ゴジラVSビオランテの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴジラVSビオランテ」に投稿された感想・評価

ゴジラが登場するまでが長い。けれど登場してからの盛り上がりはvsシリーズ随一。
クソ弱そうなジョン・ウィックみたいなやつが出てくるたび笑ってしまう。
akinaki

akinakiの感想・評価

3.5
平成ゴジラの中では環境問題に踏み込んだうえオリジナル怪獣も出すなどかなり攻めた内容に。物語は結構高評価だったもののビオランテは往年の怪獣のような人気は得られず。うまくやればヘドラの兄弟格になったはずだが…
子供の頃に映画館で観てビオランテの怖さに夜眠れなかったしょっぱい思い出。今見ても嫌悪感を覚えるほどのビオランテの造形。もはや薔薇の要素ない第2形態の方ね。緑の粘液グチャーもキモくてクリーチャーとしてよくできてると思う。これに比べたらゴジラは可愛いほう。

サイキックって懐かしい。ブームだった時期ちょっと覚えてるような。しかし役者の大半が大根で興ざめだよ…これだから邦画敬遠しちゃう。今はそんなことないのかもだけど。
KCUFUMI

KCUFUMIの感想・評価

3.2
ゴジラ細胞を使って人間の手により作りだされた、
薔薇の怪獣ビオランテ。

ゴジラ怪獣の中で一番好きな怪獣。
子供の頃、映画館で見た時からずっと。

子供の頃以来に鑑賞してみたけど、
映画としては面白くない。

ビオランテがめちゃくちゃカッコイイだけ。

なのにビオランテは少ししか登場しない(105分のなかの15分くらい)

ほとんど人間vsゴジラで、
人間達のくだらないシーンがほとんど。

この頃のゴジラの顔は可愛いし迫力無いしw

早くビオランテ出せや‼︎
ってイライラしたw
ビオランテ、博士のためにゴジラと戦ってくれたのねん。
要所要所に訳分からんところあったけど、そこも平成初期っぽくて笑えました。

21/51作目
中村

中村の感想・評価

3.6
ビオランテのビジュアルが良すぎる。
今の映像技術でもう一度ビオランテが見たい。
春風

春風の感想・評価

3.0
「とりあえずベッド」「一緒に行くわ」というドン引きのオチ。閣下びっくりした。悪魔歳とらない。
satom

satomの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

平成vsシリーズ1作目。
初めて動くビオランテを観れた。

人間とゴジラと薔薇から生まれた哀しきキメラ。
白神博士とその周りがサイコパス過ぎる。
白神博士はマットサイエンティストであるのは明白なのだけれど、ビオランテを生み出した張本人であるにも関わらず、拘束される事もなく平然と過ごしている。
演技が棒なのも相まって更に怖い。
周りもまた、何の疑念も持たず白神博士と共にゴジラとビオランテに立ち向かおうとする。
鑑賞しながら自分だけがおかしいのかと思ってしまった。

ゴジラは前作よりも白目部分が黒くなったのか、より凶悪な面持ちになった。
ビオランテのビジュアルも、取り込んだゴジラ細胞の影響か爬虫類顔だったり、ゴジラより大きいのも迫力があって良かった。
CG技術も新しく面白かった。

全体的な内容や展開としても、「シン・ゴジラ」は今作から着想を得たのかなと思えるようなシーンが多く、ワクワクしながら鑑賞できた。
人間たちが勝手にわちゃわちゃしてる感じだった。
期待したほどじゃなくて残念。
>|

あなたにおすすめの記事