ゴジラVSメカゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

『ゴジラVSメカゴジラ』に投稿された感想・評価

との

とのの感想・評価

3.0
スーパーメカゴジラ合体完了!ガルーダ背負っただけだし明らかに弱体化なのは置いておいて、、メカゴジラは少年の夢が詰まったような存在、男の子ならみんな大好き。せっかく格好いいメカゴジラなのだから、もう少しこちらを主軸に撮ってほしかった。ベビーゴジラはまたの機会で良かったと思う。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
「シン・ゴジラ」なんかで楽しんだ後観ると「なんと幼稚な!」と怒りが込み上げそうになるが、本来の大部分のゴジラ映画は子供たちの為の映画だったなと猛省する。
髙嶋政宏さんがゴジラに対抗するための組織Gフォース内の職種を転々とする穴埋めストーリーが能天気すぎてびっくりするが、メインはゴジラと兵器としてのメカゴジラの闘い。CG以前の特撮はぶっ壊して爆破してが醍醐味だがシリーズ最大の火薬量は流石に凄い。
英語喋りながらメカゴジラを操縦する原田大二郎さんはなかなか良いし、国際色出すため要員のシェリー・スゥエニーさんて懐かしいな。
中山忍さんがチラッと出てきてゴジラとガメラを両方制したと思ったら、川津祐介さんもだった。
満を持して出撃するメカゴジラの兵器っぽさと、バリエーション豊かな攻撃スキルでゴジラを圧倒する姿。複数の搭乗員で操縦する設定が浪漫だ。テーマ曲も重厚で格好良い。プラズマグレネードしか勝たん!

それでもゴジラが当たり前に強過ぎた。
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7
1993年。東宝作品。ゴジラシリーズ。

監督、大河原孝夫。
キャスト、高嶋政宏、佐野量子他。

11月3日はゴジラの誕生日なので、毎年、ゴジラシリーズから一本セレクトして観てます。
色々迷ったのですが、
今年はコレにしました。
全世代ゴジラアンケートと云うのがあって、
それで、ベスト2でした。
へえ〜っと思って、世代別で60代以上のベストテンを調べたらベスト1は、
キングコング対ゴジラ、でした。
まあ、そうでしょうね。
ワタシも賛成です。
そんなワケで、自分で選ぶといつも昭和のゴジラシリーズばかり観る羽目になるので、
今回は他力本願でのセレクト。
それでももう5〜6回観てますかね。

平成ゴジラシリーズでは、
ゴジラVSキングギドラが一番のお気に入りですが、

さて、久しぶりに観た感想は、
意外にラドンが大活躍でしたね。
あまり印象になかったのですが、
結構、キーポイントでしたね。

あとゴジラシリーズ40周年。
シリーズ20作品目ト云うコトもあって、かなりな力作でしたね。
特に特撮が大盤振る舞い!
凄いです!
もちろんゴジラシリーズでは、まだ、CGでなく、モンスタースーツの特撮ですが、
観ているうちにだんだん気にならなくなってくるから不思議ですね。
ゴジラの造形も好きな方です。
少し太り過ぎかも知れませんが、

ベビーゴジラを観ながら、
ETを思い出していたのですが、
造形的に大差ないト思うのですが、
ETにおける作品のリアリティとゴジラのそれとでは差があるコトが造形物を観る目にも反映してるンですかね?
ミニラだって、スピルバーグが撮ったらリアリティある造形物になり得るってコトですかね⁇
不思議です。

さて、遂に2023年11月3日に日本製の新しいゴジラが公開されるコトに決まりました♪
おめでとう㊗️
監督は、山崎貴氏。
絶対にシン・ゴジラと比較されるト思いますが、
ココは勇気ある決断に拍手を贈りたいと思います♪
パチパチパチパチ👏
私が人生ではじめて映画館に見に行った作品。父親に連れて行ってもらった。

大人になってから改めて見てみると、今でも活躍してる有名な俳優さんが結構出てた事に気づく。
太宰治

太宰治の感想・評価

3.3
高嶋政宏を中心としたスポ根的な要素がもうちょっとあったら良かったのにな
dodo

dodoの感想・評価

3.5
ベビーゴジラの可愛いこと💕
このゴジラは別に日本を破壊しに来たわけじゃないのよ。同族のベビーゴジラをお迎えに来ただけなのに、人間って勝手だわ〜と思わされる。根本的にはゴジラシリーズはそこである。ゴジラ自体に悪気はないのである。1番悪いのは水爆などをつくり、実験を繰り返した人間で間違いない。1番必要のない生物は人間かもしれない。
それにしてもベビーゴジラに向かって優しく吠えるゴジラにちょっとキュンときた。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.0
23世紀の技術で作られたメカゴジラがゴジラと対峙するシリーズ20作目。
今作からゴジラ対策部隊Gフォースが登場。急に話が嘘くさくなった気もしますがウルトラマンなどの作品にもこの様な組織はあるので違和感はありません。
さて違和感といえばベビーゴジラ。名前の如くの存在ですが可愛いらしさはありますが、やはり昭和のセンスが炸裂したミニラでないとピンときませんでした。
ラドンが登場してくれたのは嬉しかったです。
おれ

おれの感想・評価

1.8
映画100本ノック延長の75本目。ゴジラシリーズ第20作目。ベイビーゴジラとは何か、ミニラじゃダメだったのか。決して可愛くないミニラが好きなのにな。
sima

simaの感想・評価

4.0
第20作目。生誕40周年記念。
よわよわメカゴジラ。ベビたんめんこい。ゴジラの父性。
>|

あなたにおすすめの記事