へ繋げていくんだろうけど、アムロもセイラもミライも首太い!結構な大人になっている。
子供が戦争に巻き込まれるのがガンダムのストーリーなんだけどな…
かたや、ジオン軍。ガルマが子供過ぎ!
言う事やる事が余りにも幼過ぎて、そらシャアに舐められますわ。
ルウム戦役の描写が長過ぎ。
最後のレビルの演説。実はこいつがかなりの曲者だと判明。
戦争好きにいい奴はいないってこと。
あと、ローグワンみたいにもっとファーストの直近まで描いて欲しかったな。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」シャア6部作、ついに完結。

見終わって「スターウォーズ Episode 3」を見た時と同じような感慨を覚える。いわゆるオリジナルシリーズの前日譚。見終わったところから、よく知るオリジナルシリーズにつながるという、古くからのファンには何とも言えないラストだ。

満を持して登場する語り継がれたルウム戦役の映像化。いきなり艦隊同士の砲撃戦で始まるところは「銀河英雄伝説」を彷彿とさせるが、赤い奴が光跡を引いて登場するところからアニメーションのスピードが一気に上がる。いわゆる「3倍のスピード」!

ちょっと連邦やられ過ぎじゃない?とも思うけど、今までのエピソード全部たしても足らないくらい、圧倒的な物量で描かれるモビルスーツVS連邦艦隊の闘いは劇場で見てよかった〜って心から思う。

何よりシャアを語る上で外すことのできない「ルウム戦役」を体験できたことがトリハダものだ。

デギンとキシリアとマ・クベの関係など、ファーストへつながる伏線があちこちに張られているのもファンにとってはうれしいところ。

終盤、舞台がサイド7に移ると、セイラに、カイに、ハヤトに、そしてアムロに、実話ものの映画のラストによくあるように「後に〜として活躍」とかテロップが入る。う〜ん、粋な演出だな〜。共に宇宙世紀を歩んできた僕らファースト世代にとっては1年戦争はまさにリアルなんだな〜。

「ガンダム」は成人した息子といっしょに見る唯一のタイトルだったんだが、これで終わりというのも悲しいな〜。「アムロ」編もやってくれないかな〜。とりあえず安彦良和さま、おつかれさまでした&ありがとうございました!



(しょうがないから次は「NT」か。福井晴敏だから期待できるかな?)
>|