機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

3.5

あらすじ

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れ…

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた――。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

3.5
赤い彗星、銀河を蹂躙す…

「The Origin」5作目。赤い彗星が本格始動!なんてとこで終わらすんや( ^ω^ )

◎ストーリー
ジオン軍による、地球連邦への戦線布告。次々と戦果を挙げるジオンの次なる標的はルウム。そこに連邦の主力艦隊が集結し、ジオンを潰そうとしていたのだ。そんなピンチにおいてドズルが打ち出す策、それはMSによる奇襲撹乱部隊。もちろん赤いザクを駆るのは…

あらすじ長い!すごく丁寧やけど( ^ω^ )あと、ハモンのミュージカルいる?なんかちょくちょく無駄なシーン多いよなぁ( ^ω^ )

そんな5作目ですが、ついに戦争が本格化します。除隊されたシャアが復帰して、メキメキと頭角を現していきます。すごいです。そして、セイラにもある知らせが舞い込みます。いやぁ、ガンダムっぽくなってきた( ^ω^ )

ガンダム本編の墜落するコロニーのくだりが、しっかり映像化されています。ファースト好きなら嬉しくなるのではないでしょうか( ^ω^ )

ラルさんの活躍はそこそこに、ザビ家を主にこの戦争を完全にジオン側から拝むことができるのは楽しいです。こんなに不利やったことと、シャアの営業利益率が凄まじい( ^ω^ )

次は最終章ですが、とても楽しみになる終わり方でした!
戦闘シーンが少ないけど良いんです。

ドズルザビが優しい。ドズルについていきたいわw

セイラさん、怒ったら顔が鬼だな。
怖いのなんの。。

さて、次で最後か。楽しみ…
モビルスーツ戦が基本なんだろうな。
冒頭前作までの振り返り(ほぼ総集編で10分超)…タイトルまで長い長いщ(゚Д゚щ)サブキャラクター達の些細なドラマまで描かれているのは良いのですが、逆を言えば今作では主要キャラに大きな動きがない。コロニー落とし→艦隊戦…と若干大味に感じました
星

星の感想・評価

3.6
THE ORIGINもとうとう5作目。

今回はコロニー落としの全貌が出てくるわけなんだけど、鬼畜の所業だ。ギレンまじ悪魔。しかも失敗してるし。

ジオンにはジオンの理由があって独立を求めて戦争を起こしたわけだけど、あのコロニー落としによって「悪」決定って感じ。
ORIGINは、連邦軍側から描かれていたオリジナルガンダムとちがって、シャアの目を通したジオン側視点なのでジオンが悪には思えなくなってきてたのに。
ドズルいいやつだし、ガルマかわいいし。
デギンも人間臭い。

でもコロニー落としはなあ。
もともとその前からランバに「戦争ではない。殺戮だ。」なんて言われてたわけだし。
戦争なんて視点によって正義がかわるけど、ギレンだけはあかんわ。地獄行き。

セイラ、仕事中になにかとよく大事な場面で抜けて話し込んでるけど、大丈夫なのかな、と心配に。

あと、アムロが平手されてた。????ってなった。親父にもぶたれたことないのに???って。

5 3 3 4 3
シャア過去編第5弾。今回はコロニー落としからルウム開戦までの物語。いよいよ本格的に戦争が始まってしまうわけですね。特にコロニー落としの詳細を映像化したのは戦争の狂気そのものですわ。

ガンダムは戦争に正義も悪もないことを教えてくれるロボットアニメとして有名ですが。いくらジオンに大義があるいうてもコロニーの中の数千万もの人を毒ガスで皆殺しにした上でそのままコロニーごと地球に落としてさらに何十億もの人を殺してるわけでしょ?これ国家として見れば絶対悪以外の何者でもないよ。「この戦争は狂ってるよ!!」と上司に物申して左遷されたランバラルさんが唯一の良心だわ。

今回はシャアパートの他にもアムロパートやセイラパートさらには歌長すぎハモンさんパートもありますんで要チェックや!!
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.8
「私にひざまずけ、神よ!」はい名言いただきましたー。ルウム開戦は開戦し始めたところで終わりであれ?という感じ。ガンダムに出てくる女の人たちは皆(精神的にも)強いから好き。ガルマはとことん軍人には合ってない。
ロマノ

ロマノの感想・評価

3.8
次巻えの繋ぎ的要素が強い作品ですね
戦闘シーン等は少なくドラマ中心でした

とりあえずハモンさんがカッコいい!

次巻は、戦闘中心になりそうなので楽しみです
とし

としの感想・評価

3.5
ついにコロニー落とし。地球の人口が半分になる。ドズル目線で見てしまうと悪い奴には思えなくどこか憎めない。ガルマのおぼっちゃま感が半端ないな。シャアの機動力はもちろんのことそれに耐えうるモビルスーツの性能は凄い。今回はほとんど人間ドラマ中心で最後な向けての布石。
馬子

馬子の感想・評価

3.4
これ観に行った人はどんな気持ちで劇場を後にしたのか😭
アニマックスで見た私にとっては「うぉおーーーー!!」となる終わり方だった
速かったよシャア!!でも短すぎる

ドズル ザビがちょっと好きになったw
コギー

コギーの感想・評価

4.0
オリジンシリーズで唯一劇場で見逃した作品。
小さい頃何気なく聞いていたアニメガンダムのオープニングナレーションと地球に走る閃光……
人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた、、、宇宙世紀0079……
人工都市コロニーを地球に落下させるジオンのテロ攻撃からはじまる戦争アニメと知ったのは大人になってからだ。
そしてジオン軍がナチス等枢軸国で連邦軍が連合国という見方をするようになった。
未来少年コナンのオープニングの『ギガント』の総攻撃の映像のように幼い頃見た日本アニメには大人になって気がついた戦争へのメッセージが込められているような気がします。
ドズル ザビが赤ん坊のミネバをあやしながら涙ながらに語る忠誠から戦争に踏み込んだ恐怖と苦悩がアニメながらリアリズムがあるシーンだった。
>|