機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦の作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦2017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

あらすじ

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れ…

宇宙世紀0079年、人類は宇宙ですら戦場に変えてしまった。世界の人口の半数を死に至らしめたブリティッシュ作戦(コロニー落とし)を実行し、突き進むジオン公国軍。それに対し、劣勢を挽回すべく圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍。交錯するザビ家の陰謀、変えがたい運命に翻弄されるセイラ・マス、ジオン軍のパイロットとなってしまったランバ・ラルやハモン、サイド7で平穏に暮らすアムロやフラウの日常生活にも暗い影が訪れようとしていた――。そして、復讐に駆られたジオン軍のエース、シャア・アズナブルが参加する「ルウム会戦」がついに始まる。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」に投稿された感想・評価

シャア・セイラ編は前回で完結し、今回からは様々なキャラクターを深掘りしていくことに。ガンダム映画というよりは、群像劇と呼ぶ方が近い。
特にドズルがやたらと魅力的に!武人としての強さだけでなく、父としての優しさや可愛さも描かれており、1stでの印象がガラリと変わる。
セイラさんがやたらと覚醒するし、ハモンさんは凛々しいし、遂に1stの1年を描いているのだと実感。そしてシャアはいつも通り(笑)安定の上から目線!肝心の活躍シーンはブツ切り編集なので少し消化不良。
次回作は来年5月。シャア・セイラ編までかと思いきやどこまで続けるんだろうか…いっそ一年戦争完結までやってほしい!
もう何もいうことはあるまい。回を追うごとに期待を超えてくる。一体何処までいくのだろう。
今回はハモンの魅力全開💖
とうとう一年戦争が始まり1つ目の山場であるルウムに…
そして今回程ここで終わるのかと思わされる。次回への期待がまた一段と高まり待ち切れない✨✨✨
何処かの国の情勢とリンクしているように思わされるにはわたしだけだろうか?
しょご

しょごの感想・評価

3.8
タチ中尉とかクランプ、コズン出てきただけで泣きそうになる。良き。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
いよいよ開戦となるわけだが、相変わらずドズル、ガルマ、ランバ・ラル、ハモンが魅力的すぎる。あまりいい人に描かれるとよりファーストを見るのが辛くなるのだが。。。
意外にもシャアの出番が少ないのだが、赤いシャアザクに搭乗し我々が知っている赤い彗星になっていく姿が描かれる。黒い三連星もかつてはザク乗りだったことも明かされたり、なぜシャアザクが3倍の速さなのかの謎も解ける。

そして最後のシャアザクが発進するシーンはもう鳥肌ものである!!
まあ究極の寸止めで終わるのだがww
nasuken

nasukenの感想・評価

3.5
ルウム会戦ということなのでバリバリのMS戦を期待したが、開戦に至るまでの経緯中心で戦闘自体は次回回し。
人間ドラマの厚さはオリジンらしくてよかったけど、もう少しMSも見たかったところ。
ガンダムを映せ、ガンダムの戦いぶりを!

連邦スキーではないですが、前作「IV 運命の前夜」でガンダム初お目見えの瞬間は「ウォォーーー」と心で唸りました。
本作では出番ナシ!
テム・レイも怒るよそりゃ。

「ルウム会戦」と銘打っておきながら、肝心のMSの活躍はほとんど描かれず、最後の最後で「そこで終わるか!?」という物足りなさが残る。

人間ドラマを挟んではいるけど、何でお金を払ってまで『ORIGIN』を観に来てるかっていうと、グリグリ動くMSが観たいからなんですよね。
正直セイラの覚醒?もハモンの歌も、中だるみは否めない。
ザビ家の政治模様はまだ見所あったかな。

そもそも前作までのあらすじが長い。
新宿ピカデリーの長い予告の後にさらに10分くらいのあらすじ説明はツライぜ。
コミカルな演出がこの上なく不快だった。
良いところで終わった…
>|