ゴジラ×メカゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴジラ×メカゴジラ」に投稿された感想・評価

TERU

TERUの感想・評価

3.0
脚本
★★☆☆☆
演出
★★☆☆☆
特撮
★★★☆☆

2000年の同監督の作品が嘘のように見やすく仕上がってる
どこか古臭さは感じるものの、テンポ良く話は進み、良い塩梅で爆発や破壊描写も楽しめる

機龍の軽々し過ぎる動きにはちょっとモヤるが、降下シーンの描写は秀逸
ゴジラの勝負強さはカメオ出演の松井秀喜選手を彷彿とさせる

小学生が基地のカフェで働いてるのはよく分からん
dodo

dodoの感想・評価

3.0
尖った釈さんもキュート。
機龍の飛び方が(笑)
ゴジラシリーズは必ず問いを残す。悪いのは本当にゴジラなのか?と。
サラちゃんが死んだ母親かわりに持ち歩く眠り草だが、私はオジギソウという名前の方が馴染みがある。関係ない話だが、また育ててみようかな。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.1
ゴジラに因縁のある特殊生物自衛隊隊員がメカゴジラ(三式機龍)に乗って戦うシリーズ26作目。
今度のパラレルワールド設定はメカゴジラに初代ゴジラの骨を使用しているという点でしょうか。前までの作品を観ていたお子様達が混乱しそうです。無理に繋げない潔さの為か上映時間の短縮の為かは不明ですが災厄としてのゴジラを倒すという軸がブレていません。
自衛隊の美人隊員がクールな釈由美子というファンタジーに近しい存在ですが徐々に子どもに心を開いていくのは王道的でした。
個人的に残念だったのはデザインや名前がイカした機龍で推すならタイトルもズバリシンプルに『機龍』して欲しかったです。
sima

simaの感想・評価

4.0
第26作目。
存在感薄めゴジラ。夕日の逆光で項垂れる電池切れシーン。
本日にてWOWOWオンデマンドの配信終了のため駆け込み視聴

釈由美子さん頑張っていたなぁ〜、トーレーニング風景や走る姿がそれなりに様になっていた気がする。
サプライズだったのは、”ゴジラ松井”こと松井秀喜さんが少年野球のコーチ役⁈で登場❗️

1作目を除いて、相変わらず前作および過去のシリーズ作品との関連性は薄い😓
前作の白目を剥いていたのは、よほど評判が悪かったのか、本作は以前のゴジラの眼差しに戻っていた。
わった

わったの感想・評価

3.3
パシフィック・リムが菊地凛子ならこっちは釈由美子だ!
ま、正直だれでもいいかもw
2TOM

2TOMの感想・評価

2.8
2022年 : 195作目/劇場鑑賞:10作
※2022/7/21(木)
※DVD

■人間側
釈由美子の演技に耐えられるかが、本作の評価が分かれるところ。特に顔芸がもう、我慢ならない。急に”生命”を語る子役にも違和感。それと首相…背を向けて歩きながら「全責任は私がとる」って言われてもね。説得力が無いよ。野球界からあの人がゲスト出演。演技はお察し。

■怪獣たち
本作はゴジラが速攻で登場。前作の「白目ゴジラ」に比べると、だいぶハンサム。青白い熱線で薙ぎ払う演出はかっこいい。初代ゴジラを含む過去の怪獣作品と関連があるのが良い。そして「唯一ゴジラの被害を受けた国」と首相が発言。今作もマグロ野郎は無かったことに。

■見どころ
やはりメカゴジラ「機龍」のデザイン。カッコイイよ! 安っぽい合成演出で笑ってしまうところも、本作の魅力かと。ある意味、釈由美子も「見どころ」と言えるね。
申し訳ないけど面白くなかった
ゴジラ好きだから期待しすぎたのかもしれないけど
sheevsan

sheevsanの感想・評価

3.0
機龍の設定がエヴァみがあってワクワクする!ギミックもたくさんあって激アツバトルも楽しめます!
キリン

キリンの感想・評価

2.0
チープだな
只管チープだ
チープ過ぎ

一句詠んでみた

ゴジラの重厚感も何もあったものじゃない

異論はあるだろうけど、自分にとってのゴジラものの一番は
「シン・ゴジラ」かな~(石原さとみの英語は置いておいて)
>|

あなたにおすすめの記事