トランスポーターの作品情報・感想・評価・動画配信

トランスポーター2002年製作の映画)

The Transporter

上映日:2003年02月01日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「トランスポーター」に投稿された感想・評価

くーた

くーたの感想・評価

2.9
リュック・ベッソン脚本、製作による2002年仏米のアクション。何でも運ぶプロの運び屋を主人公とするカーアクションシリーズ第1作。ある日フランク(ジェイソン・ステイサム)は大きなバッグを運ぶ任務を引き受けるが、中にいたのは中国人女性ライ(スー・チー)。見ないふりで届け先に渡すが、中を見られたと察知したギャングはフランクたちを抹殺しようとする。
ステイサムの出世作の一つであり、掴みのシーンやアクションは良いが、全体的に大味であまり緊迫感はない。「依頼品を開けない」「契約終了後の再契約はしない」というルールも破ってるし。
05年、08年に続編が製作され、15年に「トランスポーター イグニション」としてリブートされた。
Ren

Renの感想・評価

3.6
うーん。アクションカッコいいけど、そんなに面白くはなかった。ちょっと古いからかな。
ジェイソン・ステイサムが格好キメキメで大活躍する人気シリーズ第1作目。プロの「運び屋」の男のルールは3つ。その一つの「運ぶ中身を見ない」を破ったが故に国際的な犯罪に巻き込まれて正義の鉄槌をステイサムが振り下ろす!ジェイソン・ステイサムって強いけどどことなくチャーミングで血的な雰囲気があって好きな俳優の一人です。本作も様々な場所でステイサムに暴れまわってもらう為のアィディアが秀逸!本作はリュック・ベッソン製作作品。彼の作品は癖が強いから、良い目が出るか悪い目が出るかで極端に良い悪いがわかれてしまうけど、本作は良い方の目に転がっていて良かったよ。キャラクターは完成されているので、一作で終わらせてしまうのは勿体無い。ヒットしたらシリーズ化されて当たり前の作品ですね。
しの

しのの感想・評価

3.8
2000年代?!?

と疑いたくなるくらい、いい意味で全部古い笑

80年代から90年代くらいの雰囲気が漂うアクションエンタメ。

でも、設定やアクションは今のアクション映画に通づるところあり、といった感じで、『運び屋もの』の元祖。

曲選び?嫌いじゃない笑

オイルアクションは個人的に殿堂入り笑笑
murafish

murafishの感想・評価

3.5
無茶苦茶名作、という訳ではないが、楽しめる映画。エンターテイメントとしてのレベルは高い。

運び屋のアクションものというのが、渋くて新鮮。ジェイソン・ステイサムの佇まい、身のこなし、ドライビング技術。この辺りを楽しむ映画だろう。

シリーズものだが、俺はやはりこの第一作が一番好きかなー。警部役のフランスの俳優の演技も味わい深い。
自分用の記録です。

■評価判断基準■
【★5】最高!殿堂入り!見ないと損してる!
【4.5】映画館に足を運んで観たい!リピートしたい!
【★4】面白いから他の人にもオススメしたい
【3.5】面白かった
【★3】可もなく不可もなく
【★2】面白くないor最後まで観れない
【★1】観た事を後悔
野井

野井の感想・評価

3.2
運び屋のルールを破り、荷物の中身を見たため、人身売買組織と戦うことになった運び屋の話。主人公のフランクは、ニーズに住んでおり、退役軍人で年金生活ということになっている。途中から運び屋してない。ライという女性が主要登場人物で、真実と嘘がモチーフ。タールでぬるぬるしたり、水中で死体とキスして酸素を補給するところがよかった。フランクの家を派手にふっとばしすぎ。
ジェイソン・ステイサムの伝説スタート地点。イギリス英語を学びたくなること間違いなし。
深夜に食べるカップラーメンのような映画!

したたかだが溌剌で憎めないヒロインとドライだが人間味を捨てきれないステイサムの掛け合いがたまらない!

思わず笑っちゃうが豪快で勢いのあるアクションシーンもサイコー!

油断を許さない巧みな展開と、最後まで安心してみれる安定感、映画好きにもライト勢にもおすすめできる良作!
ステイサム映画にハマるならまずここから。ステイサム主演の映画のノリも掴めるし、この映画はそこそこ盛りだくさんで楽しめる。
>|

あなたにおすすめの記事