ガメラ 大怪獣空中決戦の作品情報・感想・評価

「ガメラ 大怪獣空中決戦」に投稿された感想・評価

桜花

桜花の感想・評価

-
特撮は小学校低学年に卒業して初代ゴジラを見たくらい(CGのシンゴジラはノーカン)。
劇伴と特撮は(多分)クオリティ高いのに、ドラマ部分の雑さがえげつない。
役者の棒演技はもちろん、特に胸に迫るものもなく、大きな特徴であるリアル怪獣モノ路線としては自衛隊その他政府機関の情報管理がガバガバすぎてちょっと見てられない。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.8
太平洋上で巨大漂流環礁が発見された同じ頃、九州の五島列島・姫神島で島民が怪鳥に襲われ全滅する。守護神であるガメラと超遺伝子肉食獣ギャオスの死闘を描いた特撮怪獣映画。怪獣たちの登場からバトルへと、盛り上がりが満載な内容。巨大怪獣ながら、ガメラは人類側の味方として存在して、基本的な二足歩行となる亀の怪獣だが、眼の綺麗さ、可愛さがある。反面、ギャオスのビジュアルは不気味で人を喰う描写もより恐怖感を出している。そしていざバトルになると、怪獣ながらの重厚感より、スピード感のある空中戦もあり、アクションにも特化している構成は娯楽に溢れている。人間との絡みも上手くまとまってる感はある内容。
ゴジラ以外で初めて観た怪獣映画
平成ガメラ三部作の1作目

ガメラとギャオスの戦い。
古代文明を発展させたはずのギャオスか手に負えなくなってしまったので、生み出したのがガメラ。
『ジュラシックパーク』シリーズでも思ったけど、人間は自然を何とか支配下に置こうとして何度も同じ過ちを繰り返すよね。

見どころは自衛隊と怪獣の争い。特に福岡ドームで戦うところは鳥肌もの。
Damien

Damienの感想・評価

3.0
平成ガメラ開幕の作品
ガメラとギャオスの戦いを描いた今作は撮影方法が全くわからんぐらいすごい
特撮技術の高さに驚き

ストーリーに関しては...まぁ...いつも通りかなぁ...といった感じでした
終わり方がとても好きです
ハテナ

ハテナの感想・評価

5.0
最終決戦時のガメラ登場でマンホールが飛ぶところがミニチュア屈指の名シーンだと思う。(2013/07/07)
未だにこっから始まる平成ガメラ三部作が俺の中での日本特撮最先端を突っ走ってる。もう20年以上前の作品やのになぁ...
ゴジラ見ちゃったら
こっちも見たくなる

俺、ゴジラよりガメラがすきかも。
(・ω・)/
SN

SNの感想・評価

3.9
特撮最高!ドラマは…まぁ…


とにかく怪獣特撮最高峰の技術を楽しむ映画。緻密に作り込まれたミニチュアがこれでもかと出てきて、これでもかと壊される。特に、東京タワー倒壊シーンと、コンビナート爆破シーンは最高。CG技術の発展が目覚ましい昨今、もう二度とこのレベルの特撮は見れないんだろうなぁ…と、特撮にノスタルジーを感じる人には必見。

ストーリーも、怪獣×オカルトが絶妙にマッチしていて、雰囲気も相まって妙な説得力がある。オカルト色は続編に行く程濃くなっていくので、改めて本作を観ると、あれ?こんな薄味だっけ?と思ってしまう。

ただ、そんな雰囲気を藤谷文子の棒演技が全部ひっくり返すのがいただけない。まぁデビュー作だし。続編ではマシになってるし。それも含めてノスタルジーで補正できる人は気にならないけど、初めて観る人は目に付くかも。周りの出演者がしっかりしているだけに、余計ね…。
古代の眠りから覚めた超遺伝子肉食獣ギャオスが日本列島にやってきた‼︎
その時、地球の守護神である怪獣ガメラも人類を守るためにギャオスを追って日本にやってきた‼︎
果たしてどちらが勝つのか⁈

平成ガメラシリーズ第一弾‼︎
ストーリーもシンプルで分かりやすく特撮が非常によくできていて面白かった。
ガメラが最初から正義の味方として描かれていたのもよかった。
クライマックスの空中戦は必見である‼︎
エンディング曲である爆風スランプの神話がめちゃくちゃカッコいい‼︎(*≧∀≦*)
外は雨

外は雨の感想・評価

3.5
ガメラは今までちゃんと観たことなかったのです。これシンゴジの要素孕んでるわぁ〜。と思ったら特撮樋口真嗣監督。東京タワーのシーンは模型なのに空気感が凄いなぁと思ったら、オープンセットなのか!

ギャオスの目がガメラと対照的。ドームでの捕獲作戦のシーンとか怖い。キーーーーっと鳴ってビームとか。

鳥類学者の先生がやたら能力ありすぎて出来過ぎているのはまぁ。特撮と人間の描き方のクオリティに差がありすぎてw しかし、音楽も素晴らしい。
>|