ゴジラVSキングギドラの作品情報・感想・評価・動画配信

『ゴジラVSキングギドラ』に投稿された感想・評価

Radical

Radicalの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2014年にも観賞
日本の未来が主軸となる人と怪獣による大決戦
キングギドラがカッコ良過ぎる
戦闘機との空中戦はギドラの機動力最大の見せ場となる
そしてゴジラに蹂躙される東京
満を持して登場するメカ…

>>続きを読む
おらん

おらんの感想・評価

4.5
今年678本目
初代ウルトラマンのハヤタ隊員とキャップがでてる!?

新堂会長かっこよ。

めちゃくちゃ面白かった。
pen

penの感想・評価

-

こちらはビオランテと真反対な作風。
しかし展開のスムーズさと濃さは健在。ゴジラが実はラゴス島にいる恐竜だったのでは? という大胆な仮説で進むパートと23世紀から来た未来人の話がマルチで進み、やがて結…

>>続きを読む

バブル末期に制作された怪獣映画。
「ターミネーター」や「エイリアン2」の受け売りはミエミエですが、悪くない。
良い怪獣も悪い怪獣も人間しだい。
UFOの正体はタイムマシン、は自分も日頃から考えていた…

>>続きを読む
konitaro

konitaroの感想・評価

5.0
そんなバカな、、と思いながらもあれよあれよと話が進んでいく。劇中の人物が何も疑わない、というのがとても気持ちいい。

キングギドラ誕生のくだりで、この映画は最高だと確信した。
との

とのの感想・評価

3.0

ゴジラ最大のライバルであるキングギドラ回。タイムリープ、アンドロイド、サーボーグ怪獣、設定てんこ盛りの本作。もう突っ込みどころしかないが、アンドロイドは個人的に結構好き。それにしてもゴジラはまだしも…

>>続きを読む
tm

tmの感想・評価

3.3
21世紀以降の日本は米中ソに並ぶ四大国となってるって設定に夢がある

黒部進と小林昭二のウルトラマンコンビが序盤に渋い演技で共演してるのがアツい!
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7

1991年。東宝作品。ゴジラシリーズ。

脚本・監督、大森一樹。
キャスト、中川安奈、豊原功補、小高恵美他。

大森一樹監督の追悼で拝見しました。
大森一樹監督作品の中では一番回数観てる作品です。

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

ターミネーターが流行ってたのかな?という感じで当時のトレンドが伝わる映画。
そしてそのトレンドの一つであったであろうbtfが本作のストーリーの柱にかなりなってたんだけども、かなり矛盾を孕んだ設定とな…

>>続きを読む
大人が当時を懐かしんで見るにはいいと思う。
音楽が助けてるよね。
時任三郎若いな。
>|

あなたにおすすめの記事