ゴジラ×メカゴジラの作品情報・感想・評価

「ゴジラ×メカゴジラ」に投稿された感想・評価

やっぱ手塚ゴジラは肌に合わない…。
子供騙しを子供騙しとして見せてるに過ぎない。台詞も演出も特撮もCGも。全てが軽くて臭くて寒い。松井選手の棒読みが全く浮かないって逆に凄い。
唯一のホンモノの自衛隊。この全面協力も前作の金子ゴジラ(GMK)のおかげ。それすらも生かせてない。
釈由美子が叫ぶシーンが印象的
2000シリーズのゴジラがかっこよくて好き
実写版ゴジラシリーズ全作品鑑賞挑戦の残り二作品ですがこの作品を初めて鑑賞し、残り一作品となりました。・・・と鑑賞終わって地デジに画面を切り替えたらあの親方が記者会見を開いていた。
“一兵卒で・・・”と発言し協会に屈していたのかと思いきや・・・・やはり男だった。

鑑賞するまではム!!!メカゴジラ??なんてと思っていましたが結構楽しめる作品でした。

房総半島沖の海底で1954年に眠った遺骨が発見され取り出したゴジラの遺伝子を取り込んでメカゴジラを誕生させ本家ゴジラと対決させよとする展開でした。

でも、主人公で単身本家ゴジラと戦うのが細身の女性自衛隊員を演じているのが釈由美子さんと言うのがどうも納得できない・・・。それに子供の観客を意識しての画面に子供の姿を外さないの事を諦めてほしい。

しかし、本家ゴジラの姿はこの時期の作品が私は一番好きでカッコイイと思います。日本映画界の最大のヒーローであるゴジラの結末はお決まりの通りでした。

我がXX軍は永遠に不滅・・・、いやゴジラは不滅です。第三のゴジラが一瞬登場しますが瞬きをしていると見過ごしてしまう程でした。

いよいよ残り一作品になりました。
piceus

piceusの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

釈由美子が強いヒロインで格好良すぎ。演技はちょっと(ちょっと?)覚束無い気もするけど。。このゴジラが弱いって指摘がありますけどんなことはどうでもいんだよ美しいは正義なんだよ!台風に乗じて現れて、顔が良ければそれでいいんだよゴジラは!!(錯乱)。気を取り直して、機龍はエヴァの真似では?という声もありますがデザインも設定もこれだけ完成度高ければ、真似でも何でも評価に値すると思います。ただのスーパーロボットではない所に怪獣としてのエロスが宿る。ラストシーンはミレニアムシリーズきっての名場面と言いたい。
はけ

はけの感想・評価

3.2
なんかネットでもまったく突っ込んでる人が居なかったんですが、このゴジラ最初から最後まで、全編通して意識が朦朧としてませんか?
ミサイルとか食らっても棒立ちで反応はおろか瞬きすらしない姿に大爆笑してしまいました。
ストーリーどうこうよりも、人間サイドの必死さとゴジラの朦朧っぷりのコントラストが異様で面白かったです。
オォー!とニヤニヤしながら言ってしまうようなちょうどいいチープさが今の自分のニーズを満たしてくれた。
レディプレイヤー1と読んだ本にメカゴジラが出てきた影響で見たが、釈由美子や中尾彬などが出ていて驚いた。ミレニアムシリーズのゴジラは小さい頃見ていたが記憶にないし、最近はシンゴジラとレディプレイヤー1のメカゴジラを見たのでアクションシーンがショボくないか不安だったが思ったよりも楽しめた。アブソリュートゼロは普通にカッコよかった分、不発で残念。次作が楽しみである。
親子との絡みは不要だった気がする。松井秀喜の棒読みと関東中を簡単に停電にしてしまうシーンはさすがに笑けてしまった笑
kadocks

kadocksの感想・評価

4.0
ずっとこれがまた観たくてグチュグチュしてたが、ロードショー以来久々に観た。

ミレニアムシリーズ最高作だろう。
手塚作品で最高作。

釈由美子がやはり良い。台詞とかダメダメだけどあまり喋らさない事によって逆にストイックさを強調、巧い。
CGを加える事によってかつてのノンビリしていたメカゴジラより遥かに動的になった事によって獲得したダイナミズムと、別な意味のチープさ。
機竜自体はエヴァの影響を受けすぎてる気もするけど、エヴァ後なのでシナリオが影響受けるのも仕方ない。

勿論ゴジラ映画なのでそこに平成ガメラシリーズの様なリアリティを求めてもしょうがないけど、別な意味で空想科学映画になっていて、今観ても楽しめる。

大島さんの音楽は笑っちゃう、ゴジラはこうじゃない。
今回のゴジラは、人類目線が強いです。

最初のゴジラとの遭遇で、上司を殺されたヤシロアカネが、「機龍」のメインパイロットになり、宿敵ゴジラに挑む。

戦いのシーンが、「鉄甲機ミカヅキ」(2000年度TV作品)と似た感じになってしまったのは、仕方ないですけど。
やはりCG処理により、戦いが派手になってゴジラや機龍が、ピョーンと跳ばされるシーンは個人的には?と思います。

釈由美子のヤシロアカネ役は、なかなか良かったと思います。隠れた平成ゴジラ俳優で富樫隊長役の高杉亘は、この作品でも安定した演技で、自衛隊の組織の顔を演じてます。私だけかも知れませんが、高杉さんは「松田優作」に顔も声も似てると思ってます・・。
まぁ

まぁの感想・評価

3.3
何故「メカゴジラ」が造られたのかが分かって…
…先日鑑賞した「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ」に繋がった…☆

序盤からゴジラが出てきて…「おおっ!」…となったけれど…
これが「元」だったんだ…メカゴジラ造り…
(少し複雑…)

ゴジラもメカゴジラも…「人間」が創り出したもの…
…それが…「闘いあう」というのは…やはり複雑な気持ち…

それにしても…昭和29年に…既に「ゴジラ」が出現していたとは…びっくり…
(初めて知った…)
…この「ゴジラ」の亡骸…表情が悲しそうだった…

ゴジラのメイン曲が流れないのは…残念…
聴きたかったな…♪

釈由美子…凛々しかった…♡
ハテナ

ハテナの感想・評価

2.8
初ゴジ改変は解釈できるようになったけど、露骨な偽善推しでやっぱり好きになれない1作。

観た日:2014/07/29
>|