機動戦士ガンダムUC/episode7 虹の彼方にの作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダムUC/episode7 虹の彼方に2014年製作の映画)

上映日:2014年05月17日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

4.0

「機動戦士ガンダムUC/episode7 虹の彼方に」に投稿された感想・評価

barrel

barrelの感想・評価

3.3
もう少し、何とかなったのではないでしょうか

ニュータイプの終着点。一年戦争の始まりから終結までがここに

やはりエピソード5でやりきってしまい、自分の中では不完全燃焼のまま終わってしまった。少しサイコフレームに無理をさせすぎでは?
さすがに今回のは強化し過ぎで...
今更ながら、F91の前とは思えないぐらいのスペックになっているのでは...?

ネオジオング、というよりフル・フロンタルは完全に予想の下をいった。もうアムロとシャアとか、過去作に頼った作品は辞めましょうよ...

ニュータイプ神話と宇宙世紀の真実、という点では良い内容だった。途中までは確実に良作といえる出来なのでオススメはしたい


↓以下ユニコーンというより新作について


ニュータイプが見せた可能性、ユニコーン
少なくともF91までの平和を繋いでいくことはできた
はずだったんだがなあ
なんで新作作っちゃうんでしょうか
ガンダムNT(ナラティブ)

バナージが決死の思いで見せた人の可能性が結局無駄たったんですかね?
宇宙世紀憲章も結局無意味だった、前作の主人公の行動を無駄にするのは一番ファンに対してやってはならない行為ではないのか
あとは主人公機の設定に無理があるとかのあかん様子は見れるけど、ホント頼みます。UCを無駄にしないで欲しい

あとUC2やるっていっても主人公変わるんですかね?
さすがに主役はバナージでやって欲しいぞ
ファースト世代の人が見たら感涙ものだろうな。謎の箱を追い求める物語だったりラスト付近が少し2001年宇宙の旅っぽい
007ka

007kaの感想・評価

4.5
全巻通しての感想です。
面白かったです。
ただファン向けであることも否めず、最低でもファースト、Ζは観ておかないと、登場人物の所属母体の背景が観えず、面白さは半減以下かもしれません。
ZZは、プルシリーズのことだけ調べておけば観てなくてもいいかも(個人的にはZZ好きなんですけどね。後半は)
観ればどうして、マリーダの好きな食べ物がアイスクリームか分かります。
幸せなプルも見てみたい、、。

シナリオも説明不足な点は多々ありましたが、まぁ、冗長な説明はテンポを悪くしますし、エンターテイメントなんで雰囲気で何となく分かればいいのかなと。
NMaru

NMaruの感想・評価

4.4
逆襲のシャアから3年後の話

例えどんな現実を突きつけられようと、「それでも」といい続けろ!!
SHO

SHOの感想・評価

3.5
映画としての評価とガンダム作品としての評価を分けてます。

ガンダム作品的評価5.0

ただの名作。
宇宙世紀作品でニュータイプの希望的答えみたいなのが出たなあと思うと感慨深くなる。

それを超えていくバナージを引き止めるリディもまた良い。

ネオジオングの例のシーンはリアルに震えた。

音楽やグラフィック、ストーリーも良いので映画としても良い作品だと思う。
merbo

merboの感想・評価

4.0
ラプラスの箱の価値それにかかわる人々の思惑を上手く描けていたと思う
作画もとても安定していた
うさき

うさきの感想・評価

4.5
ジンネマンとマリーダの関係も含めて
大人から子どもに引き継がれるもの
後世へと託すべきものについて
しっかりと描いていたと思います
格好良かったし、感動した
アヤコ

アヤコの感想・評価

3.5
レビュー書いたら色々ネタバレになるから書けないけど、良かった。

ガンダムはやっぱ男子向けだなと思った
Hiroki

Hirokiの感想・評価

5.0
リアルタイムで追ってRE.0096で再び。ファースト→Z→逆シャアからのUCは神でした。宇宙世紀最高。

散っていく人たちが本当にかっこいいんだ…

アツい展開の連続だが終盤はもう凄すぎて感情が追いつかない。

過去の傑作の続きを時を経てやるとまぁ色々起こるわけだが、設定を上手く受け継いだ最高傑作じゃないでしょうか。

この感動を上手く表現できないんだ!
Noah

Noahの感想・評価

4.1
ガンダム作品の中で久々にファンを問わず熱い議論がなされた作品。

今後10年は、ここまで熱いガンダム作品は出てこないだろうし、アニメ作品の中でも同じことが言えるだろうな。
>|