エリザベスの作品情報・感想・評価

「エリザベス」に投稿された感想・評価

高水

高水の感想・評価

-
歴史はよくわかんない。
エリザベスがすごいことと、ケイトブランシェットがすごいことは、めっちゃわかった。
彼女が完全に君主として目覚めるまで本当に濃いドラマがあった。ラストに前半の回想がでた瞬間息が詰まった。だからこそ名言の「国と結婚した」はインパクトがものすごい…!
登場人物のビジュアルも力が入ってるし、ドレスも素敵なものばかりだった!
tarupon

taruponの感想・評価

3.8
これも、以前から見ようと思っていてタイミングを逸していたもの。
「エリザベスとメアリー」を先日観たし、やっぱりケイト・ブランシェットを観なきゃねって思いました。
これは、エリザベスの即位前から即位、そして処女王としての自覚を持っていくまでの治世の前半を描くもの。
まだ、即位前の迫害はされても普通の姫だった時代から、女王としての自覚を持ち、男の心を持つ女王となっていく過程の、エリザベス自身の戸惑いや揺れを表現するケイト・ブランシェットが瑞々しく初々しい。
全体の流れは起伏に富んでドラマとして面白いし、衣装、美術も豪華で見ごたえたっぷり。
ただ、いろいろな利害関係がある人間がぞろぞろ出てくるし、女王の結婚問題に焦点を当てていて、その他の部分はさらっといろいろ出てくるので、各登場人物が誰でその立場やどういう役割かなどがすぐにピンとくるとより楽しめるかも。
史実に基づいているので勉強になる。この時代の風潮や政治の在り方などが理解できる。
可憐なケイト・ブランシェットから、孤高のケイト・ブランシェットまで、色んなケイト・ブランシェットを鑑賞できる、ケイト・ブランシェット好きにほんのりオススメしたい映画。
y

yの感想・評価

4.0
映画館で見た。
ケイトブランシェットがいい。
雰囲気もいいし、勉強になった。
松井

松井の感想・評価

3.0
顔、全員本人にソックリ。
面白かった。けど、誰が誰だかわからなくなる。けど、面白かった。
イギリスの王宮や衣装は色彩があまり無いんだなと思った。
まあ、好きな人は好きなんじゃない!
muneo

muneoの感想・評価

3.2
エリザベスの苦悩 
窮地にたたされ 覚悟を決めた
エリザベスが自分にはかっこよい
ラストの玉座に座るシーンは
エリザベスの苦悩と覚悟が感じ取れて
熱くなりました(T-T)
snatch

snatchの感想・評価

3.2
ケイト ブランシェットが可憐さから堂々たる女王を演じていて感心する👑やや史実とロバートとのやり取りに引っ張られ気味で、人間としての深みがもう少し欲しかった。先日観た「ふたりの女王」のエリザベスは出番は少ないが、女王としての苦悩が伝わってきた。次の「エリザベス ゴールデンエイジ」に期待しよう〜🇬🇧
「恋に落ちたシェークスピア」や「キリング ミー ソフトリー」でも、ひざまずく快楽提供男子がぴったしのジョセフ ファインズ🛏素顔はどんな人だろうと検索したら、レイフ ファインズがお兄様だったー‼︎ビックリ〰今、知ったー😲
とし

としの感想・評価

3.6
2019年3月23日 #エリザベス 鑑賞
この映画以降、#ケイト・ブランシェット イコール強い女というイメージができあがった気がする。こんなにハマり役もなかなかないだろう。#エリザベス1世 の勉強になります。
>|