エンジェルスの作品情報・感想・評価

「エンジェルス」に投稿された感想・評価

なるき

なるきの感想・評価

3.5
普通に泣いた。

ポンコツ野球チーム「エンジェルス」が優勝すると家族に戻れるという父の言葉を信じ、神様にお願いした少年の話。

愉快な天使たちが少年の前に現れ、次々と奇跡を起こす!敵チームがボールを取れないようにめちゃくちゃ邪魔したり、打者が打ちやすいようにボールのスピードをスーパー低速にしたり、その時点ですごく楽しい。

しかし、この映画はその先をちゃんと行ってた。エンジェルたちの力ばかり借りてていいのか??クライマックスは、自分を信じる、自信を取り戻す物語になる…素晴らしい。
ワン

ワンの感想・評価

3.0
👼天使が少年の夢を叶える話。

子役時代のジョセフ・ゴードン=レヴィット主演。あまり顔は変わっていない。

「エンゼルスが優勝すれば帰ってくる」と父親の言葉を信じたロジャーは神様にお願いします。どうかエンゼルスを勝たせて!

断トツ最下位のエンゼルスをエンジェルスがお手伝い。実力で勝っているわけではないのでかなり卑怯かと思いますが本筋はそこではありません。

母親を亡くし父親に見捨てられた少年ロジャーに信じることの大切さを教えてくれます。あとは出演陣が結構豪華だと教えてくれます。
スゴイ出演者たち ウィリアム・ディア「エンジェルス」

『プリティーリーグ』が許せて何故この『エンジェルス』が許せぬのか正直自分でも分かりませぬ。
思うに『イル・ポスティーノ』や『仕立ての恋』の醜い叙情を想起させたからでしょうか?
今から観ればかなりイイ顔ぶれなのですが・・・
nanako

nanakoの感想・評価

4.5
わーい。こういう映画大好き。しかもかなりの豪華キャスト…しかも若い!
ジョセフ・ゴードン=レビット、クリストファー・ロイド、エイドリアン・ブロディ、マシュー・マコノヒー。特にドク!イケメンおじさん♬
こんな嘘みたいな奇跡の話、大好きです。
Yagi

Yagiの感想・評価

3.5
・主役の少年にジョセフ・ゴードン=レヴィット、脇役の外野手にマシュー・マコノヒーと、今観るとなかなか豪華
・試合のシーンは抑揚やタメが少なく、やや盛り上がりに欠ける
・本作をはじめ、“オールド・ルーキー”、“ミリオンダラー・アーム”と、ディズニーの野球映画は結構いい
マエダ

マエダの感想・評価

5.0
感動しまくりの大傑作。何度も観ているが何度も泣きまくる。先の場面を勝手にイメージしてしまってフライングで泣いてしまうほど。主人公の境遇の辛さ、それを支える周りの大人たちの優しさに泣く。監督とチームメイトの絆とファイトに泣く。そして最後のエンジェルサインで大泣き。すべてに文句なしの映画。涙が止まらないです。今回初めて気づいたけど、なんと主役はジョゼフ・ゴードン=レヴィットだった。
●'95 9/?〜名画座公開
(初公開: '95 6/10〜)
配給: ブエナビスタ
ワイド(ビスタ) DOLBY DIGITAL
9/14 11:05〜 シネマロサにて観賞
フィルム上映
パンフ購入

同時上映:
「リトル・ビッグ・フィールド」
yuki

yukiの感想・評価

3.4
すごくよかったです!

子供が出来たら一緒にみたい作品!

最下位の球団に天使が味方してくれるけどだんだんチームワークができ最終的には自分たちの力で勝つ!

野球だけの話じゃないんだけど所々笑いあり感動ありでおもしろかった!
skip

skipの感想・評価

-
球団エンジェルズだけに天使が味方していたなんて作品。流石に天使の力を借りれば野球には勝てるそうで。実は天使の力とは己への自信やチームへの信頼なんだよってやかましいわ。ピンチらしいものもなく幸せいっぱいのコメディ。完。
子供の頃大好きだった思い出の作品。
心温まる。夢がある。子供に見せよう。子供と一緒にまた見よう。