ガメラ 大怪獣空中決戦の作品情報・感想・評価

「ガメラ 大怪獣空中決戦」に投稿された感想・評価

ガメラ=亀×ゴジラだったのかぁ
破壊シーンがこれぞ特撮って感じ
とにかく壊す。壊しまくる。
特撮史に燦然とその名を残す平成ガメラシリーズの記念すべき第一作
ちあい

ちあいの感想・評価

4.0
やっぱりガメラ!面白い
わかりやすい怪獣登場
そしてガメラを応援したくなる気持ち!
巫女になりたい
oshunshun

oshunshunの感想・評価

3.1
ギャオス怖い。シンゴジラに通ずる巨大生物出現時の対応。だいぶ子供向けだけど。福岡ドームの作戦とか面白かった。
しょう

しょうの感想・評価

4.0
ガメラのデザインは丸っこく特撮と着ぐるみがメインの演出でまだ昭和っぽさが残っている印象。ガメラも正義の味方という側面が強く、王道を行く展開。長さも短めで全体的に幼児向けの構成となっている。
シン・ゴジラを先駆けてた伊藤さんの怪獣出現リアルシュミレーション方向の脚本がいい。こちらもやはり政府のまずい対応。少女とガメラがコンタクトなんておかずはいらなかった。キャストが微妙に貧乏臭く、華が無いのが残念。何と言っても工夫に満ちた樋口特撮のすばらしさ。オープンミニチュアセットでの撮影であんなにもリアルな特撮シーンになるとは驚き。
ガメラというモノは知ってたけど、まさかアトランティスの残した生物兵器という設定にはビビった。

ギャオスの単体染色体という設定もなかなかイイですし、造形も気に入りました。

そうか、怪獣同士の戦いではなく、あくまで人間を守る存在と、滅ぼす存在の戦いなんですね。全然知らなかったので、なんとなくガメラやギャオスたちが人間を襲う話しかと思ってたので驚きが大きかったです。

勾玉を持った女の子の演技が初々しくて良かった。

ついでに言えば「ガメラ」と言えば思い出すのが鴻上尚史さんの「ドンキホーテのピアス」の挿絵に中川 いさみさんが全国の鈴木さんに向けてにガメラを見るように宣伝していたことです・・・あのギャグはシュールで好きでした!

で、最も驚いたのは音楽が「水曜どうでしょう」でよくかかる曲だということです(笑)すごくびっくりしました!

続きが気になる素晴らしい作品。
MaruFuku

MaruFukuの感想・評価

3.5
平成ガメラ3部作一発目。もう20年以上前なんやなぁ…

テンポよく進行するのが◎
凛とした中山忍がかわいい◎
当時イキの良かったキャストたち。

ガメラ、ギャオスの調査が並行して、交わっていく。
古代文明の遺産という設定が"ならでは"感。
福岡ドームに追い込む作戦てのはちょっと笑ったなぁ。
けど状況を理解せずガメラへの攻撃を続ける政府・自衛隊への怒りとともにぐいぐい引き込まれます。
ギャオスへの不快感と対するように高まるガメラへの感情移入。


初代ガメラも、ゴジラに比べてあまり触れてこなかったけど、ちゃんと観ようと思いました。
怪獣の生態調査で物語が進んでいき、具体的な怪獣捕獲作戦など単純なドンパチではない、異形の物としてではなく生物としての興味が止まらない、怪獣映画としての抜き所が詰まったすてきな映画!!
ギャオス自体はシャープでそれ自体は本当にかっこいいのだけど、ビジュアルインパクトとして薄いと正直思ってしまいました。(三部作全部見るとギャオスで良かったー!!ってなっちゃいます。)
ガメラの造形が本当にかっこよすぎて、テーブルにフィギュア飾ってるんですよね。。だから食事の時とテレビ見る時はいつとガメラと一緒なんですよ。
贅沢な話ですよね。
怪獣映画好きに再び火を着けてくれた映画。確かに今見るとだけど。ギャオス怖ーし、最後の対決も西部劇みたいでかっけーし、最後のセリフ「ガメラはきっと来るから」もいーし、つまり最高。
>|