ゴジラVSデストロイアの作品情報・感想・評価

「ゴジラVSデストロイア」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

本作も子どもと見たのですが、内容が難解過ぎて途中で完全に飽きてしまいました。
正直、大人も飽きました。

最初からゴジラが出てきて暴れるのはいいのですが、それ以降はSF的な科学的な話や政府の会談などのシーンが流れ、必要なシーンなのですが、子供には難しいし退屈させる内容と思いました。
デストロイアの造形は素晴らしいのですが、何度も形態を変えるため、結局どんな怪獣だったか思い出せないです。おもちゃを売るためだろうかと勘ぐりました。

デストロイアの幼体が人を襲うシーンなどは緊迫感があったのですが、長女が完全に怖がってしまってギブアップ。
映画館ではどうだったのでしょうか。結構、子供が泣き出しそうな内容になっています。
ただ、ゴジラもデストロイアもかっこよく、特撮技術もかなり高いため、バトルシーンは楽しく見れます。

また、キャッチコピーにある通り、本作ではゴジラが死にます。
それもコミカルな人気者ではなく、人にあだなす恐るべき怪獣として葬り去られており、ちょっと残念な感じでした。
個人的には、あまり好きではない作品です。
ゴジラ史上1番の出来だと思う、最強の敵デストロイアとの激闘をお楽しみ下さい。
デストロイアの出てくるシーンもいちいちリアルで怖かったし、何よりメルトダウンゴジラが迫力ありつつも、切なかった。
赤く光る怪獣が、赤いカニみたいな怪獣と戦うお話しです
(^-^)

バーニングゴジラが強いので、デストロさんが脅威って気があまりしませんでした。
人間サイドの兵器も、メカゴジやモゲラときて、ここでスーパーXとか拍子抜けです。メカゴジ量産機とか、メカギドラ改造型とか、兵器を怪獣の形にする方法など幾らでもあったと思うのに残念です。

ラスボス的な意匠も1作品前のスペゴシさんの方が遥かに強い気がします。シリーズ最期なので、敵も もっと凝った怪獣でもよかったと思います。
HK

HKの感想・評価

3.9
ゴジラ映画シリーズ第22作目。監督は元に戻り大河原孝夫さん。特撮監督は川北紘一さん。

平成ゴジラシリーズの最終章。「ゴジラ死す」のキャッチコピーが有名なこの映画、怪獣による街破壊シーン、デストロイア幼体による人類急襲シーンなど特撮も最後なのか最も派手にやっている。

長らく、VSビオランテからずっと平成ゴジラの傍らでゴジラに関わってきた三枝未希の活躍っぷりは、前作よりかは劣ってしまうものの、やはりゴジラにずっと関わってきたためか、「私の役目はもう終わった」という言葉にはとても深い意味がある。多分、川北紘一さんの本音というものも含まれているのかもしれない。

ゴジラの最後の敵は、ゴジラを沈めた最終兵器、オキシジェンデストロイヤーの影響で誕生した怪獣デストロイア。先カンブリア紀の生物を元にしてか、カブトガニっぽいデザインが特徴。ポケモンのギラティナって多分ここからオマージュしたんじゃないのかというぐらいに姿形が似ている。

しかし、幼体は、腰から下が蜘蛛なだけのプレデターのような感じ。人間との戦闘シーンなども迫力があったが、どう考えても人が死んでいるのに死んでいる描写は出さなかったねこの映画は。子供向けだということを意識して過激な描写は避けたのではないのだろうか。まだ84ゴジラのほうが、そういうところは生々しく描いていたので良かったと思う。

ゴジラの細胞が核分裂を起こし、核爆発の危機、カドミウム弾を撃ち込み爆発の危機はなくなったものの、今度は心臓部分の体温が急上昇、メルトダウンを起こしてしまう。完全にグロッキーて決まっている状態でデストロイアと死闘を繰り広げる様子は圧巻。

そして最後は冷却弾を大量にぶち込まれながら、デストロイアの爆発の影響で溶けていった。まさに大往生。ゴジラを殺すということが、ゴジラファンの心をどれだけ抉るかということがまざまざと分かる。

しかし、ジュニアが生きていたということは、この後のミレニアムに登場するゴジラってジュニアなのだろうかと疑念を抱く。しかし、最後はゴジラはまだ死んでいないという形で終わったので良かったのではないだろうか。

この後、海外でエメリッヒ監督により作られた「GODZILLA」があまりにも酷い出来であったため、日本側も憤慨しおまけ感覚のミレニアムシリーズが作られる。自分もこの世代でゴジラを見ていったため、楽しみにみるようにしたい。

平成ゴジラシリーズのレビューこれにて終了。次は…マグロいってみようか。
よした

よしたの感想・評価

3.8
小さい頃父と見にいったのを思い出し借りてみました。
今見ても内容がしっかりしてるので大人でも楽しめるなと。
ゴジラという怪獣を人間がどう対応するか、デストロイヤという最強(?)の怪物とのたたかい。
この時代のゴジラってやっぱりかっこええなあーとおもう
jonajona

jonajonaの感想・評価

4.5
数あるゴジラシリーズの中で(全部は
全く見てないが)最高だと思う一本。

ゴジラ自体がついにその限界を迎えて
メルトダウンしだすという発想…
原水爆や空爆の象徴という恐ろしさがモロに蘇った本作は、同時にゴジラに愛する子供がいるという生き物としての一面も見せている。
そのためなお一層、彼を生み出した人類の業の深さ…ゴジラという生物の最期が華々しく凛々しくみえる。
本多黒澤組を支えた本編スタッフと円谷組を継承する特撮スタッフのDNAが注がれた最後のゴジラ映画。この後邦画がTVドラマに蹂躙されVFXは複数のスタジオに外注丸投げ、絵作りもアニメっぽく成り下がっていくのを見せつけられると本作の価値が一層高まる。
全てのショットの重みが違う。贅沢な作品だったんだなぁ…としみじみ。

公開当時は、前作との作風のギャップや川北特撮へのマンネリ、大河原演出のセンスのなさから、平成ガメラとGODZILLAに押されてフェードアウトした印象があったが、改めて見返すと初ゴジに徹底的に丁寧に向き合ったその作風にはブレードランナー2049に通ずる神聖ささえ感じる。

これが私たちの償いなの?科学を、核を弄んだ私たち人類の…

公開当時は絵空事で軽く感じたこの台詞が、フクシマを経てまさかこんなに重くなるとは思わなかった。
むがつ

むがつの感想・評価

5.0
ゴジラの死に真っ向から挑んだ異色作であり意欲作、メインテーマとなってるゴジラの死は荘厳の一言。
ジュニアを殺され自死する直前でも自分の限界を超えて戦う怒りの化身ゴジラにただただ圧倒される。
最後の闘いは人間の手によって生まれた
2体の怪獣によって行われた。

VSシリーズの最終作。子供の頃からこの作品だけは何回も観ました。

遂に、ゴジラは原子炉が狂ってメルトダウン寸前。
皮肉にも敵は1954年初代ゴジラを葬った兵器によって目覚めてしまった生物。

どちらも人の手によって生まれてしまった怪獣で、こんな極限状態の時に人類はどう対処したか見物です。

シリーズの中で人類が一番冷たい生物と感じました。
>|