ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説の作品情報・感想・評価

『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

4.1
これかなりの傑作だと思われるが、未ソフト化な上に日本語吹き替え版も無いようだ。(小声で:今回はツベにアップされているものを鑑賞)

インドの叙事詩ラーマヤーナのアニメーション映画で、日印共同制作。だが日本の主導で作られたようで、スタッフがジブリ系とのこと。
もう完全に絵柄がジブリだし、アニメーションの出来が凄く高い。

ヴィシュヌの化身・ラーマ王子はダシャラタ王の長男として生まれるが異母の陰謀により追放。
弟ラクシュマンと森に住み、美しき妻シータを得る。
だが小さなイザコザにより魔界ランカに住む魔王ラヴィナの怒りを買いシータ姫が拐われる。
ラーマとラクシュマンはシータ姫を救う旅に出て、ハヌマーンら猿族の協力を得てランカとの全面戦争になる。

基本的に神話系の物語なので、物語に紆余曲折がある。序盤は話が進まない印象があるし、終盤はバトルが過熱しているのに傷ついたラクシュマンを救うためにハヌマーンが薬草を採りに行くシーンなどが入り、テンポがズレる印象がある。
その意味では一般的な映画のフォーマットとリズムが若干違うので違和感はあるかも。(でも一概に悪いとは言えない。神話ってそういうモノだから。)

そして味方だけでも無く、敵の魔族であっても戦いに対して非常に義を重んじる。命をかけて戦った戦士には敵味方関係なく敬意が表される、武士道のような美徳がある。

中盤から話が加速するが、やはりハヌマーンの有能さが特筆だ。ヴィシュヌの化身であるラーマ王子よりも遙かに戦闘に貢献する。

物語は姫を救い出しメデタシメデタシで終わる。本来ならこの後ラーマがシータの貞操を疑い別れてしまうが後悔するというビターエンドが待ってるらしい。ここはカットして正解だったかな。

それにしてもアニメーションの素晴らしさに目を奪われる。90年代のジブリの良い所が全て投入されているかのような縦横無尽さ。
これはマジでソフト化希望。声優も一流どころを使って欲しい。期待を込めて★★★★☆
Aoi

Aoiの感想・評価

4.5
ラーマーヤナ、世界史でマハーバーラタとセットで覚えた叙事詩が日印合作のアニメーション大作になっていたとは。

運よくデジタルリマスター版の上映で鑑賞できた。

ざっくりしたあらすじは、古代インドのラーマ王子が魔王ラーヴァナにさらわれたシータ妃を救出しにいくお話。


どことなく西遊記とか桃太郎、ラピュタっぽい話だなーと思っていたらこちらが本家という。壮大すぎるインド。

ラーマーヤナの内容は全然知らなかったので、スケールが大きくカラフルに彩られた古代インドの物語を純粋に楽しめた。

印象に残ってるシーンはありすぎて

空を飛び山ごと運んでくるハヌマーン
(ハヌマーンは全体的に強すぎ)
空飛ぶチャリオットでのラクシュマナとインドラジットの空中戦
古代なのに戦闘機で登場するラーヴァナ…など

敵も味方も魅力的なキャラクターが多くて(もはやラーマ王子の印象薄い)、初めて知ると驚く展開も多くて面白い。
踊りはしないけどミュージックが挟まれるインド映画的なノリもある。

そして何と言っても、この時代の日本アニメの表現力と芸の細かさよ…
(9年かけて10万枚以上の手書きセル画とか想像つかない…)

自然に化けた怪物の禍々しさも、躍動感あふれる戦闘シーンも、コミカルなキャラクターの動きも、どこか懐かしくて改めて見るとすごい。モブキャラの動きは一つ一つ違う。

兜(?)でバケツリレーする猿軍団とか、
沈まない石橋完成しても石運び続けるカメとか、
巨人のクンバカルナをゾウたちがうんしょこ起こそうとするシーンとか…
画面の端から端まで見てて楽しいし飽きない。


感想をまとめきれないほど、情報量多かったし衝撃が大きかった。何度も見返したいタイプの作品なのに、見れる手段がまだないという(泣)

多分ラーマーヤナの内容をすごく分かりやすく描いているし、この作品は子どもたちに見てもらいたい。
ぜひ日本語吹き替え版の制作を…🙏
Same

Sameの感想・評価

4.0
制作費8億円、9年の歳月をかけ10万枚もの手描きセル画を駆使し、日印合作で作られたスペクタクルアニメーション!!
この超大作は数回の映画祭での上映以外で上映の機会を得られておらず、まさに幻の作品ですね。現在横浜の小さな映画館、シネマノヴェチェントにてひっそり上映されています(2019年9月末に上映終了予定)

作画監督の小林一幸さんは『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の作画も手掛けていて、その他ジブリの作画スタッフも多数参加しているので、ジブリ感のあるよく動くセル画アニメーションを見られるだけでも眼福です!
後半のめちゃくちゃ長いバトルシーンでは眼を見張るほど動きまくりますよ!背景の小さいキャラクターもグリグリ動く!

ストーリーはもちろんタイトル通りヒンドゥ教の聖典でもある叙事詩ラーマーヤナ。全7巻からなる物語の6巻までのストーリーをアニメ化しています。
インドの方にとってこの物語がどのくらい重要なものかはわからないので迂闊に映画としてだけみて、もっとコンパクトにしろよ!とは言えませんよね。
端折っていい場所がないのかもしれません、135分の上映時間を使ってもあまりに説明不足な部分もあれば、1つの映画としては戦闘シーンが長すぎたり演出に難はありますが、長い叙事詩をまとめて一本にした努力には素直に拍手を送ります!
ほんとはきっと2クールくらいのテレビシリーズでやるのがちょうど良さそうかな。

個人的には予々、ラーマーヤナを読んでみたいと思っていたので、初めてちゃんと物語の流れを理解できてとても為になりました。
勧善懲悪でありながら、とても教訓的であり万人が楽しめる物語でした。

薬草を取ってくるのに薬草の生えてる山ごと削って持ってくる破天荒な猿族の国キシュキンダーのハヌマーンや、魔族の国ランカ王国の王ラーヴァナの弟で9ヶ月寝て1日だけ起きる巨大な魔人クンバカルナなど、多彩なキャラクターはほんと魅力的!
ラーマ王子はあまりに聖人すぎるのですが、怒りに身を任せてしまってそれをたしなめる弟ラクシュマナという構図など、人間臭い部分が見え隠れするのもいいですね。

なんというか、こんな作品が埋もれてることがもったいない!個人的には日本の優秀な声優さんに吹き替えをしてもらって、デジタルリマスターしたものが是非みたい!
現在日本版のDVDすら発売されていない現状は勿体無さすぎます!
RieOkizaki

RieOkizakiの感想・評価

3.5
wikiによると日印国交樹立40周年記念作品で、両国のスタッフが共同で製作した作品とのこと。原作はインドの叙事詩『ラーマーヤナ』。
エピソード盛り盛りなのでストーリーについていくのが大変でしたが、品が良くて楽しめました。
歴史や民俗学に詳しい友人曰く日本でいえば源氏物語やら古事記やら日本書紀やらをぎゅーーーっと2時間に凝縮するのと一緒の感覚で、よく映画化できたな、と。
そう言われればストーリー展開の速さも納得、むしろよくあれだけ丁寧につくったな、と感動。
Maki110

Maki110の感想・評価

4.0
とんでもないアニメーション映画が埋もれてたなぁ。

作画監督は、ナウシカやラピュタの原画を手がけた小林一幸さん。
スタッフはジブリ作品に参加していた優秀なアニメーター達が集められたとパンフにあり、
そりゃあこんな圧倒的に美しい仕上がりになるわ、と納得。
アクションシーンの動画・カメラワークのクオリティが凄い!
バックの群衆もモリモリ動かしてる細かさ…。セル画時代ですぜ。

ハヌマーンが超イケ猿。
山に生えてる薬草持ってきてと言われたら、
山ごと素手で削って持ってくる。片手で。
最強だけど性格は優しく愛くるしくて、好き。
そりゃあ主役のラーマ王子差し置いてポスターになってしまうな。

これだけ褒めて人に薦めたくてもDVDが無い辛さ…。

上映館のシネマノヴェチェント自体もレトロでいい感じだったので、
行けたらぜひ観に行ってみてほしい。
Masayan

Masayanの感想・評価

4.0
【もっと評価されるべき壮大なスペクタルアニメーション】

日印合作でインドの叙事詩ラーマーヤナをアニメにするという一大プロジェクト。

物語は王子ラーマが捕らわれた妻のシータを助けるというだけなのだが、その中にドラマありバトルあり、善悪のキャクターも非常にたってた。

話の展開が早くかつ長尺なのでやや疲れるが、冒険活劇、そしてフィルムアニメーションの完成度としてはなかなかかと。
小難しい古典をきちんと現代のアニメ化にするのは流石日本の技術だと思う。

当時8億もかけた(らしい)のだが、日印双方の社会的な事情で上映が見送られ今に至ると。。(もちろんデジタル化もされていない)

filmarks視聴者がたったの12人とはホントに泣けるが、もし機会があれば是非横浜の果てまで見に行ってほしい。

映画館のノスタルジックさも素晴らしいです。
念願の日印合作アニメーション映画『#ラーマーヤナ』を鑑賞してきました!

24年前の作品とは思えないくらい、いま観ても完成度の高い美しいアニメーション。
インド神話の神様って多くて分かりにくい印象あるけど、アニメーションで見るととても分かりやすい。

日本語字幕版で円盤あったらいいのになぁ…
ai

aiの感想・評価

3.5
インドの神話を分かりやすく、ドラマチックにまとめている。長い話を映画の尺に収めるために、端折れるところはサクサクカットしたり、無駄な説明を省いたりする工夫が上手い。アクションが派手で見応えがある。インドと日本の合作だが、インド映画みたいに歌が始まったりするのも面白い。どうせ字幕で見るのなら、音声は英語じゃなくても良かったかもしれない。
Sonia

Soniaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

見に行って良かった。
ハヌマーンが愛らしいのなんの。

映画館もまた良かった。
雰囲気なのかな。
この映画は昔ながらの丸く巻かれたフィルムしか残っていないらしく、シネコンで上映できないとかなんとかという話を映画館の方に聞いて、興味深かったです。
上映記念のTシャツ買っちゃった。

インドの神さまが英語喋ってるのは違和感あった。笑
歌はヒンディー語なのかな。英語でない何か。
なんで日本の制作で作ることになったのか?
色々な面で興味が湧く映画でした。
yooyoo

yooyooの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たいと思っててようやく鑑賞。
ラーマーヤナがわかりやすくまとまってて、有り難かった。
お話が進むにつれて絵面が宮崎アニメっぽくなっていった気がするんだが、気のせいかしら?
歌のシーンでは群舞が見たかったな〜
これも是非歌舞伎でやって欲しい。
>|

あなたにおすすめの記事