マリー・アントワネットの生涯の作品情報・感想・評価

「マリー・アントワネットの生涯」に投稿された感想・評価

「マリー・アントワネットの生涯」は原題「マリー・アントワネット」で1938年の作品で2時間半の大作。衣装にお金をかけ過ぎて、カラーにするのを断念したとのことだが、カラーであれば同時期に制作された「風と共に去りぬ」などと比較される作品になったのではと思われ惜しい。
原作はシュテファン・ツヴァイクのもので、同じ原作を使っている池田理代子の漫画「ベルサイユのばら」とほぼアントワネットの描き方は同じだが、欠点はほとんど描かれていない。ルイ16世により同情的でラストのほうは、よいファミリードラマ的な要素すらある。逆に革命を起こしたフランス市民は野獣のような描き方でいただけない。
アントワネットを演じたノーマ・シアラーは当時36歳くらいのに対しフェルセンを演じたタイロン・パワーは24歳くらいなので、前半はかなり若々しい青年といった感じで登場するが、ラストで牢獄のアントワネットを助けようとするあたりでは「ベルばら」に負けないヒーローぶり(史実とは違う部分は多少あるが映画の見どころ)。
本作でユニークな登場人物はアントワネットに忠実なランバル公妃と敵対するオルレアン公。ハリウッドの作品なのでセリフは英語なので、冒頭こそ違和感を感じる視聴者もいるかもしれないがすぐに慣れると思われるので問題はない。
アミ

アミの感想・評価

4.1
モノクロ映画だけど、すごい世界観に引き込まれた。豪華でキラキラしてて憧れる。
soffie

soffieの感想・評価

4.5
1938年劇場公開

モノクロ映画

マリーアントワネットとフェルセン伯のラブストーリー

ハリウッドの元祖看板美人女優ノーマ・シアラーと元祖二枚目俳優タイロン・パワーが共演した映画

中世ヨーロッパ王宮コスチューム映画大好きな私がマリーアントワネットの映画で1番ゴージャスで美しいと思った作品✨

ストーリーは「ベルサイユの薔薇」でも描かれた「フランス王妃マリーアントワネットとスウェーデンのフェルセン伯爵の恋」が中心に語られる。

仮面舞踏会で出会い恋に落ちてゆく2人。

明るく愛らしく好奇心旺盛なマリーアントワネットと夫で温厚で陰キャなルイ16世。
夫を尊敬してるマリーと妻を溺愛したいルイ16世だが2人は全く噛み合わない。

そこに白馬の王子様のように現れた長身で美男な北欧貴族のフェルセン伯爵はマリーの初恋にして人生最大の恋の相手。
そして2人の出会いはそのままフランス王室の破滅への道となる。

14歳でオーストリーからフランスに嫁ぎ37歳で処刑されるまでの23年間、王侯貴族の贅を極めた宮廷生活が描かれた豪華絢爛な映画。

コスチューム映画は豪華さが勝負!!
この映画を観たら1980年以降に制作されたヨーロッパ宮廷映画が可哀想になるくらい豪華!!!!✨✨✨
モノクロなのがとても残念!!

ノーマ・シアラーという女優さんはカナダの芸能一家出身で美人コンテストの優勝者、ハリウッドのプロデューサーの目に留まり看板女優になりプロデューサーと結婚した王道のサクセスストーリーの持ち主

モノクロ映画にアールヌーボー調のお顔が古典的で「古…」と最初思ったが、1930年代、彼女の売りは「上品な気品溢れる美しさ」✨だったので映画を観たら
「あ、ハプスブルク家のお姫様ってこんな感じだったのかも」
と思うくらい(良い意味で)浮世離れして可憐で愛らしくキラキラしている✨

相手役のタイロン・パワーはイングランドとアイルランドの血を引く芸能一家出身でアラン・ドロンやアントニオ・バンデラスが演じた「ゾロ」を最初に演じた2枚目俳優。
グレゴリー・ペックや「王様と私」のユル・ブリンナーの先輩俳優。

このFilmarksアプリで今まで観た映画とこれから観たい映画を調べられる様になり、同時にどれくらいの人が注目しているのかも分かる様になり、私の大好きな中世ヨーロッパ王宮モノはマニアックなカテゴリーなんだと今更気付いた今日この頃😭😔

レビューを書いたらイイネを貰いたい、イイネを貰うには「人気の映画」のレビューを書く方が良いのは分かったんだけど…。
どうしても推し映画のレビューが書きたい!
そして私の推しカテゴリーはオタクカテなんだと知り(オタクは構わない、だって腐女子だし)オタクカテの映画はなかなかイイネ貰えない難しさ…、でもアプリの隅っこで布教活動のつもりで細々零細レビューを書いていこう。

モノクロ映画で「これカラーだったら物凄く豪華なんじゃない!?モノクロでもビックリするくらい豪華!!」と思ったのが、この
「マリーアントワネットの生涯」とヴィヴィアン・リー主演の「美女ありき」実在したエマ・ハミルトンを演じためちゃくちゃ豪華な映画。

宮廷コスチューム映画って素晴らしい✨
hideharu

hideharuの感想・評価

2.8
2020.2.12 格安DVDを購入して鑑賞。

MGMのボスの奥さんだったノーマシアラー主演でマリーアントワネットを演じている。
クラッシック映画の名女優の1人ながら多分、彼女の映画は本作が初鑑賞。
あとルイ16世を演じる俳優さんに見覚えあるなぁって思ってたら晩年イギリス映画で太っちょな脇役でよく出ていたロバートモーレイだった。彼は本作で助演男優賞にノミネートされていますが本当に素晴らしいです、アホさ加減が。残念ながら受賞は逃しています。
ちなみにノーマシアラーも主演女優賞にノミネートされてましたがこの年は「黒欄の女」のベティデイビスが獲得なので仕方がないですね。

マリーアントワネットの婚約が決まってから処刑されるまでを約2時間半で描いていますのでかなり端折られている印象です。もっともアニメの「ベルばら」を全話見ているのでちゃんと話しにはついて行けました。

本作は彼女側からの視点になっているのでどうしても彼女に肩入れしてしまいます。それに歴史の真実なんて分かりませんがそんなにアントワネットは悪女だったとも思えないのでやはり悲劇のヒロインとして見えます。
まあ本来のアントワネットのことは良いとして、ノーマシアラーはアントワネットを演じるには歳をとりすぎかと思いましたが中々どうして撮影当時35歳くらいだったと思いますがとてもキュートでした。
人気男優タイロンパワーがフェルセンを演じていますが出番が少なく残念ですね。
あとドリューバリモアのお爺さんも出ています。

そして当時としては大作として制作したと思われますセットの豪華なこと。もちろん衣装も素晴らしいです。モノクロなのがもったいないくらいでした。
古き良き時代のハリウッド映画の1つです。

自分は映画としてのマリーアントワネットやフランス革命の映画を沢山見ている訳ではないですが本作が1番良かったと思います。
レビュー数少ないので多くの方に見てもらいたい。
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

3.8
良いです。豪華絢爛。白黒ですが、衣装に沢山の宝石キラキラを使っているのでとても綺麗です(衣装やセットに巨額の費用がかかりすぎてカラーでなく白黒にせざるを得なかったとか)。ルイ役は絵画から飛び出してきたんかなと思うくらい再現度高いし、昔の映画らしくセリフやジェスチャーが大げさで仰々しいけどそれが雰囲気がある。
タイロン・パワーのフェルセンも素敵だが、私は敢えて悪役オルレアン公を推したい。最初は顔がギャグにしか見えないが、1人だけガチメイクで当時の宮廷貴族を完璧に再現しており、物腰優雅でだんだんとミステリアスに見えてくる。終盤の革命後はメイクを取ってしまうが、ギャグメイクの頃が恋しく感じてしまう。
犬

犬の感想・評価

3.6
子ども

有名なマリー・アントワネットの生涯を描いた歴史ドラマ

豪華絢爛からの、、

時代を感じれる

ロマンス
切ないシーンも

いろいろと大掛かり

ノーマ・シアラーがお綺麗でした
lemmon

lemmonの感想・評価

4.1
これ、観る前から長いし、つまらないかなあと思ったら大間違いでした。

ノーマシアラー後期の一世一代の名演技。前半のド派手なセット、衣装に負けない存在感から、中盤のドラマティックな演技に、後半の情感溢れる繊細さから、いやー少し苦手な女優だったが、彼女を見直しましたm(._.)m

マリーアントワネットの事実はどこにあるのか、歴史上の人物として、悪名高かろうが、映画化するには魅力的な人物なわけだか、こう解釈してるか!とまあ、そこは思いの外、守ったかなあという印象。ま、クラシック映画です。

シアラーはサイレントでも活躍した人な訳で、後半を魅せ切れたのは彼女のお陰です。

ヴェネチア受賞、納得です。観て良かった!
kid

kidの感想・評価

3.5
これが1937年公開って、、
すごいなあ

オルレアン公お人形さんみたいだったけどカツラ取ったら胡散臭いおっさんでわろた

16世誰かに似てる、、なんだろう

大袈裟な演技と思ったけど、そこがまた歴史モノ感があって良いね◎
これは小説原作であって純粋な伝記ではない、特に密室の会話などはフィクションだ…と度々確認しないとつい信じてしまいそうになるぐらい、誇張の少なそうな伝記映画。アントワネット本人の劇的な生涯と豪華絢爛装飾過多の王室世界でお腹いっぱいの大河ドラマ。長尺をものともせず楽しめた。
chobi

chobiの感想・評価

4.0
タイトルが間違ってて出てこなかったので修正しもらいました。
マリー・アントワネットの映画は5本観た内で一番歴史に忠実であろうと思われる映画。モノクロであるが為に帰ってリアル。切ない。観て良かったです。
息子と引き離され、その後の息子がどうなったか気になり調べて、その生涯にショックを受けました。