マリー・アントワネットの作品情報・感想・評価

マリー・アントワネット2006年製作の映画)

Marie Antoinette

上映日:2007年01月20日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.3

「マリー・アントワネット」に投稿された感想・評価

runedoll

runedollの感想・評価

4.5
隅から隅まで一瞬も気も抜かずゴージャス❗️王室の映画は色々観たけどダントツ❗️
マリー・アントワネットの役つくりもキルスティンダンストンが幼い王女から気品溢れる王妃まで演じきっている。共感してしまう。分かるよ、マリー・アントワネット!
監督はやっぱり台詞に頼らす内面を間合いや空気で伝えてくる。
音楽もすごく良い!
この映画を初めてDVDで観たときしまった!って思った。映画館で観ればよかった💦
私、ベルばら世代ですので🌹
中学生以来で見直してみたら「わかるわこのクソ加減」と共感の嵐だった。中学生にはそりゃわからんわ。マカロン可愛い〜とかしか思ってなかった。セックスに対しての話、子供作れみたいな圧、女同士の目線、浮気、不倫、性欲、鬱憤、むかつくこと、発散、だるみ、うざいんだよ全部の末路。
happy

happyの感想・評価

3.6
衣装がすごい。ファッションの専門学生だった頃に見れてよかった
秋吉

秋吉の感想・評価

3.0
豪華絢爛!!!
なんだこの自由さは!!!
でも王子を産まないといけない重圧・・・
でも自由に生きたい!!!
最高(*´∀`*)
とし

としの感想・評価

3.2
2021年7月28日
映画 #マリー・アントワネット (2006年米)鑑賞

マリー・アントワネットの生涯をポップでガーリーなテイストで描いた作品

フランス人とかオーストリア人とかが見たらどう感じるんだろうな?

このレビューはネタバレを含みます

映像が可愛い。
若い頃はひたすら浪費してみたり、子供が産まれたらオーガニックに目覚めてみたり、現代女子にもこういう子いるよね〜っていう謎の共感をした。
ポパイ

ポパイの感想・評価

4.0
『マリーアントワネット』と聞くと稀代の悪女というイメージが強いが、その印象を揺さぶられた作品。

天真爛漫な少女が貴族社会での立ち振舞いや世継ぎ問題に苦しみながら、その発散のためやがて国庫を傾けるほどの豪遊🍸へと至る様子が描かれる。
朝のお召し替えは面白かった👍

凄まじい浪費だけど前半の苦悩を見てるからマリーを責める気になりにくい。
まあ、どこまで史実に即してるかは知らんが、一人の女性の物語として楽しめた。

時折流れる現代ロック🎸のBGMも彼女の心情を表してて良かった。

何より美術面が素晴らしい❗
本物のベルサイユ宮殿にて、週1の閉館日を利用して撮影されたとのこと🎬。
美しい宮殿はむしろ現実味がないほど圧倒的な贅が凝らされている。1度は行ってみたいね。
ただ、あんなキラキラ部屋✨で寝れるかよ(笑)
色彩豊かな衣装や装飾品なども魅入ってしまう👡。

観賞する時は、ぜひご自身のお気に入りの🍰を用意してどうぞ🎵
meg0912

meg0912の感想・評価

3.0
マリー・アントワネットの華やかな時期に焦点を当てた作品。伝記もの映画ではないので、マリー・アントワネットの生涯を追う作品なら他のものを。音楽のセレクトが絶妙。映像美として見る価値あり。
らくだ

らくだの感想・評価

4.0
政略結婚のためオーストリアからフランス王家に嫁いできたマリーアントワネット。彼女がその不慣れな新天地で暮らし、染まり、そして傾いていく国の奔流に飲み込まれていく…という、キラキラする華やかな王室とその陰を描くフランス歴史ロマンです。

マリーアントワネット役のキルスティン・ダンストがもう本当にキュートで、まさしく王家を凋落させるに至る「傾国の美女」としての存在感が抜群なんですよね…そしてそれを彩る王室の豪華絢爛なビジュアルが本当に華やかでおしゃれなので、これを観ているだけでもなんだか幸せな気分になります。その一方で、おそらく苦難に喘いでいるであろう一般民衆の生活が描かれないというのは徹底していて、その浮世離れしていくような感覚の麻痺がこちらにも感染してきます。この王家の暮らしだけじゃないんですよね。当たり前ですけど。
実際のフランス王室、そしてマリーアントワネット本人の歴史上の真実がどうであったか、そして作品で語られる内容は本物なのか?ファンタジーではないのか?というのは歴史を取り扱う物語の常の議題ではあると思うのですが、この映画に関しては真偽を問わず「もしかしたら、実際こんな感じだったのかもしれない…」という説得力というか、生々しさを感じます。歴史の生々しさを感じさせる映画は良い映画なので…
物語の幕引きも「ここを幕切れに使うのか!」という大胆な余白の使い方で結構驚きました。劇伴も要所で現代のロックが使われたり、それが妙に印象に残るんですよね。
華やかに彩られたレースのクロスの端から気づかぬうちにじわりじわりと泥の染みが広がってくるような、そんなコントラストが印象的な作品でした。
phenomenon

phenomenonの感想・評価

3.8
美術装飾が見ていて乙女の心をピンクにする。
出演者の人々もきっと小道具とかが一つ一つ煌びやかで楽しいだろうなぁと思った。
起床も出産時も食事も貴族たちが拝見しにくるという忠実な王族の描き方もコミカルに見えてよかった。あの異質な生活をこのように映像化してくれてありがとうございます。
>|