TAXiの作品情報・感想・評価

「TAXi」に投稿された感想・評価

Tono

Tonoの感想・評価

1.5
昨晩、私の中で一生忘れ得ぬ出来事が起きた。一人の友人に裏切られたのだ。

事件当時、私は井上、吉田、奈良と四人でアパートの一室にいた。窓の外では桜が散り始めていた。東北の春は寒暖差が激しく、夜にはまだ冬の名残を感じさせるほど風が冷たく吹いていた。

四人は冷えた体を温めようと、一度家を出て近くのラーメン屋に赴いた。麺をすすりながら、我々は会話に花を咲かせた。四人とも独身であり、身を寄せる所のない苦労を語り合った。互いの人生観を語りつつも、くだらない冗談を挟めるこの仲が心地良い。会話を続けていると、将来への不安も飛び去りそうだ。私は三人を心底敬愛していた。

アパートに戻り、我々は「大乱闘 スマッシュブラザーズ」を行なった。マリオ、ピカチュウ、ゼルダなど、任天堂の人気キャラクターが登場し、それらを実際に格闘させる対戦ゲームだ。家庭用ゲームであるから、操作は簡単で初心者でも楽しめるものだ。いつも私は「楽しさ」を求めてこのゲームを行なっている。無論憎しみや怒りは存在する余地のないゲームだ。1試合行い、「楽しさ」を十分に味わったところで今日は解散する予定だった。しかしそこで事件は起きた。

試合終盤、井上がアイクの禁止技「カウンター」を使って私のマリオを倒したのだった。「カウンター」は我々がスマブラを行う中でタブーだった。理由としては、人を欺く上に傷付けるという卑劣な技だからだ。それを井上が、何の躊躇もなく使用した。

私は目を疑った。胸がざわつき始め、鼓動が早まり、息が苦しくなった。体が震えた。船の帆が強風にはためくような、激しい震えだった。愛する人に裏切られた。その事実は私を絶望の淵に追い込んだ。

私は自宅に帰った。夢破れ、喜びも失い、何の希望も期待もない。そんな中、何となくこの「Taxi」を観た。映画とは言えないほどのシロモノだった。こう思うのも、井上の裏切りが原因だろう。井上はこの映画の脚本家のリュック・ベッソンと元カノの床症に今すぐ謝るべきである。
めるな

めるなの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録

ガチなカーアクションやってる頃の映画はやっぱりいいなぁ。
この頃のベンツってカッコいいし。
マリオン・コティヤールこの映画のときはただの可愛いだけの女優さんだと思ってた。
(2012/10/02 DVDで視聴) (1998年、フランス)カーアクションもの。マリオン・コティヤールが美しかった。
このシリーズほんと好き💛車好きってわけではないけどなんかもうかっこいい!最後のシーンはテンション上がる!!
ストーリーは単調だけど、やはりスリルはある。
現場も楽しそうに撮影してるんだろうなーって伝わる‼
リュック・ベッソンの片手間適当プロデュース&脚本。つまんなくは無いが雑というかベタというか「釣りバカ日誌」的なコメディ。撮影上等!のバリバリカーアクションはさすがにすごかった。
こんくらいの映画すき〜肩の力抜いて楽しく観れる。
フランスのアクション・コメディはあんまり観たことなかったけど、なかなかええな。
4まであるらしいから、息抜きしたいときに取っとこ。
アイコ

アイコの感想・評価

3.2
車が好きならきっと面白いと思うって勧められて鑑賞。

まずプジョーってそんなスピード出せるんやー!!ってびっくり。
ワイルドスピードほどの派手さはないけどそれなりのカーチェイスは楽しめるし
ダニエルがイケメンな時点でまぁ合格。

20年前の映画やからカーチェイスとかカーアクションはCGじゃないやろうしよくこんなの撮影出来たなーって思う。

最終的に銀行強盗集団を一網打尽にした方法と犯人逮捕後のダニエルの仕事がツボ。

めっちゃ面白い傑作ではないけど普通に面白くサクッと観れる1本。
mare

mareの感想・評価

4.0
場面の切り替わりが早く展開が痛快に感じました。車をあまり大事にしない、プジョーがもったいない、なんて思いもしました。
Rika

Rikaの感想・評価

3.9
アドリブ多くてめちゃくちゃ面白い!
ドライバーの女の人かっこよすぎるし、
犯人役の女の人たちもセクシーすぎる!
フランス映画とは思えないスピード感ある映画!良き!
>|