マリー・アントワネットに別れをつげての作品情報・感想・評価・動画配信

「マリー・アントワネットに別れをつげて」に投稿された感想・評価

美来

美来の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

そこで終わるんかーーーい✋ってなった
目の付け所はおもしろかった!

でも
 なんかこれみて気づいたのが題材に史実をとる作品って必ず制作側の解釈が入るから自分のその事実に対する知識と考え方の軸がないと入り込めない。。
 現に昔いったマリーアントワネット博では彼女は実は家庭的かつ控えめな女性だったという演出やったのに今回の作品は真逆
鑑賞中、でもこれって制作側の解釈だからなーっていう考えがどこかしら脳内にあってのめり込めない…
 じゃあ見るなよって話やけど史実映画って知識を肥やすのに手っ取り早いのは真理やしドキュメンタリーって面白いながら退屈なんよなーー
フランス王妃マリー・アントワネットを心から敬愛する朗読係のシドニー。彼女は王妃のそばで働ける事に幸せを感じていた。
そんな中フランス革命が勃発。
王妃は最愛の女性を守るため、王妃はシドニーに彼女の身代わりになるよう命じます。

シドニーの気持ちを考えるたら、とても切なく、悲しくなりましたね。身分が違うから当然の結果ではありますが。
王妃ももったいない事しましたね。あんなに純粋に王妃に従順な人間、他にいないですよ。シドニーこそそばに置くべき人間だと思いますけどね。

あと、王宮内部が中心に描かれているため、王宮の外で何が起きてるかがいまいち分かりにくい。もう少し平民の生活や本音を描いても良かったように感じました。
MaeRik

MaeRikの感想・評価

2.5
レア・セドゥが好きなのでコレクションとして。
若干百合。
ヴェルサイユで撮ったしとても豪華で絵的には見応えあるけどストーリーはなんだか微妙な感じがした。ゴメン
消化不良もいいところ。
もっとドラマティックなサスペンスを期待していたけれど
女同士の恋愛感情に絡めた話で退屈だった。
ようやく本題に入って盛り上がってきたところで終わる。
こむぎ

こむぎの感想・評価

3.3

レア・セドゥの女性に思いを馳せる姿って凄く魅力的なのに何だかもったいないストーリー…
よく分からないまま終わってました。宮殿と衣装の豪華さは素敵だった!
ずっと宮殿の中にいるから、外で何が起きているのかわからず、この期に及んでダリアの刺繍を欲しがるとか、危機感があまり伝わらない感じが逆にリアル。
beegchiko

beegchikoの感想・評価

3.5
2020/9/8
原題:FAREWELL, MY QUEEN (別れ、私の女王)
r

rの感想・評価

3.3
ドレスとかインテリアとか細かいところまで綺麗で絵を見てるような感じだった

宮殿の男たち皆モーツァルトみたい
ta2

ta2の感想・評価

-
レアセドゥの低いフランス語きれい。
本筋と関係ないけど、王妃の独りになれない感じはつらい。常に侍女に様子を見られている。
えり

えりの感想・評価

3.5
侍女 (朗読係) の目線からフランス革命勃発時の宮殿内を描いた映画

歴史の解釈が新鮮で興味深かった。
なによりフェルゼンが一切でてこない笑

最後の余韻が残る感じ
人によって意見が分かれそうだけど
私はフランス映画らしくて好きでした
>|