ゴジラの作品情報・感想・評価

「ゴジラ」に投稿された感想・評価

1984年のゴジラの銀幕復帰作。
最初の遭難船内での死体発見シーンで、今回は怪奇映画に立ち返っていますと観客に申し開きしているように、敵怪獣の登場しない初代ゴジラを意識した硬派なストーリーの作品となっている。
政府はゴジラの復活を確認するも、国民に公表すると国民がパニックを起こすとのことで最初は隠蔽し、アメリカとソ連の武力衝突を避けるためにゴジラの情報を解禁するなど、当時の外交事情などが描かれている。
本作の特徴は、昭和シリーズとはうって変わってゴジラが徹底的に嫌われものだということだ。最初にゴジラに仲間を殺された学生は勿論、日本政府も、自衛隊も、生物学者も、みんなが躍起になってゴジラを殺そうとする。四方八方からの攻撃をものともしないゴジラの姿に、ちょっと勇気付けられる。
技術的に進歩している点としては、アニマトロニクスでゴジラの表情を描いているところ。眉とくちびるが動く大掛かりな仕掛けだ。ゴジラが破壊する高層ビルのミニチュアの巨大さもシリーズ随一だが、これを引き画でみると案外迫力がなく、棒立ち状態のゴジラにも生物感がない。特撮シーンと俳優のドラマシーンのつなぎが上手くないので、ゴジラが暴れているのにまったく快感を感じなかった。これはいただけない。ゴジラ映画ならば、主役のゴジラが登場すれば「待ってました!」となるはずなのに、本作はゴジラが出てくるまでは面白いのに、ゴジラが姿を現してからはどんどん冷えていく。ゴジラをみているはずなのに、すこぶる退屈なシーンの連続にげんなりしてしまった。こんなにつまらなかったっけ?つまらないという一点においては、シリーズ中でもぶっちぎりの駄作だ。
初代を下敷きにしていながら、ゴジラが口から吐くのはチェンコフ放射ではなく単なる高熱を帯びた光線だという逃げ腰の改変や、ゴジラは触れただけで核物質を吸収してしまうという誰も傷付けない設定、首相が米ソ特使に言ってやったぞ感満載で言うお説教など、どうにも好きになれない映画だが、とりあえず沢口靖子の大根っぷりが微笑ましい。
欠点は多い作品だとは思うが、今になって見返すと『シン・ゴジラ』を見据えていたテーマの先見性をもって評価できる作品ではある。
こ

この感想・評価

3.0
辻褄があわないところもあるけど、
なかなかよかったのではないでしょうか。
でも音楽がなんか違和感なんだよなあ。
武田鉄矢はなんなんだ。
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.2
シリーズ第16作目。
平成ゴジラシリーズ幕開けの一作!

怪獣映画から真面目な災害パニックムービーに転向し、全体にシリアスな展開が続く。(金八休憩あり)
核問題や原発事故への対策、誘導作戦による近隣への配慮など、細かい部分までしっかり作ってある印象。
良い悪いは別としてヒーローゴジラを原点である破壊神として再構築した新シリーズは偉大だと思う。

この作品を改めて見て、今の技術を最大限生かしエンターテイメント、そして災害モノとしてこの時代にやりたかったことをしっかりとした完成度で現代に蘇らせた庵野監督の手腕の凄さが改めて伺えた。
YukiYamada

YukiYamadaの感想・評価

3.9
想像以上に大人のドラマ溢れるゴジラだった。
シン・ゴジラの先駆けと言ってもいいような作風?考証がしっかりしているような気がした。
それにしても超高層ビルに囲まれた80m「しかない」ゴジラの容貌たるや、時代を感じさせる。
そういう意味ではシン・ゴジラはたいへんうまいことレイアウトを考えていたのかなと思う。ギャレゴジもしかりだけど。ビルに負けない存在感。
本作は重厚とも言えるドラマが見応えがあり、総理が非核三原則を徹して「この国に核は持ち込ませない」と頑として言い切ったところで胸が熱くなった。
消息不明の漁船が発見され生存者(宅麻伸)の証言から30年ぶりにゴジラの出現を知る
それに軍事力をもって対応しようとする日本政府首脳(小林桂樹ら)たち、超音波による誘導後火山爆発で葬ることを画策する林田博士(夏木陽介)たち、一方米ソの思惑なども絡み合う怪獣パニック映画

ゴジラシリーズ第16作目、前作から9年ぶりの新作であり、ゴジラ30周年を記念して設定を新たに第1作目の直接の続編とし、実際にゴジラが現れたらどうなる?的なリアルなシュミレーションテイストで描く

あまり評価は高くないようですが個人的には面白かった!もしかしてシリーズ通して見てきて、昭和シリーズ末期がひどかったからそれと比較してそう感じるのかもしれないが

やっぱりゴジラは変な思惑がからまない、善悪ではないのがいいですね、純粋にその脅威、恐ろしさを味わえました
とはいえ、今作でも超音波コントロールは出てくるんだけどね

そしてキャストが豪華だと見ていて楽しいですね、昭和の名優的なメンツが勢ぞろいする日本政府首脳の顔ぶれは壮観です、それもみんなクセのある役者が多くてこれで政治ドラマも見てみたいと思えるようなメンバーでした
あとは沢口靖子がかわいい!ヒロインにふさわしい透明感、そして喋り方も印象的でした

当時ゴジラ30周年との事ですが、今となってはこの作品も30年以上前なので時代を感じますね
でも昔の映画ばかり見ているせいか1984年の映画って言ったら最近って感じてしまう不思議
初見のイメージは怖くてくらい、この前見たときは骨太で武田鉄矢。
平成シリーズを見たくて
ここから見直す。
武田鉄矢笑った。
ぴ

ぴの感想・評価

3.2
やはり原点回帰してる作品は面白い。
初代といい、今作といい、シン・ゴジラといい、やっぱりゴジラ対人間の構図がいいですね。
それにしても沢口靖子美人すぎ
HK

HKの感想・評価

3.6
ゴジラ映画シリーズ第16作目、初代ゴジラのリブート版。前作の「メカゴジラの逆襲」から9年ぶりの作品である。監督は「さよならジュピター」の橋本幸治

個人的には、この映画に出てくるゴジラはちょっと可愛いと思う。時は最早バブル絶頂期で、都心にはあたり一面に超高層ビルが建てられている時代。体調が80メートルになりながらも、やはりゴジラが埋もれている。そんな感じがした。

この頃は、SF絶頂期でもあり、近未来の世界観に一番夢見ていて、尚且つ日本がナンバーワンの時代でもあったため、ゴジラというものもそんな日本に埋もれていたのかもしれない。シン・ゴジラのキャッチコピーで「虚構vs現実」というものがあるが、この時は現実が勝っていたのかな。ただし、そんな街並みをゴジラにぶっ壊してほしかった。

しかし、この時はサイボットゴジラというものを使っていたらしいのだが、もう着ぐるみのゴジラと全然顔つきが違うため顔がアップされた瞬間違和感しか感じなかった。

しかし、特撮面では、爆破の中野さんらしい激しい映像であった。しかし、ちょっと抑えめであるのが残念。久しぶりに平成ゴジラを見たため、盛り上がったから良かったけど。

スーパーX のデザインは、ある意味スタイリッシュ。悪く言えばがらんどう。もうちょっとごちゃごちゃついた角ばったデザインが好きな自分には物足りない。あんなちっぽけながらも真正面からズバババンってカドミウム弾を撃っていく様子は流石である。

しかし、ゴジラを生物的に捉え、渡り鳥の帰巣本能を利用して三原山に誘導するという作戦はとても斬新。こういう生物的なゴジラの新解釈というものがこの先の平成VSシリーズにおいても重要な役割になっていく。そう思うととても感慨深いと感じた。

しかしこの映画見ると、アメリカとかソ連とか嫌いになるね。あいつら普通に核兵器使おうとしてたし、その分総理の判断はかっこよかったと思う。

後のVSシリーズの先駆けとしてはいい駆け出しだったのかな。

三原山で沈むゴジラにはどこか哀愁があった。
まさかのフナムシ怪獣『ショッキラス』。

こいつが巨大化してゴジラと戦える日を願う。
>|